水曜日さんの映画レビュー・感想・評価

水曜日

水曜日

映画(976)
ドラマ(29)

ハードコア(2015年製作の映画)

3.7

殺されでロボットにされたヘンリーが、妻を救うために、撃ちまくり殺しまくる。ヘンリーの視点だけで描かれる映画。

シューティングゲームと似ているのだろうが?ゲームをしない私にはかなり楽しめた。モスクワ観
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.0

アメリカの極秘作戦部隊に、情報を持って亡命希望者として飛び込んだインドネシア人元警官。彼を無事に亡命させるために、空港まで22マイルの護送が始まる。

マーク・ウォールバークが二の腕を見せない。それだ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.5

死亡したシンガポールの大富豪ヨーの一族に、相続人の偽の末娘を仕込むガー子たちだが、いろんな思惑と後出しジャンケンの嵐が吹き荒れる!

第1作を観て「ガリガリの長澤まさみなど観たくないわ!」と思ってた私
>>続きを読む

脱走特急(2019年製作の映画)

2.4

レニングラードとソビエト前線を繋ぐ鉄道「死の回廊」…そこで奮闘した民間人男女の活躍を描く。

なんだか社会主義リアリズムの21世紀版みたいな感じになった映画。もちろん軍の理不尽さも描かれるが、善き市
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦下のドイツ、ヒトラーユーゲントの少年ジョジョは、空想の友人ヒトラーに励まされ日々生きている。

いいなぁ、サム・ロックウェル。短い時間ながらガッツリ全て印象を残す、名優としての要素を満た
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

2.8

イアン・マッケランの詐欺師に騙されるヘレン・ミレン。って、「ヘレン・ミレンが簡単に騙されるわけないじゃん」前提で観る映画。

御大二人を立てるだけ(リスペクトして)出てるだけの記念映画と思ったら、割と
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.6

FBIの証人保護プログラムにより、ノルマンディーに引っ越した元マフィアと家族。ブルックリン風のルールで街に馴染むが、殺し屋に狙われる。

ベッソン否定派の私だが、この映画が面白いことは認めざるを得ない
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

2.9

CIA尋問官のアリスが、バイオテロを企むテロリストのメッセンジャーから聞き出した暗号を巡り、いろんな思惑に巻き込まれる!

マイケル・ダクラス、オーランド・ブルーム、トニー・コレット(短髪)が脇にまわ
>>続きを読む

ウルフ・オブ・リベンジ 復讐の狼(2019年製作の映画)

3.1

兄のヤバい仕事を請け負い捕まり、警官に裏切られ、刑務所で生命を狙われ…これで性格悪くならない弟はいない!復讐が始まる。

ハンサム筋肉俳優スコット・アドキンスが、銀歯+丸坊主+顔に傷ですっかり凶悪な顔
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.2

凄腕ヒットマン(S.L.ジャクソン)を警護することになった凄腕警備員ライアン・レイノルズ。ゲイリー・オールドマンも何気に悪役やってる。

油断してた…面白かったコメディ。ベタベタな感じで、そんなに予算
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.7

アリゾナの実家の前でトンネルを掘り続けるランボー。同居の可愛い娘が、メキシコで連れ去られる。

どう考えても、家の前にトンネル掘るオジサンは怪しい…普段かは「絶対に悪人をトラップかける」決意を固めてい
>>続きを読む

WASP ネットワーク(2019年製作の映画)

2.8

キューバからアメリカに亡命した2人のパイロットと1人の軍人。ペネロペ・クルスは、スパイの妻で、キューバ~アメリカの関係に翻弄される。

カストロが統治するキューバ、貧しいとはいえソ連ほどの自然環境は厳
>>続きを読む

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間(2009年製作の映画)

2.8

2008年に起きたリーマン・ブラザーズの倒産の裏側を描く。

サブプライムローンの破綻が判明してからの劇なのでドラマティックな部分は省かれ、巨大金融機関を倒産させるか否かの問題が焦点になる。

財務長
>>続きを読む

知りすぎていた男(1956年製作の映画)

4.2

マラケシュを旅行中のアメリカ人医師が、死の直前のスパイからメッセージを受け取る。そして子供が誘拐される最悪の展開!

ヒッチコックを滅多に観ない私、この映画も初見。ジェームス・スチュアートのアメリカっ
>>続きを読む

シックス・デイ(2000年製作の映画)

2.9

よく分からない陰謀から、自分のクローンを作られたシュワルツェネッガー。クローンを使った陰謀を暴くが、何故かロバート・デュバルも出てる!

とりあえず二人のシュワちゃん(合成)が出てこればオッケーな映画
>>続きを読む

女王蜂(1978年製作の映画)

2.9

19歳の誕生日に、田舎から京都に住む父親の下に行くことになった美しい娘。そこに発生する殺人事件、金田一耕助の謎解きがはじまる。

市川崑監督の男気を感じる作品。入れ替わり立ち代り出演する豪華キャストを
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.7

前作のメキシコ国境の不法入国問題と麻薬関係から、今度は国家を揺るがすテロ問題と麻薬カルテルの壊滅に少女を誘拐する?

