とむさんの映画レビュー・感想・評価

とむ

とむ

映画(525)
ドラマ(0)

リロイ&スティッチ(2006年製作の映画)

3.8

子供の頃はディズニーチャンネルでTVシリーズをずっと見てたけど、映画は今回初めて見た。リロの問題児っぷりに驚いた。
オハナの教えを通じたステッチやリロ、家族みんなの成長物語。

ズートピア(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

差別や偏見を嫌う人も少なからず無意識に差別や偏見を持っているという演出にハッとさせられた。ディズニーでこんなに社会問題に切り込んだ映画があるとは思わなかった。

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.7

銃撃戦の圧が凄い
映画の銃撃戦って味方が無双してあっさり大人数に勝つことが多いけど、実際はこれくらい緊迫してギリギリで戦ってるんだろうなって思える

ウォッチメン(2009年製作の映画)

3.5

ヒーロー映画に見せかけたゴリゴリ社会派ミステリー映画。
子供の頃に見て、よくわからんし面白くない。って印象だけ残ってたけど、今改めて見ると複雑なストーリーかつ道徳観が問われ考えさせられるタイプの大人の
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画は終わりでも登場人物の人生は続いていくような終わらせ方が新海誠ぽかった

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

思ってた以上にアクションの見応えがある
ハーレイクインぽい演出が多くて面白い

踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件(2012年製作の映画)

3.7

青島が上と下の狭間で振り回される立場が定着してる。和久さんのように部下を導く青島をみて成長を感じる

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

踊る大捜査線シリーズ最後の作品。
ちょっと非現実的な部分もあるが、元々お祭り感のある踊るシリーズ最後の作品と考えれば無理矢理な派手さもむしろ嬉しい。
オールキャストなのも見てて楽しく、踊るファンからす
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

もうちょっとモンスターとシンクロしてることに遊び要素がほしかった。設定を上手く使えてない感がいなめない
登場人物全員に感情移入できない。まともな人間が元カレだけ

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.7

女子学生コンビが卒業を目前にイケてるを目指して奮闘するがどこかズレていてかなり愛くるしい。
はちゃめちゃ加減がさすがアメリカって感じで見ていて爽快感があります。
学生達のドタバタなあれこれが大人になっ
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.9

おじさん達の殺し合い。
俳優陣が豪華で画力がすごい。スーツ着て一ヶ所に固まってる場面の圧はほぼアベンジャーズ。終始撮り方もかっこよくて絵面だけで楽しめる。
ただ、話し声がめちゃくちゃ小さいのに銃撃音は
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010年製作の映画)

4.4

踊る大捜査線のオールスターと新章って感じ。
ドラマ版からのシリーズを一気見したから過去のゲストやスピンオフの登場人物が出てくるたびにテンションが上がった

弁護士 灰島秀樹(2006年製作の映画)

3.6

リーガルハイっぽいが、ムカつく弁護士の言動を帳消しにするほどの大逆転爽快感はない

逃亡者 木島丈一郎(2005年製作の映画)

4.2

エンターテイメント刑事映画って感じ。
テンポも良く気軽に見れる
映画館上映の交渉人真下正義より面白いかもしれない

容疑者 室井慎次(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

踊る大捜査線シリーズで泣けるとは思わなかった。
心が折れそうになった室井さんを青島が助けるパターンも見てみたい

交渉人 真下正義(2005年製作の映画)

4.2

この映画と逃亡者 木島丈一郎は連続してみた方がいい。時系列は逃亡者が前だが、公開順はこっちが先

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

4.2

湾岸署のシーンは毎度みんなでわちゃわちゃやってる感じが良い。
ドラマ版の1話の冒頭と映画の序盤はどちらも青島が駅から湾岸署まで歩くシーンから始まるが、同じアングルから撮ることでドラマ版では空き地だらけ
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.9

マイクタイソン対イップマンは熱い試合だった!
ボス戦2回やったせいでストーリーの中途半端感はいなめない

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.9

おもしろい!
でもカンフーは野次馬に囲まれながら街中で戦ってほしい 笑

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.0

やっぱ武術アクションはカンフーが1番見応えある!!

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

CGはずっと見てると意外と慣れるが、天頭鬼とのやりとりや戦闘がチープで残念だった。
しかし、メインキャストの演技が昭和の鎌倉にマッチしてて鎌倉での人間模様は面白かった

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.4

人にオススメしたい映画
ヒトラーを崇拝する少年とナチス人少女の物語。
笑えるシーンも多く明るい雰囲気の映画だが、彼らの日常や少年の言動に戦争の恐ろしさと狂気が垣間見える。
登場人物が魅力的なのも良い。
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.3

脚本が面白い。全編ほぼ収録スタジオでの映像なのにストーリーにスピード感があるため見飽きることがない

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

4.0

オタクが一喜一憂しながら過ごす日常を見る映画。
町の住民が全員ダサいけど愛おしい

インターステラー(2014年製作の映画)

4.6

脚本が良い。
SFなのだが、突拍子も無いファンタジー的な設定ではなく科学的にありそうな世界観なのでリアリティがあって面白い。
宇宙にロマンを感じられる作品だった。なぜなら起こり得ることは起こるのだから
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

雰囲気映画。登場人物の心情を感じとって楽しむ映画。

ジャンパー(2008年製作の映画)

3.6

自分もジャンプして見たくなる。
主人公が調子乗ってる中盤が1番面白い。

>|