つるやパンさんの映画レビュー・感想・評価

つるやパン

つるやパン

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.2

久々に録画してたやつを鑑賞

ジブリは各々2〜3回観たことあるくらいだけど、ハウル結構好き
ハウルかっこいい

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

4.5

2021/02/28
東京事変かぁ。好きだけど…
まぁ前作、前々作よりは大いにマシか
(完全なる個人的意見です)

もう最後のエンドロールでガッカリしたくないんだよなぁ

(と思っていて、観に行きまし
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

4.2

いーね!
幸せな気分になれる

NICK&KATE&ZOE's
のはずが
KATE&NICK&ZOE's
になっちゃってる〜
と思いきや気分で優劣変える感じいーね

ただ
料理<人生
だった気がした。
>>続きを読む

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

-

たのしみーーーーー


でもななみんの出番あんまりないのかなぁ〜

映画 ギヴン(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

これが見たかった
アニメの初っ端あたりからすでにこれが見たかった
崩れる、堕ちる、梶秋彦が見たかった



自暴自棄になってイライラして適当にヤっちゃうシーンの背中さえ惚れ惚れする

春樹さん可愛いし
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.5

2人ともかっこいい

パラサイト、梨泰院クラス、これしか見たことないし一日しか行ったことないからわからないけど韓国って坂多いのかな

事件が事件だからコメディとして見れないというか憎く気持ち悪いけど、
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

-

キャストねまず初っ端から

でも男女共に私としては目の保養がいなくて残念


---
集中力と展開への気持ちの高まりがなく途中で断念した
これは許されないのでいつかちゃんと改めて見る

好きだった君へ: これからもずっと大好き(2021年製作の映画)

3.5

Oh no〜
ニューヨーク行かせて…



最初の言葉が「大丈夫?」は素敵過ぎるな
まだ高校生なのに

兎にも角にも、プロムが好き!!!
一生消えないであろうプロムへの憧れ

ニューヨーカーはスニーカ
>>続きを読む

Work It 輝けわたし!(2020年製作の映画)

3.4

プロジェクションマッピングのような光と人の融合がかっこいい
ダンスの大会とかもどんどんああいうふうに身体だけじゃない感じが普通になっていくのかな
もうすでにそうなのかな
にしてもサブリナは賢い系の役が
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.5

アニメを見たのが結構前だったので少し記憶が曖昧な状態での鑑賞

ママとシスタークローネがバッチリ

アニメよりも"ママ"寄りな、ママが主役な印象が強かった(役者も役者だし)
それがプラスでもマイナスで
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

穴という穴から水が出た



予想はしてた
わかってた

わかってたけど認めたくない

だから、下弦の壱の首がこんなにも早く見つかるの?楽勝案件!炭治郎はピックで刺されただけやん!伊之助全く負傷なしや
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.5

二宮さんの顔がずるいなぁ
とにかく涙を誘う
また、魅せられた

思ったより沈むなと思ったけど、結果笑える話でよかった

私はこんな家族凄く素敵でこうなりたい、羨ましい!憧れる!の一心だった
情けなく見
>>続きを読む

リズム・セクション(2019年製作の映画)

2.0

ストーリーがストーリーだから思うような美貌は見れなかったけど、やはり綺麗

どんなヘアスタイルも似合うなぁ

ただ全然つまらないのよ
ひねりもない
音楽もそこでそれ?そんなにこっち気分高まってないんだ
>>続きを読む

家族ゲーム(1983年製作の映画)

4.0

最後に思わぬ爆笑シーンが


訳がわからないというか読み切れないシーンも多かったり謎だらけな感じと、昔感強めの(というか昔の映画だからそれが通常なんだけど今見るからこそ良い)描写がたまらなくよい

2
>>続きを読む

霊幻道士・完結編/最後の霊戦(1989年製作の映画)

3.5

ラム・チェンインが出てなかったのがもう残念残念

もっとお札とかもち米とか呪文で倒して欲しい〜

王玉環のキャラがなんだったのか謎
どうつながってるのかどういう意図なのか汲み取れない部分が結構あるんだ
>>続きを読む

霊幻道士3/キョンシーの七不思議(1987年製作の映画)

3.8

第一作が一番面白いのはやはり変わらない


ただ、ラム・チェンインが現れるとやはり締まるというか安心する
全てわかってるのがかっこいいな

前作のアホ面女キョンシーも別物として現れた〜

かかとが浮い
>>続きを読む

霊幻道士2/キョンシーの息子たち!(1986年製作の映画)

3.8

モンさんが好きだったんだけどなぁ〜

とりあえず初めの戦いのシーン長いわ
やられるなら早くやられろって感じ
でも自分に札貼っちゃうんだ、貼るとそうなるんだ、という驚きはあった
てか札に子供用と大人用作
>>続きを読む

霊幻道士(1985年製作の映画)

4.2

何これ初っ端からおもしろ

にしても中国語かっこいいな〜
と思ったけどちょっと違うなと思ったらそうか香港か
なんとなーくだけどよく聞く中国語の方が好き

ラスト、子キョンシー(お客達)弱!笑
しかも最
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.2

良かった、感動した
おもしろよりも感動が強めだったのは予想外でちょっと物足りない気もしたけど
もっともっと、どーんでーん!かぁー!って感じ欲しかったかなー
まぁプリンセス編ということで煌びやか満載で目
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.4

おもしろい!