痩せたデル・トロとジョシュ・ブローディンが2トップに立ち、エミリー・ブラントが消え
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

2.5

森の中の小屋に週末を楽しみにきた若者に襲う悲劇…でも科学者たちが見守る、仕掛けいっぱいの小屋だった。

ホラーの仕掛けを一旦崩して、再構築したひねり。そんな意図に乗れるのかが、この映画の好き嫌いの分岐
>>続きを読む

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

3.3

女子高生が血縁のヤクザから親分に指名され、弱小組織メダカ組の組長になる。

薬師丸ひろ子…今ならアイドルになれたのか?今のアイドルと違い、本人には戦略やあざとさがない。そんな天然生まれのアイドルを、ア
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.6

独ソ戦中から語り継がれた伝説「労農赤軍の兵士が戦車を奪って収容所から脱走した」から触発された映画。『鬼戦車T-34』(1965年)も同伝説を元にした映画。

戦闘シーンは、CGを使ったファンタスティッ
>>続きを読む

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

3.0

AJクイネルの「燃える男/Man on fire」を元にした映画。原作はマルタ島だったが、映画はメキシコが舞台になっている。ボディガードを任された12歳の少女が誘拐された元工作員のクリーシイ。少女復讐>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

2.8

タウンゼント社の事件解決エージェント「チャーリーズエンジェル」。今回は新人をリクルートしながら、謎の小型発電装置の奪回に挑む。

汗ひとつかかないCGのような新エンジェルたち、ターミネーターの短髪の姉
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

2.9

高い知能と人を惹きつける魅力を武器に多数の女性を暴行し殺したデッド・バンディ。2人の女性との関係を軸に最期の日々を描く。

ザック・エフロンは知的で猟奇的なテッドを、魅力的に見せている。反省もなく、犯
>>続きを読む

野獣処刑人ザ・ブロンソン(2018年製作の映画)

2.0

チャールズ・ブロンソン似の男が、悪を裁きながら手にしたお金を母子家庭に届ける物語。

「顔そっくりさん素人を起用して、アクションの動きは編集でなんとかなる!だって晩年のブロンソンも…」

そんな思いつ
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.0

アトランタ五輪のイベント会場で爆発物を発見した警備員が、ヒーローから一転して容疑者にされる。

いつ間にか劇場公開が終わっていた…。日本市場には、アピールポイントが少ない映画なので仕方ない。

登場人
>>続きを読む

沈黙のアフガン(2016年製作の映画)

1.2

アフガンで何やら任務に着いたチーム、捕まった議員を助けたり、美人カメラマンに同行したり…ついでに動かないセガールも優しく見守る。

ただでさえ肥って動けなくなり、東欧やロシアに接近したりするセガール。
>>続きを読む

キリング・フィールド(1984年製作の映画)

4.2

ベトナム戦争末期、戦乱に巻き込まれたカンボジアで離れ離れになった記者と現地アシスタント。アシスタントはポル・ポト政権下の地獄の日々を生き抜き生還する。

『ローアンドオーダー』のサム・ウォーターストン
>>続きを読む

ハミングバード(2013年製作の映画)

2.8

戦争から戻った元英軍特殊部隊員。PTSDに悩まされながらも、思いを寄せるポーランド人修道女と自力更生の道を探るが…。

英国人ステイサムが英国人を演じてロンドンにいる!でもダークな雰囲気になっている。
>>続きを読む

新幹線大爆破(1975年製作の映画)

2.8

「時速80キロ以下に落ちたら新幹線が爆発する」日本版『スピード』みたいな映画。高倉健が、頭脳的な犯人を演じる。全員、暑苦しい演技!

宇津井健が乗客の救出を呼びかけ、訳ありの破産社長(犯人=高倉健)が
>>続きを読む

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

3.2

マンハッタンの屋上に野宿するカメラマンのマーク・レイのドキュメンタリー。美女を撮り、雑誌に画像を売る日々…。

元モデルのマーク、家を持たない生き方や何かの哲学がある雰囲気に溢れている…が、ファッショ
>>続きを読む

ゴルゴ13 九竜の首(1977年製作の映画)

2.6

香港の麻薬組織のボスの狙撃依頼を受けたゴルゴだったが、そこには裏があった!全編海外ロケ。

パンチパーマに独特のスーツ、千葉真一のゴルゴは空手もこなす。また宙吊り射撃(戦国自衛隊でも)も行うなど、サー
>>続きを読む

ターミネーター3(2003年製作の映画)

2.5

前作で完全に元から断ち切ったスカイネットが、やっぱり蘇った?ジョン・コナーと将軍の娘がターミネーターと共に逃げる。

ドラマ『Homeland』にハマった勢いで、クレア・デインズの若い時を観たくなって
>>続きを読む

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

3.4

チャップリンが殺人犯を演じる。「One murder makes a villain, millions a hero.」は有名な台詞。

斬首刑に臨むラストは、チャップリン的なハッピーさは皆無。シー
>>続きを読む

バルジ大作戦(1965年製作の映画)

3.1

1944年敗戦目前のドイツ軍が、アルデンヌの森で突如反撃に出た作戦。アメリカ軍の敗走と必死の防衛戦を描く!

ピカピカのヘルメットや完璧な軍装、ヤザクレ感のない英語など…正しい米軍の姿が描かれる。ドイ
>>続きを読む

団鬼六 蛇と鞭(1986年製作の映画)

2.1

大企業の秘書室に勤務し始めた倫子。しかし勤務先の社長は、亡き両親に恨みを持っていた。共に捕まった弟とともに地獄の責め苦が!

主演の姐さんは巨乳なんだが、顔とアフレコの遊離が、短時間に制作されたB級の
>>続きを読む

パリより愛をこめて(2010年製作の映画)

2.8

パリの大使館で働く下級エージェントが、アメリカから来たバリバリの工作員の面倒を見ることになるが…。

トラボルタの面倒を若手俳優が見る…割と悪夢に近いと想像できる…でもリュック・ベッソンが脚本だから…
>>続きを読む

>|