たぐはさんの映画レビュー・感想・評価

たぐは

たぐは

  • List view
  • Grid view

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

4.3

グザヴィエドランに出会えて、フランス語をやってて良かった!!!と涙が出た。彼は才能とセンスに溢れている人間だと思うけど、それ以上に映画への愛と探究心、無邪気な執着心があるからこその成功だったんだなあ。>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

「ま、そんなこともあるって。」って励まされるような映画。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

殺し合いを見て「お洒落〜〜」って思ったの初めて。笑

となりのトトロ(1988年製作の映画)

-

絵がリアルというよりも、刺激⇄反応のプロセスがリアル。

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

-

子どもを演出しているのではなく、環境を演出している映画。子どもの表情はホンモノ。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.0

思ってたよりめちゃよかった。ブラピ、フランス語こんなにできるのね、、、

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.3

なんで、なんで?ってずっと思いながら観た映画。アランカミングの身振り手振り、表情は本当に母親のそれのようで美しい。悲しかったなあ。

サンバ(2014年製作の映画)

4.0

個人的にはポルトガル移民扱ってるのがリアルだと思う。

ターミナル(2004年製作の映画)

4.2

すきなんだよなあ。このトムハンクスの演技はすごい。

セッション(2014年製作の映画)

4.0

白熱!すごい、ドラムって映画の緊張感出すのに持ってこいの楽器だ!と思った。せんせーはまじで鬼なので私は絶対3分で脱落する

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

今も死ぬほど美しいけどやっぱこの時のナタリーポートマンの可愛さには心抉られる。。。こんなにチョーカー似合う人は当時の彼女かエスターしかいない

リンカーン弁護士(2011年製作の映画)

3.8

これ最高にかっこよくて結構すき。マシューマコノヒーをリンカーンの車に乗せてヒップホップ流した人天才か?

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.7

マシューマコノヒーに尊敬の念が止みません。彼本人かどうかも疑う程ガリガリに痩せてまで、この役を演じ切った意味が十分あるし、伝わる。役作りを考えただけで感動する。私これみんなに見て欲しいんだよなぁ

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.6

素晴らしいと思う。こういう映画を観て単純に酷いね、悲しいね、もう繰り返しちゃいけないねって思うことが大切なのではないかな。私たちの身近にはなかった、目を逸らしたくなるような現実を歴史映画は教えてくれる>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.2

悲しいけど最後は人間の証ってことになるのかもしれない。ベネディクトカンバーバッチは変人役がよく似合う。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

キーラナイトレイがみずみずしくてキレイでそれでいて儚くて心に残った

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

4.2

私はこの映画、くだらなくはないし一周回って上品な映画だと思ってます。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.0

3年前にTuchais先生のこの映画に関するブログを訳して、グザヴィエドランに興味を持った。ということで大切な作品。
首絞めシーンに言葉に表すことのできない恐怖と興奮を覚えた。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.3

かっこよすぎるイーストウッドとモーガンフリーマン、、。モ・クシュラ!悲しいけどすき。愛を見た気がする。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.2

« je tournerai toute ma vie des films qui seront aimés ou non. Mais comme disait Anatole France :" j>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.8

教室のシーンは忘れられない。服は降ってこなくていいなあと思うけど。笑 TU AS FRANCHI LA FRONTIÈRE DE MA VIE.

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.6

視線がいい。立派なオブジェクションの表現方法。こういう映画がもっとあればいいのにと思う。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.6

これ見てから就活だったので、面接前にはアールイズウェルアールイズウェルやってました。

おとなのけんか(2011年製作の映画)

4.6

最高。みんなこうやって喧嘩しよ。クリストフヴァルツが仔犬みたいになったところ一番好き笑

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

開始10分でめちゃくちゃ疲れた。映画館で観てよかったと思えた映像美。今でもいくつか思い出すシーンがあるなあ

インセプション(2010年製作の映画)

4.6

ノーラン監督の頭の中はどんな要素で構成されているのー。

>|