Tsubakiさんの映画レビュー・感想・評価

Tsubaki

Tsubaki

備忘録。半分仕事で観てます。サクッと短文感想は個人的な感覚。世間の評価とは一致しないと思います。

映画(381)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

映画って何十年も前から、インディーズ〜ハリウッドの大作まで世界中でものすごい数が世に生み出されているはずなのに、なんだ、この衝撃は!ゾンビ映画を撮る人たちの映画。ゆるゆるな展開、バラバラに見えるピース>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

軍事政権下だった80年代の韓国で実際に起きた光州事件を元にした作品。韓国版天安門事件というか。
登場人物はみんな普通の人ばかり。学生たち、近所のおばちゃん、地元タクシー運転手さん、事件を世間に知らしめ
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.7

シリーズ2作目。前作を見ずに予備知識ゼロで行ったが楽しめた。列車のシーンで思わず「ぷっ!」と本気で吹いた。イタリアのコメディって何だかブラックで面白いよなぁ。お国柄な感じが良い。

パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛(2016年製作の映画)

3.0

映画チャンネルで視聴。シリアスなんだかコメディなんだか???と思いながら最後まで見てしまった。連続殺人犯は誰なのか?本当に愛してるのは誰なのか?・・・ってことなのはわかるんだけど、ストーリーが少女漫画>>続きを読む

ビオスコープおじさん(2017年製作の映画)

3.5

歌わないインド映画は実はけっこう多いのだ。これもそう。さらっとアフガニスタンの紛争や宗教などの社会問題を織り交ぜてるのは秀逸。謎の老人の正体が発覚してからのミニーの豹変っぷりがすごい笑 それ故にゆるゆ>>続きを読む

迫り来る嵐(2017年製作の映画)

3.7

激動の中国90年代後半を描いた作品。グレーの空と主演のドアン・イーホンの鬼気迫る演技に引き込まれた。が、ところどころの演出や撮影の仕方などに伏線以上の分かりやすさや安っぽさが見え隠れして、案の定予想通>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.8

悪党と戦うストーリーに加えて、グルーが実は双子だった話や彼の家族関係のことが満載でちょっとオトナ向け?
相変わらずミニオンが可愛いが、前回見たのがスピンオフの「ミニオンズ」だったせいか、もっとミニオン
>>続きを読む

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

3.5

映画としての出来はともかく、バンコクのある一面の真実であり幻想であり。何度か出張で行ったあの辺り、あの料理。思い出すとタイへ行ってフラフラ歩きたい衝動に駆られる。女だけどw

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

期待度上げ過ぎたせいか、わりと普通…と思ってしまった。とてもいい作品だと思う。映像もキレイだし歌やダンスはキレてて楽しいが、想定内の展開でやや予定調和なストーリーという印象だった。そんなものはミュージ>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.5

日本の石油戦争ってこんなんだったんだなー。昔、少し出光系のお仕事していたけれど全く知らなかった。昔から権力や大手に潰される個人の構造変わらないのね。ただ何かが引っかかるのは何故だろう。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

偉大なるマクドナルド帝国がいかにして生まれたのか。最初は単なるアメリカン・ドリーム的なストーリーかと思ったが、全然そんなことなかった。しかも後味悪い。マクドナルドの創業者兄弟と、そのノウハウに惚れ込み>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.6

チャン・イーモウによる、まさかの壮大なB級映画。正体不明のモンスターと闘う話だなんて聞いてないよ〜。でも嫌いじゃない。ひとつだけ言うと、将軍弱すぎだろ!

ウェディング・バトル アウトな男たち(2016年製作の映画)

3.6

絶対ポイントズレてるとは思うが、一番のツボは、ジーン・シモンズとトライアングルだった。
いやはや、あまりのバカバカしさに声出して笑ってしまった。下品なB級映画でと言うには、出てくるキャラクターがみんな
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

夢とロマンを乗せて宇宙に飛び立つ有人飛行の裏側にあった事実。人が宇宙に行こうとしはじめたあの時代って差別バリバリだったの?と改めて歴史を思う。NASAで働いているのに、黒人用トイレに行くのに往復40分>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

沖縄戦の中でも激戦だったとされる「高田高地」が「ハクソーリッジ」。戦闘シーンが生々しく、肉片や腹わたが飛ぶエグいシーンが次々襲いかかる。地上戦しかも至近距離の戦いってすさまじいと実感(実感?なのか?)>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.8

いろいろ悪すぎる!どいつもこいつも人間はエゴの塊だねw 全てが徹底している。そして誰もいなくなった・・・

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.3

世界を揺るがすカトリックの大スキャンダルを暴いた5人の新聞記者。『ダ・ヴィンチ・コード』みたいに刺客と戦ったりはしない。それはこれが実際にあった話だから。それでも妨害にあったり、911が起きて取材が頓>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カンヌでブーイングを浴びた作品らしいがそこまで悪くないと思う。富士の樹海で彷徨う男2人。スピリチャルなやりとりは日本人の感覚なのか?簡単に言うと、渡辺謙は日本のサラリーマンの姿を借りた妖精ってとこか。>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.5

サブプライムって何か程度の予習をオススメ。映画のテンポで進むと頭がショートw
経済が破綻するって、多くの人が家や職を失い路頭に迷うこと。それを読んで儲けるのは罪ではないが後味悪い。映画の中でもボロ儲け
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.5

宇宙版DASH村。過酷さで言うと『ゼロ・グラビティ』の方が上。とはいえ、とりあえずジャガイモはしばらく食べたくないかも。しかしまあ彼は戦場に火星に、よく取り残されちゃう男だなw

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.7

真冬の密室で起きる西部劇。そしてタランティーノらしくけっこうエグい。頭は吹っ飛ぶしバタバタ死んじゃうし。前半が少しタルいが全体的には3時間近くても観ていられる。お子ちゃまには耐えられないかも。わたくし>>続きを読む

偉大なるマルグリット(2015年製作の映画)

3.0

全然笑えなかった。痛々しくて。コメディではないとはいえ、フランス人のツボとどうも合わない。実在した音痴のオペラ歌手をモデルにした作品で伝記ではない。本物は人々に愛されてカーネギーにも立ったみたいだ。そ>>続きを読む

ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~(2013年製作の映画)

4.0

アメリカで起きた同性婚に関する裁判のドキュメンタリー。日本を含め、世界を変える一歩になったのは確実。個人的には、愛の形は様々で、同性同士という理由で不利益を被る世の中は如何なものかと思う。判決文が読み>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

4.2

前置きや説明がないので戸惑ったが、それがかえって、何もわからないまま突然アウシュビッツに放り込まれた、彼らの気分にさせられる。息子のことは具体的に語られないが、自分の手で葬ってやりたい気持ちは痛いほど>>続きを読む

>|