水曜日さんの映画レビュー・感想・評価

水曜日

水曜日

堅物系ライター。ここでは仕事から離れて自由に書いてます。※レビュー中の御名前は敬称略です。

映画(490)
ドラマ(10)

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

2.6

武器商人ディヴァインにIMFの仲間を拉致されたうえ、婚約者を拉致されたイーサンが無事に婚約者を奪回するまでの話

トム・クルーズの何でもやるサービス精神が散りばめられて、それをサービス精神の塊JJが監
>>続きを読む

ウォー・ドッグス(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

武器商人の若者二人。イラクのバクダットへのピストル配達を足掛かりに、違法な「アフガンディール」で逮捕されるまでの物語

この事件については知っていたが、主役の2人の容姿が違いすぎて分からなかった。映画
>>続きを読む

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

3.5

南米に逃げたナチスの悪魔の医者メンゲレ。彼は世界中にいる65歳の公務員殺害司令を出す。その意図を探るナチハンターのリーベルマン。

今日は打ち合わせだったのだが、この映画の録画セットを忘れて…。結局、
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.9

脳以外は機械の女性「少佐」が、直面する過去と機械化された自分の秘密。

原作やアニメは読んでないので、細かい差異は気にならずに鑑賞。スカーレット・ヨハンソンのサイボーグは、完璧な美としてアリだと思う。
>>続きを読む

炎の戦線 エル・アラメイン(2002年製作の映画)

2.8

エル・アライメン南方に展開したイタリア歩兵師団。南方から主戦場となった北部への移動を若い志願兵の姿から描く。

「英軍のエル・アライメンの南方からの攻勢は陽動作戦で、攻勢は北部から始まった」

歴史的
>>続きを読む

カプリコン・1(1977年製作の映画)

2.8

火星飛行に向かったはずの宇宙飛行士たち。しかし火星の模様は地球で撮影されたものだった。「大気圏再突入に失敗して死亡」と知らされた彼等は身の危険を感じて逃走する。

この映画から「アポロ計画捏造された説
>>続きを読む

レッド・ダイヤモンド(2016年製作の映画)

2.4

①元特殊部隊の男②彼女の獣医③以前の彼女④以前の彼女のボス⑤狙撃女子と特殊部隊仲間たち。以上のメンバーが赤いダイヤモンドを廻って弾丸のやり取り…。

ブルース・ウィリスがマフィアのボスを演じているが、
>>続きを読む

ミクロの決死圏(1966年製作の映画)

2.3

脳内出血を起こした昏睡状態の敵国の科学者を救うために、ミクロ化して治療に向かう潜水艇プロメテウスと科学者たち。

発想がぶっ飛んている。ミクロで見る人体と、血液やリンパ液や心臓などなどの働きが分かる。
>>続きを読む

華麗なる激情(1964年製作の映画)

3.1

チャールストン・ヘストンのミケランジェロ伝記映画。システィーナ礼拝堂の「最後の審判」天井画の制作過程を描く。超巨大セットに驚き!

冒頭の13分のミケランジェロ(英語風:マイケランジェロ)の解説が麗し
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

2.5

第二次大戦中のモロッコのカサブランカ、ドイツ軍領事暗殺のために送り込まれるブラピ。アシストするフランス人マリアンヌ…

ブラピの制服と盛装がふんだんに見られる、イギリス空軍の制服姿は新鮮だ。マリアンヌ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.1

生物兵器を注射したIMFのメンバーの命を救うためワクチンを求めるイーサン、期限は20時間。

もう何回目か…観る度に「あーそうだった…」と思い出す。白い鳩とスローモーションが脳内麻薬を引き出してくれる
>>続きを読む

悪魔の手毬唄(1977年製作の映画)

3.5

石坂浩二主演の金田一耕介の第2弾。村に伝わる手毬唄どおりに殺人事件が起きる。

故若山富三郎が出てる…親父が親交があったので子供の時に一度会った事がある(だから“敬称略”が書いてて怖い)。あの声と間は
>>続きを読む

大魔神逆襲(1966年製作の映画)

2.0

戦国の覇権を握るために山の木こりを火薬製造に駆り出す大名。その子供達は秘境「魔人山」を超えて父に会いに行くが…。

前作までとは変わって、過去の災害を「神様の祟り」として冒頭から連発する。新たな定義づ
>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.1

国際指名手配されている元CIAのフロストは、南アメリカで逮捕される。連行されたセーフハウスで襲撃を受け、ハウスの管理人マットと共に逃げ出す。

イギリスのノーリッジの「ここはKGBのセーフハウスだった
>>続きを読む

大魔神怒る(1966年製作の映画)

3.0

戦国時代、湖畔の村の領主に悪党共が襲いかかる。今度は湖の島にある魔神像を爆破!怒る大魔神。

この頃の大映のスタッフは、「続編は最初の映画を超えられない」と達観してたかのようだ。前作よりも省略されたあ
>>続きを読む

大魔神(1966年製作の映画)

3.6

戦国時代、下克上を目論む悪家臣に滅ぼされる花房家。悪家臣の神を恐れぬ悪行に、村に伝わる無敵の大魔神が起きあがる。

初めて観たけど、なんと美しい特撮映画!特撮以外のドラマ部分の撮影も美しい。映画館で観
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

2.8

①離婚されたアルコール依存の元妻②元妻の夫③後妻と生まれた子供④ベビーシッター兼愛人の女…に絡む殺人事件!

