おてるさんの映画レビュー・感想・評価

おてる

おてる

映画(135)
ドラマ(0)

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

美女4姉妹と透明感のある景色に癒された…。
是枝監督の撮る映画は、どれも色調が柔らかくて、鎌倉の穏やかな毎日がよく表現されていた。

ゆっくりと毎日が過ぎていくけど、姉妹の心のモヤモヤが、お互い歩み寄
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.6

恋することに勇気が出てくる映画☺︎
スカーレットヨハンソンが美人すぎ!

紙の月(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

私は嘘をついたりできないから、心が苦しくてハラハラしながら最後まで観きった。

主人公が横領に手を染めていくのにも関わらず、そこに罪悪感が感じられないのがとても怖かった…
人を騙してはいけない、人の物
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

3.0

途中までしか見れなかった、、
けど、高良健吾のあの垢抜けない感じが好き!

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.5

FFとか、エヴァとかが好きなわたしには
目が幸せなくらいお金をかけた映像の作り込みだったー!

監督が日本の文化が大好き、っていうことが存分に伝わる映画。所々で、ゴジラとか進撃の巨人っぽい表現もあって
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.8

GYAO!で無料だったので鑑賞。

もー、あほやん😂😂って思いながらも
グラドルたちの女体が美しすぎて、飛ばし飛ばし最後まで見てしまった。

監督、園さんなんですね…
三河弁の、訛りまくってる感じが
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

音楽が素晴らしくて、希望溢れる映画!

ゼンデイヤとザックエフロンの2人が歌うシーンは釘付けになりました☺︎

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.2

暗い!!怖い!!
もう見たくない!笑

始終陰鬱で、自分の力ではどうしようもない救いようのない世界に生まれてしまった、無垢な女の子の話。
ファシストの父の支配が恐ろしすぎて、不気味な妖精たちよりもそっ
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.2


美大の、あの時間の流れが遅く感じる日常をうまく表現した映画だった。

定点カメラでつないでいく感じは、役者さんの間の取り方とかが凄く大切になると思うけど、違和感なく見てられた。

永作さんの気ままな
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.3

AIとの恋愛の様子が、想像を超えて生々しくて、それが良かった。

いろんな愛の形があるんだなぁ…
個人的には、肉体がないものとは無理だと思うけど。

気づいたんだけど、
人生って短い。だから楽しまなき
>>続きを読む

お買いもの中毒な私!(2009年製作の映画)

3.5

主人公の意思が弱すぎて共感はできなかったけど、マネキンが話しかけるなど演出がとても良かった。
個人的に、NYのキラキラした世界観も好きなので見ていて楽しめた☺︎

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

ちょっとナメてたけど、すごく笑えてハッピーになれる映画☺︎

>|