9638さんの映画レビュー・感想・評価

9638

9638

作り直しましたごめんなさい、文章を書くのが好きでそういうカジュアルな場所を求めているだけなのかもしれませんごめんなさい
20170925~

映画(177)
ドラマ(0)

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

-

なんだか疲れてしまったね参ってしまったねシーレいつでも夢遊させてくれる映画でも画家たるやかくある

(2017年製作の映画)

-

河瀬直美男だと思ってた〜〜ので樹木希林さん逝去のニュースをきっかけに女だと知りました、性別はどうでも良いね、これは去年の冬に観たのでは???きっかけは友人の友人の早朝ガストでの一言ですね、どうでも良い>>続きを読む

きいろいゾウ(2012年製作の映画)

-

西加奈子の小説という時点での不可能性は別として、単純に物語として、
私もう全然相手のどこ好きか分からなくてただ執着しているだけなのに、一緒に暮らすことの尊さで正当化しようとしているふしがある、映画には
>>続きを読む

少女ムシェット(1967年製作の映画)

-

友人の友人であるシネフィルボーイのDVD、DVDという媒体に久し振りにみると奇妙、あの目で生きて

舟を編む(2013年製作の映画)

-

何か押し付けられないくらいが今観るにはちょうどよく、そういった意味でのほほんと観られた

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

-

他者に救われたとしてその後は!と思ってしまうんじゃ

メーヌ・オセアン(1985年製作の映画)

-

上杉と私は冒頭の裁判しか記憶できませんでした、お眠り

アデュー・フィリピーヌ(1962年製作の映画)

-

一度観たはずだがほとんど忘れていてラッキーという気持ちで観た、レビューが面倒なったらいろんな人間がいるなあ、と言いがちだが本心

モテキ(2011年製作の映画)

-

今日は友だちと江ノ島に行きなんとか復活した、コメディに生きる!オタクは愛にたどり着いて

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

-

私も怠惰だから共感するとともにストイックにやりたい気持ちがメキメキ、流し見

ヒミズ(2011年製作の映画)

-

高校生の時に見たときはただ圧倒されて園子温ーーーという感じだったけど、原作も読み今観ると若さだけでは覆いきれない救いなさにただ絶望してしまった、生きてれば誰しもいつか救われるなんてことはないと思う

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

-

ずっとずっとこれになりたくて、友達とも何度も話した2人の関係で、セリーヌの価値観が自分そのもので本当に驚くほど呆れるよ、やっと見た、大人になって心が誰かにあげるほどもうなくなってしまった人がいて、私は>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

-

最高に好きなタイプのやつ!耽美的じゃなくて皮肉っぽくてリベラルで!テンポやラブコメ寄りの描写や、ダンディリビングストーンスカタライツマイケルロハティン三昧のサントラ!生きるのはこんなもの!人間ってこん>>続きを読む

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

-

恩師の急逝や汗だくの中何度も言ってしまった言葉や茶化してしまった相手の言葉、その結果として失う大切だった希望、という1日でありどうにも後悔やらエゴやらについて考えて眠れない、本当にどうしたかったのかし>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

-

いろんなことに気づけたのかは分からないけど一回目と同様ただただ悲しくて切なくて泣いた、高畑監督が何を描きたかったか、前よりわかる気がするのはなんで、きっと大人になったからではないんだろう

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

-

あんまり私はこういう運命の赤い糸を信じてないし、日々を穏やかに紡ぐ尊さに失わないと気づかない人間の普遍性とどうにか向かい合って行くことに意味があると強く思ってしまった、ただそうした個人的価値観とは別に>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

-

2回目マックの小さな画面で観ても浸れた、逃避しまくれたので今ちょっとあぜん、キミョ〜〜

耳をすませば(1995年製作の映画)

-

ずっと苦手な作品だったけどわたしも雫になれたのなら、この恋を終わらせずに済んだのかもしれないと思いました!ずーん

羅生門(1950年製作の映画)

-

1度目は寝てしまった為、再び観たけど雨も降って来て鬱々とする、人類学って馬鹿みたいだ

のぼうの城(2012年製作の映画)

-

高3くらいのとき試写会当たって友だちと観に行ったなあ、久し振りに観たら色々思い出して超元気出た、野村萬斎と結婚したかった

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

-

今は鬱で無気力状態が長く続いてるが、基本上昇志向ストイック姿勢が趣味なのでこういうのめちゃくちゃ楽しくなってしまう、人間頑張らないと楽しくない(朝起きたら鬱で1時間布団から出られない夏期講習絶賛遅刻中>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

-

疲れて大衆映画しか観られない、誰かと暮らせて思いやれたらなあ、すごいことやなあ、私は躁鬱を理由に人と別れてばかりだ、難しいなあ

恋空(2007年製作の映画)

-

恋空と僕等がいたとチャットモンチーで育ったのだった

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

-

私は私がずっと軽蔑して怠ってた事柄にもっと向き合うべきだと思った、もう秋ですね

世紀の光(2006年製作の映画)

-

合宿終わり、朝の京王線、素敵な気候の日に1日寝込んで、21時に渋谷