hyuGaさんの映画レビュー・感想・評価

hyuGa

hyuGa

記録用やけど読んで欲しい……誤字脱字あれば教えて欲しいです。
いつも「いいね」ありがとうございます(^^)

映画(738)
ドラマ(0)

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

【雲が涙を流す時、彼女の願いは光差し、彼の願いは空を飛ぶ】

安定した美しい作画はやはり進化していて、息を呑む迫力と光に加え、RAD主題歌はやっぱりずるいです…
しかし、ストーリーが前回の作品とと似た
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話(2019年製作の映画)

4.0

【大幅強化の突撃に、対抗すべくパンツァーフォー!】

ガルパンはいいぞ…
冒頭から怒涛の戦車バトルは圧巻。MK-Ⅳも巨体を活かした戦い方が熱い。
後半の知波単との戦いも両者地の利を生かしたり、機銃を多
>>続きを読む

タップ(1989年製作の映画)

4.0

【生き方に悩む彼の音楽は、足元にも世界にも広がっている】

タップダンスがこの世のダンスの中で一番かっこいいと思っています。
主人公やおじいちゃん達の即興タップはとてつもないし、街の音楽とのセッション
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

3.0

【留年?阻止の為、クライマックスを背負ってパンツァーフォー!】

ガルパンはいいぞ…
劇場版から最終章にかけて突然物事が動いているので、なにか本編以外でも動きがあったのかな?という感じで序盤は着いてい
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

【大切なものを知るために、3つの願いは慎重に】

圧倒的映像美、ドラムの効いた音楽、そして何よりホールニューワールドは圧巻。ストーリーも愛の強さが垣間見えて、ディズニーらしい作品でした。
……という色
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

4.0

【彼女らの今と未来を守る為に、観覧車と共にパンツァーフォー!】

ガルパンはいいぞ…
劇場版らしく作画も強化され、壮大なストーリーは勿論、ドラマパートもかなり熱い。西住お母さんのあの言葉には背筋が伸び
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

1.0

土台設定、安っぽい演出、その他カメラワーク等はまだマシかと思いますが、とにかく展開がつまらなすぎる。その為ちょっと良くても面白くなさに負けて何も残らない。かめ止めの名前は使わないで欲しい。
いらないキ
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編(2017年製作の映画)

3.5

【今までの努力と感動に向かって、パンツァーフォー!】

ガルパンはいいぞ…
泣けるシーンや熱いシーンの多いガルパンを2時間にまとめるにはかなり頭を悩ませたと考えられますが、重要な点を抑えつつ、ファンが
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

【楽しく生きる彼の前に、阻む者を殺して何が悪い】

ぶっ飛んだ無茶苦茶をするサイコキラーの話ではなく、ナチュラルで一見普通なサイコの描き方をする構成は見事。主人公の微妙に分かる心境と周りの振り回され具
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!(2014年製作の映画)

4.0

【語られなかった宴愛好家達に向かって、パンツァーフォー!】

ガルパンはいいぞ…
あんまりテレビアニメの裏話とか知らないんですが、何故これだけ劇中で語られなかったのかと思うほどよく出来た30分。映画か
>>続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.0

【彼女の声は聞こえない、それでも彼女を思う言葉は届いてる】

とりあえずクロエが可愛い。
序盤の急展開や、家族の行方の描き方など、ありそうでなかったストーリーは切なくも面白いし、悲しくも微笑ましい。
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.0

【ファストな2人のムキムキダンディーは、正反対の強さを見せる】

近年、強い女性が主人公な作品が増えてきている中、この2人が主人公はエグすぎる。
肉弾戦のかっこよさや、2人の言い争いとか若干協力するツ
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

2.5

ヘップバーンの美貌、ローマの美しさは群を抜いて素晴らしい…しかしその他は何がいいのかさっぱり。
引き延ばそうとしかしてないストーリー展開や、恋愛なのかよく分からない2人の間合い、記者であることを隠す意
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

【ファストな1人の男の反乱で、ファミリー崩壊は免れない】

まさかの主人公級が裏切るという思い切ったストーリーは中々のめり込んだし、ワイスピ特有の見せ場演出も非常に良かった。ドミニクの1人での強さも非
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

【進化した伝説の相棒は、襲い方もハイブリット】

顔グッシャアアア!足ブッシャアアア!血祭りイェェエエイ!!みたいな映画。
完全にストーリー構成を変えての挑戦は悪くないし、チャッキーのデザインも嫌いじ
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.5

【ファストな最強ファミリーから、一人の男が伝説となった】

今作はなんと言ってもラストの演出。ポール・ウォーカーをの敬意と尊敬を非常に感じるとてもいい演出であった…
しかし、そこがあまりにも持ち上げら
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.0

エモエモのエモですね〜…短編ってのがまたエモエモのエモですね〜
まんまリトルゾンビーズでしたがその世界観もまた凄くいいし、短編だから悟り切ったセリフの言い回し等も全然飽きないまま最後まで見れる。
悪い
>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.0

【ファストな最強レーサーの前に立つ、かつての仲間と爆走戦車】

まさかのレティさん登場。正直思い入れがないのであまり盛り上がらなかったのは俺が悪い。
しかし、今作も大きな見どころが多くワイスピらしさが
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.5

