みついさんの映画レビュー・感想・評価

みつい

みつい

映画(48)
ドラマ(0)
  • 48Marks
  • 20Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.0

多様性、はこういうことなのだろうなあ。
亀裂、と言うにはあまりにも深くて大きいけど、何にでもなれて何でもできる年の頃なんだもんなあ、だったんだよなあ、と思い出した。born this way、よかった
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.7

始終不穏。音楽がもうずっと不穏。
何も分からないのに引き込まれる、分からなさ加減は知らないアニメの2期を見てるみたいだったけど、それがまた。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.1

映画館ではSW初見。
スペクタクル、渡す者と受け取る者、今はもう見えない礎、面白かったあ〜〜〜〜

ゼニガタ(2018年製作の映画)

-

完成上映会にて。
弟静香のしぶとさよ。パニッシャーのロシア人かと思った。

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

無表情というか淡々と人を殺していく宮腰の表情がたまらない。人間性の大事な一部分が欠落した役が本当にうまくて好きなんだよな〜〜、錦戸くん演じる月末の半端な善良性の人間くささ、優香のちょうどいいエロさも良>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

1作目は円谷、今作は東映と言っていた人がいたのがなんだか納得。ライダー映画のあるあるを少し感じて、特撮好きとしてはそうそうこれこれ!と興奮。個人的な好みで言えば1作目だけど、候補生たちのキャラクターが>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

-

若い子、人妻、熟女、男の子、老女まで。
松坂桃李の総攻めアンソロジー。

犬猿(2017年製作の映画)

-

一人っ子なのでどこか遠い話のように見てしまったけど、女性陣がすごくハマっててびっくりした(男性陣がうまいのは知ってるので)!筧美和子はこういう役をやらせたら本当にいいなあ…

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

血の赤が印象的な映画。
白い光が強くなるのも、愛についての苦しい歌も、ふとしたときに思い出して撫でたくなるような作品だったなあ 派手じゃないのに 耳慣れない言葉も新鮮だった

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

-

キノコをワインとバターで炒めて食べた。
ジュマンジの記憶しかなかったけどキルスティン・ダンストが綺麗になってた

blank13(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

いつも想っているよとか、ありがとうとか、いい人生だった、とか、死んでから言われても言い返せないじゃないですか、お前が作った借金のせいで俺の学生時代も母さんの人生もめちゃくちゃだよ、とか、生きてたらいく>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

-

音楽がよかった〜〜!!
トーマスとミミの間の矢印が逆転するような駆け引きと、「無難」の言葉遊びがいいですね

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

「概念」って枠組みは面白いなあ。
松田龍平のサイコな芝居がすごく好き

パターソン(2016年製作の映画)

3.6

ユジク阿佐ヶ谷にて。
思うところはあっても言わなくてもいいやという空気感がうまくできてるなあと思った。どうしてこの2人が付き合って結婚したんだろうと思うけど、映画の中の空気感が全てなんだろう。W・C・
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.1

誰も激しさでぶつかりあうことがない穏やかで優しくて静かで、光がこぼれてくるような綺麗な映画でした。楓と初海の銭湯のシーンがすごく好きだったし赤い靴の曲もよかった…

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

-

ロシアは怖いところですね………
叔父さんを見ながらプーチンを思い出す。
言葉がどこでもみんな英語なので、ちょっとだけ違和感はあったような。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

あのファンファーレの脳内麻薬出まくり感はやっぱ映画館で浴びてこそ。
言われるほど濡れたはんぺん感はなかった(カイロレンの裸体)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

モーリスと同日に鑑賞。
周りの大人の理解の違いはやっぱり時代なのかなあと。18歳と25歳?と期待して行ったら、25歳は25歳ぽく見えなかった。ティモシー・シャラメはなんでもできるんだな…そしてアーミー
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

コミュニケーションに言葉はさして重要ではない。
本国ではR18なんだろうな、という場所にモザイクがかかっていてなんだか笑ってしまったし、キーライムパイはやっぱりまずそう。

三尺魂(2017年製作の映画)

3.9

SKIPシティ、田辺弁慶セレクションにて。
最後のセクションは少し蛇足ぽいなと思ってたけど、監督の話を聞いてなるほどと膝を叩いた。最初の台詞とも重なって、回数を重ねるほどこちらもループしていく。
城戸
>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

1.0

わたしには毒でも薬でもなかった。
エンターテイメントではあるけど、こぞって持ち上げるほどほかと変わったところはないよね。

マザーレイク(2016年製作の映画)

-

咲ちゃん、すっごいかわいいね…?滋賀弁ってあんな感じなんだなあ。関西弁ってくくるにはやっぱりどこも違うんだね。
琵琶湖行ってみたい。

追憶ダンス(2016年製作の映画)

3.8

月イチ映画祭、三鷹連雀映画祭そのほか。
佐藤と鈴木ゆえの話。
警官に締められて落ちたらしいですが、いやあ、本当に、生きててよかったね……

KING OF PRISM by PrettyRhythm(2016年製作の映画)

-

プリズムの煌めきはハッピーパウダーにも似ている、妙な多幸感はもはや電子ドラッグ

HiGH&LOW THE RED RAIN(2016年製作の映画)

-

壁だと思え、の汎用性。
マサキの方がヤバい奴だよね。

牝猫たち(2016年製作の映画)

-

初のロマンポルノ。
あまり濡れ場のことは覚えていなくて、社会派だったなあ。それはそれでどうなんだと思わなくもないけど、とろサーモンがなんかすごいちょうどよかった。夜の池袋に行くとこの映画を思い出す。

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

-

どこまでも不埒。でもそれが良い。
意外と死なないし、でも死ぬときは死ぬし、わたしはいつまでもアーミーハマーの顔が覚えられない。

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

-

怒涛の全員主役・キャラクタームービー。あの頃の少年漫画を読んできた人の思うカッコイイが大体ある。ストーリーはないけど。でも怒涛。どうでもいいけど観たあとテンション上がりすぎて献血して帰った思い出。

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

ほぼ・ワンシチュエーション。それにしてもよくしゃべるしゃべる!あったかもしれない火種と、仲良しでも言えないことと。まさしくおとなの事情。

怒り(2016年製作の映画)

-

佐久本くん、存じ上げなかったのだけどすごかった。というか当たり前だけど全員めちゃくちゃうまかった。沖縄編のやるせなさ、鴨川編のもどかしさ、そして東京編の切なさよ…

>|