みさんの映画レビュー・感想・評価

み

映画(628)
ドラマ(8)

人数の町(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

設定が面白い。社会にはこういうカラクリがたくさんあるんじゃないかと、あとからあとから考えが湧いてくる感じ。性欲、食欲、睡眠欲、承認欲を薄く満たすシステム。社会で生きてく意欲が無くなったならば、あれで足>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.6

見てる間心洗ってもらえた…良かった。
ファンタジーと現実の絶妙な間にいる星ばあ、桃井かおりさんげきハマり。

あのネズミを描いた子が……笑

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.0

パントマイムのコツは「ないということを忘れる」

とりあえず真実は?!と思ってしまうけど、噛めば噛むほど解釈がスルメ。

汚い生活感のしみついた部屋や車がまじで汚くて生活感ありすぎ。
不気味な音も美し
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.5

男尊女卑、学歴社会、理不尽で息苦しいシステムの社会や家族。94年韓国が当時どうだったか、日本がどうだったか、知らなくても伝わる描写。
始めのシークエンスでもう心持ってかれちゃって…団地!
それから派手
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

家族ものって話によっては心抉られる事あるから避けて見てなかったのさ。けどもメキシコの死者の日の祭り興味深かった。
あとはなんといっても曲が良すぎる!
音楽で記憶物凄い呼び起こされるときあるよねー

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.0

テレビシリーズに夢中な子供(子役)が、スーパーアイドル俳優にファンレターを書いたら、なんと文通が始まった!なんて夢のある(?)ストーリー。

クザヴィエ・ドラン監督が昔ディカプリオさんにファンレターを
>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.7

映画撮ってないと生きてけないって。クールでデキスギくんなイメージだったのが、情熱が溢れまくって奢ってなくて現場好きすぎる青年に、好感度もともと高いけど爆上がり。

見たことある印象的な俳優さんたちのイ
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.0

19歳でこれを撮るってどういうこと!
その後の作品で何度も扱われるテーマ、子から見た母の存在(受け入れ難い/愛さざる得ない)について、濃さ強烈。このテーマ刺さる派ですが、なかなか大衆的でないだろうによ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.7

け、ケチい…ケチケチエピソードが最悪で面白い。もはや犯人より憎く見える!犯人結構マヌケだし。
身代金て値切れるんね、そうこうしてるうちに孫あんな目にあってるけど🤭

映画見終わってから、ゲティ家ググっ
>>続きを読む

オタク・レボリューション(2017年製作の映画)

3.5

革命はわりと前半。そこからは悟りの境地に向かってくではないか(笑)

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.3

モリーとエイミーのやりとりが下ネタ多いが面白すぎ!
悪口言われてても跳ねのけるモリー、遊んでる同級生がエリート校に進学すると知って愕然とする顔最高だ

遊んでる高校生とはいえ、この学校の生徒たち多様性
>>続きを読む

オキュラス 怨霊鏡(2013年製作の映画)

4.2

メンタル操られるホラーは映画向きだ〜
自分が思ってもいない行動しちゃってるってめちゃくちゃ怖いじゃん
お姉のやる気満々の行動力もやっぱり…

女は女である(1961年製作の映画)

3.6

カップルにありがちなすれ違い、ちょっとはわかるけど彼女の猟奇的でうんざりする言動。
ふつうに見させられてたらうんざりなはずだけども、お洒落な色、アーティスティック過ぎてついてけないBGM、突然の繰り返
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

パパなんでワニの生態に詳しいんだ。
だからってお前ならワニより早く泳げる!って行かせるなや🏊🏻‍♀️🐊
チビワニ可愛かった。

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

どろどろぶくぶく具合が気持ち悪い!(作るの楽しそう)

泣き虫ゴーゴーダンサーの色気と、足無くしてからのカッコよさ〜柔軟性活かしてトリガー引くかと思いきや、活かさない(笑)
注射器を武器にする女医さん
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.8

子供の頃、我も英会話教室で名前与えられた…なぜかロシア人の名…で、先生は日本人だったけど(笑)

言語よりアメリカ人のコミュニケーションとか感情の出し方とかを身につけさせられてる〜なんだこのとんでもや
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.3

女子のダラダラ続くお喋り。足と尻。
変態!サイコパス!グローい!

後半の女子たち大好き。
「シップ・マスト」(…この時点でなんのこと言ってるか不明)をやるかどうかの揉め具合がとてもくだらない!楽しい
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.0

フランスの牧場での一件、緊張感たっぷりで、ナチとランダ大佐への怒りをがっつり抱かせる!
クリストフ・ヴァルツさんの言語能力、ニヤニヤした顔が怖い〜

バスターズの変態的なやり方。格好良いようでめちゃめ
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

井の頭公園には微妙な関係の二人集まりがち♪
オンライン試写会、良いですね〜
スクリーンで見たいけど自粛してるのでとてもありがたい。

男子目線、こんなピュアですか!
部外者から見るといらっとするイチャ
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.7

胸糞悪い奴らの胸糞悪さがすごい!
撃ち合いの激しさと、吹っ飛びぶりが最高!