作品どうこう以前に客層が悪すぎる…やはりこういう系はレンタルに限る。
笑えるシーンも豊富で、オープニングのアクションシーンでのCGは結構好み。
しかし、キャラクター全員に魅力が無く(特に福士蒼汰)、後
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.0

【ファストな2人と凄腕レーサーの前に立つ、我らがロックが立ちはだかる】

遂に作品にエンジンがかかった…鬼のスロースターターです…
ドミニクvsホブスと、金庫引っ張り回しは本当にすごい迫力。前作まであ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

【たかが紙に振り回される、2人の正義は罪なのか】

多分全部は理解できなかったんですが、それでも報道系の映画の中でずば抜けて面白かった。
Twitterや2ちゃんを使うなどリアリティが強いので、色々有
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

2.5

前作から非常に良くなったし、ブライアンとドミニクの再開シーンはかなり盛り上がったが、底が完全に頂上だったが為に、後々は流れ作業のような鑑賞に。
常にギスギスしているし、そのおかげで本当の的が霞んで見え
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.5

【歌って踊れるおデブとノッポ。彼らを追うのはファンかポリスか】

凄まじいほどバカでカッコイイのに、自身は気づいてないっぽいです。
ギャグとしても無理矢理なほど体を張るのは昔ながらだからこそ面白いし、
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

1.0

ここで心が折れ無かったのは奇跡ではないだろうか。
ヘロヘロな日本人や、日本人みたいな中国人、日本人の声がちっちゃくて英語より聞き取れない等、日本舞台のハリウッド作品の悪い所が存分に入っている上、普通に
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.0

【最高に楽しい彼のショーは、最高に行かれたアイツに潰される】

面白いトークショーなのに全く笑えない戦慄の状況や、フィクションなんじゃないかという程リアルなストーキングに、暑い夏も凍り付いていた。現実
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

4.0

【ファストな2人の警官は、罪滅ぼしではなく自分の為に走り出す】

前作があまり気に入らなかったんですが、今作はシリーズの中でも一番好きな作品に。
カーアクションは現在で、バディムービーになり、刑事物に
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

4.0

【イカれた男女の凱旋時間は、生命線の長さで決まる】

正直今まで見てきた映画で1番ヤバいやつかも。何がヤバいって彼らが自分達がヤバい事に気付いてない事。
オシャレな雰囲気と無意識のサイコのバランス感が
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

1.5

現時点でスーパーコンボまで公開された訳ですが、個人的にこのシリーズにあまり盛り上がりを感じないです。面白いのは面白いですが…とりあえずこの第1作目は大ゴケと見てます。
レース映像やロマンであるNTRブ
>>続きを読む

カプリコン・1(1977年製作の映画)

4.0

【遂にこの日がやってきた…俺達は火星に旅立ちます!ヘリコプターで!】

ありそうでなかった非常に面白い設定で、ちょっと雑な設定と隠し方はB級感があり笑える。宇宙飛行士がキレ始めたり、NASAが無線の異
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

【全てから追われる者になり、伝説は死体の大陸を作る】

前作から5分後、イキナリ死にまくるので死体袋が間に合わへん。
キアヌは常にボロボロ、味方キャラも窮地に陥り、今までとは全く違う展開に。更には今ま
>>続きを読む

トラフィック/ぼくの伯父さんの交通大戦争(1971年製作の映画)

2.5

のんびりとした雰囲気に、フランス人の無意識なオシャレがマッチして、更にコメディが加わったなら微笑みながら見るしかない。
しかし、コメディがちょっとスベってるシーンが多く、大いに笑えるかと言えばちょっと
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.5

【家を燃やしたゴミを追い、伝説は死体の山脈を作る】

「ジョンウィックの噂は全て控えめで語られる…」この言葉で頭を抱えるほど痺れた。
前作から明らかに死体の量が増え、それに比例してアクションシーンも格
>>続きを読む

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

2.0

私の苦手な旧作恋愛物。特に今作はため息ばっかりな作品。
恋愛面は中学生の恋愛を見ているかの如く普通でつまらないし、ラストに突然仲直りする感じも全く好みじゃない。シドとリネットの関係は非常に人間味があっ
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

【愛犬殺したゴミを追い、伝説は死体の山を作る】

序盤のおじさん隠居生活からの殺人パレードは恐ろしいギャップ。キアヌのアクションも申し分ないし、ここまで敵キャラに同情する作品はないでしょうね笑
説明が
>>続きを読む

怒りの荒野(1967年製作の映画)

4.0

【心構えを熟知して、銃の使い方を知った時、彼の前に立つ敵は…】

ストーリーはなんともベタだが、ウエスタンは気難しい必要なし。そしてベタな分主演2人の渋さが光るし、胸アツ要素を回収しやすい。
リーヴァ
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.0

【裏切り者を探す為、ヨーロッパで棒の先っぽに注目】

キャスト一新となり今までの世界観が崩れたらどうしよう…という考えがありましたが、しっかりMIBとして楽しめました。ロゴの遊び心も健在でテンション上
>>続きを読む

>|