みさんの映画レビュー・感想・評価 - 11ページ目

み

自分が好きかどうかを残しています。ときどき喰わず(見ず)嫌いなのもトライします。

映画(463)
ドラマ(7)

君の名は。(2016年製作の映画)

4.1

アニメだからこそできる、爽やかなエンターテイメントでした!アニメ映画苦手意識があったけど、この作品は風景とか光とか空とか本当に綺麗で見惚れた。。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

4.0

この4人、まだまだ見たい。。
ひとりひとりのキャラが際立ってて、オタク女子っぽくて熱い感じで。
なぜか大事にされてるあほイケメン、ケヴィン(笑)

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

男子目線の青春はなんか気恥ずかしくて面白い。
妄想のダンスパーティシーンが最高でした。

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

4.2

とにかく水の中の奥行きや光がすごい。

今回はドリーの「すぐ忘れちゃう」とこに焦点を持ってきていて、大人も考えるところが。基本コミカルなので重くないのがいい。
ニモを見た時は子供でしたが、また見たら違
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.2

こんな友達、こんな毎日、学生卒業したらないよなあと羨ましく笑ってました。
家のテレビでくすくすしながらも一度見たい。

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

4.0

キョンキョンの長台詞からの
遠くを見て言わないで!
がツボでした

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

コメディなんだけど、終始これ笑って良いのかな?と。ヒトラーに、試されてるような気になる。
ナチの絶対の悪をもう繰り返さないって言い切れる?
見終わったあとにグサグサくる映画でした。

ヒトラーがドイツ
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.0

なんだかんだで、見たあと気分がいい。
後半の展開が気の抜ける感じだけど、エンドロールで持っていかれた。

神木隆之介のなんか痛い高校生役、11人もいる!以来でよかった。

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

4.4

シリアスなテーマ?と思いつつ鑑賞したら、洋風のシュールなブラックコメディ、さらにラブストーリーに発展。カーチェイスあり(笑)。最後はもうひと展開あって、思わずじんわり。よかった。

神様メール(2015年製作の映画)

4.0

エアが可愛すぎて、無垢でたまりません。神様は人間くさい(?)だめオヤジだし、女神様はゆるくて、キリスト…笑
ブラックコメディ要素がちりばめられているけど、余命を知った使徒の生き方とかは、じんわりくる。
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.9

こんなはずじゃなかった、っていう気持ちは中年になったころが一番ひしひしと感じるのかもしれない。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.8

何が良かったって
大泉兄さんがちょくちょく笑わせてくるところ。
その作り方、反則!まだやるか(笑)って。
ゾキュンから逃げて、タクシーに乗って、、撮り方と流れがテンポ良くて、ほほーうとなった。

原作
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

4.2

韓国版を見て、面白いことはわかってるけど、ふたたび面白かった。
ファッションと音楽が素敵で可愛くて、多部ちゃんに見惚れる映画。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

初の性別適合手術を受けるまでの、リリーの葛藤と決心。夫が変わりゆくのを受け入れてあげたい、でも愛する夫がいなくなる。ゲルダの心が本当に切なく、苦しい。
街とか天気などの風景、色味、ドレスの質感とかが本
>>続きを読む

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.8

街や家やお店の雰囲気は、THEアメリカのクリスマスって感じで憧れのまなざしで見た。みんな家族に言いづらい隠し事があって、でも家族団らんのクリスマスにするために取り繕ったりしてる様子はTHEアメリカのコ>>続きを読む

ほとりの朔子(2013年製作の映画)

3.9

ポスターの背景と、二階堂ふみの格好で、見る前はちょっとホラーかと思ってました(笑)
とてもとても夏の匂いのする、懐かしい雰囲気の映画でした。子供の頃の夏休みを思い返さずにいられない。

登場人物たちは
>>続きを読む

ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る(2014年製作の映画)

4.0

場所場所の公演で、合唱が入ったり、協奏曲でソリストが入ったり、音楽物語の語りが入ったり。いろんな形態の演奏シーンが見応えたっぷり。
プロオケの奏者は舞台の上ではクールに演奏しているけど、奏者のインタビ
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見たあのときは軽くトラウマだったけども。
それからしばらくして、なんだかはちゃめちゃな映画が見たい気分、、あ!この作品があった!って事で、見返してみた。

もう血は水のように流れるし、手足首飛
>>続きを読む

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

3.0

宮崎あおいの振り切ったぶりっ子も、どすの利いたキレっぷりもいい!どっちも嫌味なくできるのはこの人だけだなあ。
サケロックの3人が人気バンドの役で、おおー。と思ったら、その後出てくるお巡りさん(笑)

信長協奏曲(2015年製作の映画)

3.6

ドラマもちゃんと見ていないけど、
気楽にSF時代劇アクションラブを楽しめるエンターテイメントでした。
小栗旬の2役?が両方楽しめて満足!

俳優 亀岡拓次(2016年製作の映画)

3.0

亀岡拓次ってこういう人なんです。脇役俳優ってこういう人なんです。こういう感じで仕事してるんです。こんな妄想してるんです。って紹介が続く感じで。
中年脇役俳優の雰囲気は味があるし、麻生久美子はかわいいし
>>続きを読む

グッド・ストライプス(2015年製作の映画)

4.0

最初のふたりの雰囲気だと、仕方なく結婚して、ストレスフルな生活を送るのかと思いきや。

羨ましいふたりだなあ。このカップル妙に親近感と憧れを感じた。
さっぱりした役どころがいい

69 sixty nine(2004年製作の映画)

3.1

小ネタやら妄想シーンがちりばめられて、このテンポの良さクドカンだなあ。。

猫なんかよんでもこない。(2016年製作の映画)

3.1

猫ってちゃんと帰ってくるのか、ずっとそわそわしてしまう。犬を室内で飼ってる派としては。
市川実日子と猫が似合いすぎる。

天国はまだ遠く(2008年製作の映画)

3.2

大きなストーリー展開とか、あんまりシリアスになりきらないとか、そういうバランスを狙ってるのか
だとするとキャストのいつものテレビの芸人姿を思い出しちゃうもんだから、クサイ演技に見えるのは仕方ない、かな
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.8

ロッキーは見たことがなくても、わかりやすいストーリーで、しかも、ロッキーのテーマが流れた瞬間の胸熱さ!

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

3.9

真冬に、真夏の青春を見返す。
俳優さんの若き頃を見るたのしみも増している。。玉木宏、ウォーターボーイズでのアフロから、まさかのちに千秋先輩になるなんて(笑)