キャンディが手に怪我したシーン、やつのヤバさ満点。
(最初見たとき本当にディカプリオさん怪我したと知らなくて。いつの間にか
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.0

自分の周りのリスク鑑みると電車に乗って外出できない(出勤はしないといけないのに!)。イライラ、モヤモヤ……で、ゾンビばっかり選んでいる🧟‍♂️

妹、成長期やね!しかも思春期!高圧的な父風のおっさんと
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人間の弱いところ出ちゃって、パパはママを助けずに逃げちゃった!
帰ってきた子ども達に「どうすることもできなかった」と説明するも、
ママは実は特別な遺伝子のお陰で感染したまま生きてた!
つのるパパへの不
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

音に反応するゾンビの特性聞いただろうが!普通に軍隊の勤務中はマナーモードじゃないのか!
そのくせ何となくで他人の腕ちょんぎるなや!
危険物機内持ち込み禁止!使うな!どうなるかわかるだろうよ!
おぬした
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.8

いや、シャークケージダイビングに向かう動機!
元彼「サメ🦈ウォッチングする女はオモチロイからやっぱりヨリ戻そうぜ🙆‍♂️」
なんてなるわけあるかい(笑)
業者でもなさそうな怪しすぎな船長についてくなや
>>続きを読む

シークレット・チルドレン 禁じられた力(2015年製作の映画)

2.5

ん?テーマは虐待親の支配からの脱出かね

ティモシーさんが可愛い。それが見たかった。

つぐない(2007年製作の映画)

4.0

ブライオニー目線のカットと客観的カットが繰り返されて、不思議な構成。効果的。

シアーシャ・ローナンさんが、もうこの歳で、雰囲気が完成されている!しかもあどけなさがかんわいい!
色気づいた姉、キーラ・
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5

お美しい…
ホラーにありがちなチャラい人が出てこないから、なんか上品(?)でした!検死官親子にもドラマがあって。

検死といえばアンナチュラルや朝顔が思い出されちゃって事件解決したくなってしまいました
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.5

2Dで。一人で映画館で3Dで…行く勇気は無かっただろう、仕方ない

スプリングブレークで浮かれきった若者(ばかもん)たちがピラニアにばくばく喰われてて気晴らしになった!もはやピラニア関係ないうげえ〜な
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.0

「エンターテイナー」が軽やかで良い〜この曲が映画の雰囲気支配してる。

意外と死なない(1999年製作の映画)

4.0

スポンサーとか全国でかかるとか、そういうある種制約つく前の作品で、大九明子監督のぶっ飛んでる所が鮮明に!倫理観狂ってる感情がギリギリ表出しない(ちょっと出てるか)までも、ずっと体内でぐつぐつしてる感じ>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

自分で精一杯、自分に夢中な男と女。ウディ・アレン監督にかかれば軽〜くて、ちょいロマンチック。
ウディ・アレン監督の恋愛てやっぱり羨ましくはない(笑)最初から会話噛み合ってなかったもんね。雰囲気で持って
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.8

軽やかで目に鮮やか。恋愛模様はどろっとしてるのに、重さあんまなし!羨ましさはなし!笑

甥っ子ボビー。ぼけっとしてるようで、結構人に好かれて上手いこと生きてるなあ〜。NYに帰ってナイトクラブ経営に成功
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

飽きない展開だし、これでもか〜ってくらいセクシーでオシャレ。ANNA役サッシャ・ルスさん可愛い。
ファンの美味しがるところ突いてきてる。ニキータの美味しいところを残して、ロシア美女に、組織闘争に。
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.5

エジソン、名声にこだわりがち!
交流式のネガキャンがきったなー(笑)
伝記とか読んだことなくて、キャラクターが新鮮だった。カンバーバッチさん、クセ強い天才が似合います。お子とモールス信号するのはキュン
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.3

暗い気持ちになる映画かなーと思ってなんとなく後回しにしていた。けど結果的に癒し効果が抜群だった!

壊しちゃいけない、やっちゃいけないと思われること、他人からおかしいと思われることも、ある言葉をきっか
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

牧歌的なゾンビ映画〜
いや、起きてることはやはりちゃんとやばいのだけど、人間の反応がゆるめ。
自分も物質主義で薄っぺらい欲にまみれたゾンビみたいだな〜と🧟‍♀️ゼルダに会ったら一刀両断されるなあ。
>>続きを読む

>|