trさんの映画レビュー・感想・評価

tr

tr

いますぐ抱きしめたい(1988年製作の映画)

-

やっぱり僕はちょっとヤンチャなものが好きなのかもしれない。デビュー作でこれとはウォン=カーウァイが恐ろしくなる。

ブエノスアイレス 4Kレストア版(1997年製作の映画)

-

「病人にメシを作らせるのか!?」ってぶちぎれたのに結局作っちゃうところ優しくて愛しさが募る

海燕ホテル・ブルー(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「スプーンなんかいらねえよ」つってカレーにむしゃぶりつくの最高だなおい……

Endress Waltz エンドレス・ワルツ(1995年製作の映画)

-

序盤は学生がもつ思想の芳ばしい痛さが薫る。時代背景もあるから当時では普通だったのだろうが。そして伏線を回収するかのように飽和させるシナリオ堪らん

土を喰らう十二ヵ月(2022年製作の映画)

-

旅先で映画を観ようと思い至って新宿ピカデリーにて鑑賞した。土井善晴さんの食に対する心意気は穏やかで安らか。いつか食べてみたいなあ。水上勉が原案になっているらしい。今年は何か漬けてみようかな。

コントラクト・キラー(1990年製作の映画)

-

『Leningrad Cowboys Go America』もまた観たくなってしまったな。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

-

やっぱりタクシーの映画といわれたらマーティン・スコセッシの『タクシードライバー』もいいけど本作だし、一発目のロサンゼルスの若い姉ちゃんクールすぎるんだよ。

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

-

永瀬正敏の気取りすぎてぎこちない演技もまた味になっていいんですね。

>|