③④がブロンドで似たような感じなので、見落とすと混乱する。しかも男も似たようなインテリ顔ば
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.8

48時間以内にいなくなる宇宙人の女性と恋に落ちるイギリスのパンクロッカー少年。

パンク少年も“良い子”になる時代になったのだ。注射器もハイになる事もない、パンクは変わった。この話の男の子も、普通に倫
>>続きを読む

トゥルース・オブ・ウォー(2016年製作の映画)

1.9

フォークランド紛争に参加したアルゼンチン軍兵士、気弱なファンと兵士気質のラモン。2人の運命を語る物語。

てっきり英国製戦争映画と思ったら逆だった。アルゼンチン軍はフォークランド(マルビナス)では、あ
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.4

「This was their finest hour」とチャーチルが演説した英国の1940年。戦意高揚のためのダンケルク撤退の美談映画を作る脚本家の女性、情報省の役人、俳優、監督。

名セリフに溢れ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.7

①恐竜の住む島の火山が爆発して必死で逃げる。②恐竜のオークションと遺伝子を操作して兵器に作りあげた。この2本から話は成り立つ。

ジュラシック系の映画を全く観てないので分からない部分もあったが、とりあ
>>続きを読む

フィルス(2013年製作の映画)

3.4

FILTH=クズ、スコットランド警察刑事のすこし変わった物語。ロンドンでなくてスコットランドなら在りか?イエス!

最初観たとき思わなかったが、この映画のスコットランド臭がキツすぎる。それを見逃して単
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.1

1967年のデトロイト暴動、アルジェホテルで狙撃の容疑をかけられた黒人たち。白人警官たちの狂気の夜が始まる。

話は陰惨な話だが、劇中のドラマティックスのラリー役の俳優に釘付けになってしまった。恐怖と
>>続きを読む

獄門島(1977年製作の映画)

2.6

獄門島と呼ばれる島の鬼頭一族の三姉妹に忍び寄る生命の危機。金田一 耕助が謎を解く!

石坂浩二の金田一の3作目は、頭にパーマがかかってピースの又吉みたいになっている。「新金田一耕助は、又吉がやりゃよい
>>続きを読む

デルタ・フォース2(1990年製作の映画)

2.3

前作で中東で暴れたデルタフォースのマッコイ大佐が、今度は南米で麻薬組織撲滅に動く!

『アンタッチャブル』でも悪役で出てるビリー・ドラゴの美しすぎる悪役。終盤の格闘でチャック・ノリスの回し蹴りを顔に受
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.8

イランに閉じ込められたアメリカ大使館員を映画のロケハン隊に偽装して連れて帰る。実話ベースの話。

テヘランに行ったことありますが、出迎えの人の手違いで一日激寒な空港の部屋に足止めされました。映画の空港
>>続きを読む

犬神家の一族(1976年製作の映画)

3.0

戦後の那須市にある豪族「犬神家」で発生した連続殺人事件。復員したゴム仮面の男=佐清や湖面に突き出した脚など、キャッチーなビジュアルの宝庫。

初めて観ました。英国『ゴスフォード・パーク』よりも先にあっ
>>続きを読む

狼よさらば(1974年製作の映画)

2.8

暴漢に、妻を殺され娘は寝たきりにされた善良な設計士ポール・カージー。法で裁けない悪への復讐のために立ちあがる!

チャールズ・ブロンソンの設計士…あまりの男臭さに、もし建設のコンペ会場にいたら全ての目
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.9

元宇宙飛行士の農家の男。全地球的な気候変動の中、娘を残してワームホールを通じて宇宙の果てに旅立つ。

物語のヒーローとなるであろうマーシュ・マコナヘイの存在感は、物語を行方を見えなくするのに最適。彼で
>>続きを読む

JFK(1991年製作の映画)

3.8

ケネディ暗殺の謎に迫る地方検事ジム・ギャリソン。陰謀の匂いがぷんぷん臭うも、軍産複合体の闇の前に真相に迫れない。

初めて観たけどキャストが豪華、ウォルター・マッソーやジャック・レモンも密告者として出
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.2

英米の共同作戦、ドローンによるテロリストの家(爆弾あり)の攻撃。しかしその家の脇でパンを売る少女が立っていた。

ヘレン・ミレンやアラン・リックマンが何故にこの映画に出たか分かった。この映画は『博士の
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.4

石油メジャーと対決した、日本の石油会社「国岡商店」の創業者の男気と勇気の物語。英国と対決しながらイランから石油を輸入する。

岡田准一が全シーン全力のオッサンぶりを魅せてくれる。声が太く昭和の俳優のよ
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.5

ジャン-ルック・ゴダールと故アンヌ・ヴィアゼムスキーとの短い恋愛。『中国女』『東風』あたりの事情が描かれる。

ゴダールファンならば『中国女』のアンヌ・ヴィアゼムスキーを視る視点から恋愛空気をガンガン
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.1

ゲーム理論ほ天才数学者のジョン・ナッシュの成功から彼の統合失調症を支えた妻の物語。

このナッシュみたいな状況は私も学生時代に経験があって、私の場合はバスの運行時間の解析から始まって、占いの数値化とか
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

2.8

「おまえを最後に殺すと言った…あれは嘘だ。」等の名セリフに溢れた再放送映画の金字塔。

シュワルツェネッガーの棒読みセリフ(当時)も日本の優秀な声優陣にかかれば名作になる。英語で観るのが、馬鹿馬鹿しく
>>続きを読む

女と男の名誉(1985年製作の映画)

3.6

NYマフィアの何でも屋チャーリーとカリフォルニアのプロの殺し屋アイリーンが恋に落ちる。アイリーンがNY市警幹部の妻を殺したことから、組織はチャーリーにアイリーンを殺すように命じる。

粋な脚本。ジャッ
>>続きを読む

>|