ルッキオさんの映画レビュー・感想・評価

ルッキオ

ルッキオ

割と好き嫌いがハッキリしてます。点数は好き度、もしくは満足度。
4点未満は大雑把に4点以上で細かく採点してます。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人間にとっての神を描いた「プロメテウス」。
今回はアンドロイドにとっての神と自らが神になる話。

神話的モノローグもちらほら出てくるけど、説明はないし、その辺明るくないので意味不明。
シェリー作「オジ
>>続きを読む

私を忘れないで(2016年製作の映画)

3.5

弁護士の設定何だったの?
受け持ってる事件がストーリー上あまり意味がないし、事故前の性格を活かしたドラマも起きないので、ただただ悲劇にしか見えなかった。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.3

アメリカのティーン映画が良いなと思うのは、中年おじさんが観ても感情移入できるところだと思う。
誰もが通る十代特有の厄介さ。普遍的なテーマだからより強く感情移入できるわけです。
人間関係修復モノが大好き
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.7

アニメじゃなければ出来ない戦争映画としては100点じゃないだろうか。
実写が避けがちなコメディ描写は戦時のもう一つの側面だし、何より生活そのものを実写よりも深く描いてるのが凄い。
この生活描写がキャラ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

奴隷扱いだった女性の解放運動としての「ワンダーウーマン」として観ると、どこか物足りなさが残ります。
最初から最後まで強いまま、ピンチらしいピンチがない(いっそ手錠につながれるぐらいの分かりやすいメタフ
>>続きを読む

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年製作の映画)

3.5

「ノーマンズランド」監督作。
この告発を映画化するかどうかがゴールになっていて、あまり強く印象に残らない作品になってしまったような気がする。
主人公が加担してしまったことへの悔恨や、権力に抗うことの絶
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「パッセンジャー」は一人が大勢を救う話、こちらは一人を国家レベルで救出する話。
奇しくも連夜で似たシチュエーションの映画を観ることに。
日本でもトンネル崩落事故の記憶は新しいので、より身近な問題として
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「プロメテウス」の脚本家。
彼が移住する理由をもう少し語るべきだし、そこに彼女を起こすことの意味合いがあれば、最初の選択に少なからず感情移入できたのではと思う。(死んだ奥さんに似てるとかそんな理由)
>>続きを読む

チャンス商会 初恋を探して(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「オープニングのやり取りが180度転換する」
ずるいなあとは思うけど、まんまと泣かされました。
ベタで反則なストーリーも韓国映画だとスンナリ受け入れてしまえるから不思議。
家族の絆が強い韓国ならではの
>>続きを読む

ルシッドドリーム(2015年製作の映画)

3.0

「パプリカ」や「インターステラー」からモロパクリなのは良いとしても、どこかにオリジナリティは欲しい。
夢の映像が普通すぎて夢である面白味がないというか、ただのミステリに落とし込んでる感が強いし、そのミ
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

何だかRPGゲームのような話。一本道な話なのでちょっと飽きた。
あの名曲を3回も使うから感動が薄れちゃう。
飲まず食わず不眠不休で働き続けるモアナがオバケに見えちゃう。
どんなファンタジーでも、美味し
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ハイテクスーツを着ている時のパーカーくんは、その万能感から、やりたい放題身勝手な不快キャラ。
スーツを取り上げられてから、ヒーローぽくなるという構造。
クライマックスを自家製コスプレで闘う、これまでに
>>続きを読む

グランドファーザー 哀しき復讐(2015年製作の映画)

4.1

おじいちゃんの過去と救いようのない孫の境遇のドラマは好き。
復讐へ向う後半はありがちなパターンになってしまってサプライズが欲しかったところ。
孫役のコ・ボギョルちゃんの年齢知ってビックリ。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

90分に色んなエピソード詰め込みすぎてカタルシスが薄まっちゃった印象。
「がんばれベアーズ」ぽい映画だと思ってるんだが、バターメーカーみたくムーンをもっともっとダメ人間(コアラ)にした方が良かった。
>>続きを読む

清作の妻(1965年製作の映画)

4.1

一見百年前の村社会の話のようで、現代でも差別や偏見はなくなっていないわけで、そう考えたら普遍的な映画ではないだろうか。
不倫問題にごもっともな意見を述べるコメンテーターとか、SNSでの誹謗中傷とか、基
>>続きを読む

赤い天使(1966年製作の映画)

4.1

同じ原作者・監督コンビという意味で「兵隊やくざ」のB面的な映画と言えましょうか。
ブロマンスな「兵隊やくざ」の真逆、ファム・ファタルな悲しい映画。

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

4.1

繁華街の暗い路地にいる悪魔という設定が面白い。
悪魔祓いを地上げ屋に例える神父がいかにも現代的。演じるのがキム・ユンソクなのでよりチンピラ感が出るというもの。この味付けが韓国映画観てるという気にさせて
>>続きを読む

人狼ゲーム マッドランド(2017年製作の映画)

