匠さんの映画レビュー・感想・評価

匠

ヒーロー映画が大好き!コミックはわかりません!ごめんなさい!!

映画(231)
ドラマ(0)

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

アントマンは1は微妙だと思ったが2は面白かった。戦いの見せ方がとっても良くなったと思う!
コメディ色が強めで最近のマーベルっぽくて見やすかった。
シビルウォーのイジリがしつこい
インフィニティウォーの
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.6

おしい!もう一捻りあれば名作の予感がした!
映像はかなりいいし設定も最高だと思うだけに残念感が残ってしまった。
ただ、つまらなくはない

かたつむり(1966年製作の映画)

3.8

軽快に物語が進んでいってよかった。
内容はサイコ

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.7

すごい世界観!
不気味だが素敵にも感じる。
優位に立っていると思いすぎない方がいいよみたいな内容
自分たちも牛とか豚とかを食べているけど...とかを考え出したらきりがないと思ってしまった。

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

3.8

ギレルモ監督の魚人はみんな卵が好きなんだないかにも特撮オタクっぽい敵キャラ、構図が好きだった。
めちゃくちゃいい奴で嫉妬しやすいヘルボーイかわいかった。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.1

面白かった
観てるとしんどい
ヒロイン能年玲奈ににてる

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

4.0

メリーポピンズを見たので、
ただの偏屈ババァだと思っていたら過去に縛られ先へ進めないかわいそうな少女だった。
こんな製作秘話があるなんて作品からは想像できない、

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

ストーリーシーンはほぼ原作と同じ、でもとっても面白かった。それであんなに笑えるんだから原作が優秀、そしてそれを生かしきった監督監督が優秀!だけどもっと福田雄一監督っぽい緩さを見たかった。
スローにハマ
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.1

自分は幸せに育ったんだなぁと感じる
映画がリアルであるからこそ

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

超絶面白かったー!
事前情報苦労して入れない状態で見てホントよかった!
最初はいいお尻だなって思ってたが丸々伏線だったなんて!後半自分が恥ずかしくなりましたw
あんなに場内が笑っていたのは初めてですw
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.0

純粋な娯楽映画、とっても楽しかった。
ストーリーがそんなにないけど楽しめるのは凄いことだと思う。
とても60年代の映画とは思えない!

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

リブートになるのかな?
面白かった。
勝ち方が女性的でバッチリ新シリーズとしてやっていけると思う、だが、あまりにもうまく行きすぎで起承転結の転が抜けている感じ、若過ぎるやつが一人いて欲しかった。

ロード・オブ・ドッグタウン(2005年製作の映画)

4.1

青春、権力でもお金でもビジネスでもないただ気の合う仲間、それがなによりの物、それを強く感じたウレタン樹脂で大興奮するのは時代の流れを感じてとっても新鮮だった。
プールでスケボー追っかけて撮影してるのか
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.8

犯罪者、同性愛者、異性愛者、快楽殺人者も同じ人間なんだなというのがダイレクトに伝わってきた。
ありふれた日常に紛れる狂気、誰もが陥りうるのかもしれない
アメリカの銃社会への批判のようだがこれがアメリカ
>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

4.8

最高、
2より1のが好き
福田雄一映画作品で一番好き
邦画で一番好きかも

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.3

素晴らしい、
こんなハートフルなインド映画知らなかったー
みんないい人でかわいい
インドの男の人はみんなあんな感じなのかな?

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

面白かったけど普通かなー
いい能力が揃ってるのに目立たなすぎだと思った。ミスペレグリンの時と同じでちょっと残念
近年のディズニーコメディ感が満載で飽きはしなかった
ヒーロー映画に慣れすぎちゃったのかも
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

もっともっとビックリしたかったかなー
タイトル回収完了!
行きすぎた技術は人類を脅かす存在となりうる
それは現実にはAI、兵器、思想かもしれない、安直だが分かりやすいメッセージだった。
恐竜版ウォーキ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

あってはならない聖職者の汚職、日本では馴染みのない事件で新鮮だった。
これを暴くことにより救われる者、信じてきたものが崩れるものも多いだろう。
報道の責任と影響力は絶大だなと改めて思ったし、新聞でこの
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

歴史に名を残すことのなかった英雄たち
前半はつまんねーなーと思っていたが後半に圧倒的スターウォーズ感が出て来て終盤のまとめ方は素晴らしいと思った。
彼ら無くしてスターウォーズは無かったんだなぁ
レイア
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エンディングで感動
本物のスーダン難民だったのか。
日本にいたらまず考えない問題

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

知ってそうで知らなかった過去を知れてよかった
ハンソロはもうちょいひねくれ者でもよかったかなと思うが、映画としてとても話が面白かったので満足。ミレニアムファルコンの道の強さも納得だった。
しっかりハン
>>続きを読む

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.3

NWA結成から解散easyEの死までの実話
全員有名人!彼らにこんな過去があるなんて知らなかった。
人生を賭けて差別や政府への不満を社会に音楽で発信し続けた男たち、かっこいい!かっこよすぎるよ!
若い
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.4

チョコレートドーナツとハッピーエンドが大好きなダウン症の太った男の子と男性カップルの話
こんなのあんまりだ、悲しすぎる。
一番求めていた事が叶わずなすすべなく批判されていく、二人が望み通りに生きていく
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.7

壊れたワーゲンワゴンとミスコン、
ワゴンが何かが欠けている家族の象徴のように描かれている。コミカルながらも家族の絆や日常の少し哀しい部分、格差や差別まで本当に色々な要素が詰まっていたと感じた。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

オギーという太陽を中心に回っていく惑星たち
ほほえみ度MAX!
生まれながらのハンディキャップがありながらも自分らしく、明るくに生きていく姿に胸を打たれた。大事なのは外見じゃないというのがストレートの
>>続きを読む

ドラムライン(2002年製作の映画)

3.8

熱いねー
セッションとはまた違った爽やかな熱さでいいね!
ドラムライン対決がかっこいい、正直演奏自体の良し悪しは素人なのでわからなかったが面白かった。
監督、圧倒的 本田圭佑 感

バッドサンタ(2003年製作の映画)

3.4

悪いやつが更生する話は外れが少ない、そのぶんマンネリだが
デブの子供は優しいだけで自分の力での成長がなく、ただ金持ちになって腹が立った。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.3

つまんなくはない
実際はどうかはわからないが日本の時効という概念に疑問を感じるのは事実、この作品は時間の流れが容姿や情景ではわかりにくくとても残念

>|