shunさんの映画レビュー・感想・評価

shun

shun

映画(1015)
ドラマ(6)

東京暮色(1957年製作の映画)

3.8

ソリッドな作品であった。
家には父と姉がいて、仲間と麻雀をしたり、なじみの飲み屋があるなど、つながりはあるのに肝心なことは相談できずか。
最後の汽車のシーン寒そうで窓の結露とか綺麗だった。

ラルジャン(1983年製作の映画)

4.8

約1年3ヶ月ぶり3回目。
かっこ良すぎる情報の伝え方なのだ。
観れば観るほどすばらだと思う。

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.0

『スリー・ビルボード』の方が良かった。

最後20分ぐらいのドラマと撃ち合いが良い。

しとやかな獣(1962年製作の映画)

3.5

無茶苦茶な奴らが出てくる。けっこう汚い。どっかに真実の時が出てきてそれが綺麗であることを期待するけど、真実の瞬間は結構ハード。大人な映画だった。苦手。

蛍光灯になってから照明はつまらんみたいな会話し
>>続きを読む

ジャックは一体何をした?(2017年製作の映画)

3.5

これは謎。リンチと猿が喋ってる。
でも不快感なくみてられる。17分すら見るのきつい映画はある。
会話のリズムが良かったんだと思う。他のキャラの登場のタイミングも良いのかと思う。

青春群像(1953年製作の映画)

4.0

村上龍映画小説集でヤザキはサクライとオートバイで東京から静岡にこの映画を観に行くよね。
テンポの良さがグッド。楽しさがある。無力感ももちろんある。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

雨降り出してからいろいろ感情揺さぶられ始めた。

麦秋(1951年製作の映画)

5.0

すばらである
大事な話のとこ、女2人の話になるねんな、そこがいいと思う

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.2

すばら!!!!!!!!
最後のほうすごい。『LOST』のチャーリーがモブ役で出てるし。JJエイブラムス、一生ついて行きます。

地図職人の恋人(1987年製作の映画)

3.1

街中、少し雪の積もった道路でじゃれあう若者2人のシーンが結構よかった

宗方姉妹(1950年製作の映画)

3.5

物語や終わり方が微妙だけど、インパクトあるシーンは色々あって話的にも重要なシーンだった。
雨で暗くなる家屋、
会話してる2人のとこにやって来る3人目、
突然死、
など。

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.3

グッド。
マフィア映画は色々苦労するけど主人公が結局幸せにはなれないっていうのが面白い。殺されるとか、捕まるとか。
この映画では年をとって一人ぼっちになる。壮絶な人生を送ったが最後は話を聞いてくれる人
>>続きを読む

風の中の牝鷄(1948年製作の映画)

3.8

田中絹代が鏡に映った時、全然違う顔つきをしていた!ここが1番好き。
子供(ひろちゃん)は他の小津映画同様可愛いけど、後半はハードな映画。

サバイビング・デザイアー(1991年製作の映画)

4.2

会話がすごいなぁ。門に飛びついての移動とダンスシーンの流れかわいい。振り付けも。

アンビション(1991年製作の映画)

2.8

よくわからん。
マシンガン持った女が近寄ってくるとこ面白い。

ポエトリー アグネスの詩(うた)(2010年製作の映画)

4.8

河を流れる死体から始まるファーストシーンだが、音楽もほとんどなく話が静かに進んでいく。
大事なところでかーなり説明をはしょってたりする。でもラストでその理由がわかる。
この構成はほんとにすばら、最後は
>>続きを読む

長屋紳士録(1947年製作の映画)

3.0

おばさんが、知り合いの拾ってきた子供を育てる話。そういうことが起こる時代もあったのか。
笠智衆の歌がうまい、飯田蝶子と吉川満子コンビのトークが面白い。吉川満子の顔やっぱ好き。

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

4.0

家族のドラマ、韓国、アメリカ、貧困、怪物などいろいろ盛りだくさんなA級怪獣パニック映画。盛りすぎかもしれない。でも面白い!

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.8

とかげのせびれのギザギザとしっぽがいい。
クライマックスちゃんとしてて泣きそうになったけど流石にと思って我慢したけどちょっとだけ泣いた。
マイナス点は真ん中が退屈。コスプレしてるすみっコぐらしそんなに
>>続きを読む

父ありき(1942年製作の映画)

3.5

父子家庭なのに、長い間離れ離れに暮らした父子の話。父は息子を思いしっかり働き、息子も父を思い立派に育つ。
2人で温泉に入って、そのあとご飯を食べながらビールとタバコをやるシーンが良かった。
みんな父親
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

少女とオクジャのシーンが良き。
他はスケールがでかい。

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.5

生がテーマだと思ったから、肉体のふれあいが印象的だった。

戸田家の兄妹(1941年製作の映画)

3.5

真ん中のお兄さんの声がいい。てかみんな声がいい。

>|