うわー!そういうことね
ってのが早戻りの時が最高にわくわくする

漫才ギャング(2010年製作の映画)

-

久しぶりに観た

大悟かっっっっっっっこいい〜〜〜〜〜
惚れ惚れしちゃう
これを初めて観たときはこの魅力に気付かなかった…
佐藤隆太が好きで観てたけど、全然違う

後ろから不意つかれるところも
喧嘩す
>>続きを読む

わんわん物語(2019年製作の映画)

3.0

レディのうざったさがなくなってしっかりした自立した女感が出ちゃってた
し、トランプはもっとスマートでやんちゃなイメージなのに全然おじいちゃん感が出ちゃっててがっかり

しかも最後のヒーロー違うやん
>>続きを読む

わんわん物語(1955年製作の映画)

3.5

Disneyは散々見てきたけど、なぜか縁がなく初めて見た

初めはLADYすごい鬱陶しいけど、ちょっと飼い主怪しくない?と思ったら案の定クソ飼い主だったわけね

スパゲティのシーン、意外だった!そうい
>>続きを読む

オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり(1988年製作の映画)

-

懐かしい〜

改めて見ると、ニューヨークなんだなって

なんか意識してなかったけど、内容は正直うろ覚えって感じだったけど音楽をすごく覚えていた

全然思わせないけどニューヨークでありミュージカル感が凄
>>続きを読む

ラマになった王様(2000年製作の映画)

-

これまた久〜しぶりに鑑賞

懐かしい
めちゃくちゃ傲慢だけどあっさり人間味出てきて、お人好しすぎる村人もいい奴だしポップに気楽に見れる

最後のネコ可愛すぎるのよね

ミッキーの巨人退治(1938年製作の映画)

-

民家の藁を葉巻にしちゃうシーン、あれめちゃくちゃ好き

ミニーのお父さん?国王?ちょっと気持ち悪いんだよなぁ…
あと巨人もちょっと気持ち悪い最後の内股とか特に
昔っから思ってた

とりあえずおっっとり
>>続きを読む

ドナルドの牧場(1941年製作の映画)

-

ドナルドハッピーバースデー

ということで
えー帽子に?帽子にミルク?漏れちゃうでしょってずっと思ってたなぁ
被っちゃったよ…勿体無い…って

穴から虫入るの気持ち悪い〜
頭痒そう感めちゃくちゃ伝わっ
>>続きを読む

プルートのなやみ(1941年製作の映画)

-

これも大好き

色違いのプルートが好き
ミルク皿奪い返すところの躍動感が好き
ビアンカのプルート!が好き
氷割るところも好き
お湯であったまる瞬間も好き

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

期待してただけにイマイチ

2時間無いのに、まだ終わらないのかって気持ちになってしまった

先読みが苦手な私でもあーやっぱりねーって感じのストーリーだった

歌がいいみたいに聞いてたから歌のシーンもっ
>>続きを読む

蒸気船ウィリー(1928年製作の映画)

-

これはもう
ザミッキーよね

声、音楽、効果音、全て覚えてる
台詞が言えるというよりはミッキーの短編はどれも「歌える」って感覚

胴体を集めてしまうところ
訳わからないガム?チョコ?謎な物体を噛んで吐
>>続きを読む

ミッキーのアルバイトは危機一髪(1995年製作の映画)

-

ミニーの水着選びのシーンが好き
ていうかあの大量生産水着が並んでる感じが何故か無性に好き

ミッキー ザ グレーテスト ヒッツ
めちゃくちゃ見てたなぁ

ドナルドの博物館見学(1937年製作の映画)

-

Donald短編集で一番好き

「お帽子をこちらに」
あのトーンね、Donaldと同じくらいイライラしちゃうしつこさ

プレゼントマシンでは包まれてる時帽子ない?のに出来上がったら中入ってる?

床屋
>>続きを読む

ミッキーの移動住宅(1938年製作の映画)

-

私的にMickeyの短編集で最高傑作じゃないかな
本当に本当に大好きな作品

どのシーンも一瞬一瞬が気持ちいい!!!

上手いこと、本当に無駄なく設計し尽くされたアニメーションって感じ

死ぬ程見た記
>>続きを読む

ミッキーのライバル大騒動(1936年製作の映画)

-

モーティマンがうざいのよね〜
これも全て耳で覚えてる程繰り返し見た記憶

個人的にはコーヒーカップから抜けた鼻にかかってるドーナツがホロっと落ちちゃうところが何とも言えず記憶に残ってる

モーティマン
>>続きを読む

>|