4.0

確かにこの役職ならこういう展開になるよねえ。

ナイフの件りは口で説明しない方がスマートだと思います。
ナイフに仕掛けをしてるシーンだけで充分だし、スカーフもあの友情のシーンでそれとなくもらっておく、
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

この映画にイマイチ乗れないのは、劇中で否定されるジョンレジェンドの音楽が一番響くから。
登場人物に悪意はないけど、監督の新しいものへの否定が鼻について嫌だった。

アラサーの二人が演じてるので分からな
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.4

目新しさはないけれど、文句なしのキャスティングとブロマンスが最高。
キッズムービー的要素があるのも好き。
死体発見の方法とか、いかにもな殺し屋の登場とか、ベタなんだけど心地よい。
少女に救われるオジサ
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

4.0

観ている間は気にならないが、後から気になる要素が山ほど出てくる。
人間恐ろしい、女子恐ろしいという所までは描けてないです。あくまで謎解きミステリ。
もっとファンタジーぽく演出してくれた方が飲み込みやす
>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー(2016年製作の映画)

4.0

いまだにフルーツに変身して闘ってくれるガイムさんが哀れ。
ベルトさんを復活できるんなら、敵の方へ潜り込んで欲しいところ。
死ぬの死なない問題は誰か一人で充分。
ネクロム、スペクターはいなくてもよかった
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

4.2

ジョジョは仮面ライダーと違い、勝利のロジックがしっかりしてるので映画向きだなあと思う。
ほぼ原作通りにやれるというのは、原作が映画的に作られている証明。
虹村兄をラスボスにすることで一本の映画としても
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.1

原作のチョイスとアジア流の解釈(原作知らんけど)に韓国流テイストが合わさって、妙な生生しさがダイレクトに伝わってきます。
キレイな映画にしがちなところを、おどろおどろしい感じの演出は流石のパク・チャヌ
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.1

原題は「ボクとアールと死に行く少女」。原作者が脚本書いてるらしい。
アールとの友情と「死に行く少女」への友情が等価値に描かれていて好感を覚えます。
恋愛感情だけが「愛」じゃない、誰かのために行動するこ
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

観る人によって解答が異なるタイプの映画。
目撃者、よそ者、祈祷師は最後まで正体が分からないし、悪魔の顔がなぜ日本人なのか。
終盤のたたみかけはわけが分からず、混乱。正直長いなあとすら感じてしまいました
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.3

悪徳市長ファン・ジョンミンがサイコーすぎる。
クァク・ドウォンはいつものように不快感を煽ってくれます。
チョン・ウソンが暴行されても顔がキレイすぎるのはアレですが、中年おじさん達の殺し合いがリミット外
>>続きを読む

アンダードッグ 二人の男(2016年製作の映画)

4.0

マ・ドンソクの何者にも動じない顔演技とキム・ジェヨンの心底嫌な顔演技。
この二人の対決にスポット当てた方が断然面白くなったような気がする。
こういうアクの強い二人に対して、若者四人の演技力不足にはやっ
>>続きを読む

国選弁護人ユン・ジンウォン(2015年製作の映画)

4.1

龍山で起きた事件がベースらしい。原題は「少数意見」。
裁判ミステリとしては教科書通りの展開でしょうか。
証人や証拠が切り札的に出されて逆転勝ちするみたいな、よく見かけるヤツ。
検察と法のやりたい放題に
>>続きを読む

ふたりの死刑囚(2015年製作の映画)

4.1

東海テレビの長期密着ドキュメンタリー。
検事は0を100に出来る職業だということが分かります。
再審は認めず死刑囚のまま病死させるやり口が、2010年代になってまだ行われていることが恐ろしい。権力を笠
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

4.0

これもある意味セカイ系なのかな?
100まで生きることが幸せなのか。
家族に縛られない生き方や、貧乏でも愛するものに囲まれながらの暮らし。羨ましいようで、でも苦しみながら長く生きて行くのは辛いなあとも
>>続きを読む

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

4.2

タイトルはB級ですがこけおどしはなく、ちゃんと子供の目線で怖い佳作スリラー。
クライマックスもグダグダと引き伸ばさず、あっさりとした決着ですが、無駄に人死にする映画よりはマシだと思います。
不安感を煽
>>続きを読む

オフィス 檻の中の群狼(2015年製作の映画)

3.5

悪くないんだけど、パンチに欠けるかなあ。
彼女の壊れっぷりをもっと過剰に演出してもよかったような。
たとえば池田敏春監督「人魚伝説」のようなクレージーさとか、ショックな味わいが欲しかったかも。

女は冷たい嘘をつく(2016年製作の映画)

4.1

ストレートなミステリではあるけど、女優陣が印象に残る映画でした。
ハンメ、姑、マッサージ店の女主人、ハンメを斡旋するおばさん。
男は何の役にも立たない女性映画。

荊棘の秘密 (2016年製作の映画)

4.3

ストレートなミステリかと思いきや、良い意味で裏切られた。パクチャヌクを連想したら脚本に名を連ねていて納得。
普通のミステリのロジックでは語らない手法が多く散見され、かといって難しい印象を与えることもな
>>続きを読む

>|