たぐはさんの映画レビュー・感想・評価

たぐは

たぐは

グザヴィエドランと「ギリ魚座」という共通点で意気投合するのが夢です。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

いやに評価が高くて気になってた。キングスマンみたいな若さとお洒落さがあってかっこよかった。けど恋愛要素の部分が絶妙にダサい。笑

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

やっぱノーランの映画の静けさが好きだ。今回は静かで息苦しい。あんな素晴らしいフィクション撮り続けて、次はシンプルなノンフィクション戦争映画かー、意表ついてくる。。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(原題)(2017年製作の映画)

4.5

スティーヴカレル、老けた?と思ったら本人に死ぬほど似てて笑った。さすが。笑
テニス界の男女平等をマッチで実現に近づけるたまらん展開。話がシンプルで分かりやすいし、くどくない。同性愛は、まだまだといった
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.7

いいなあ、いいなあ。。心が震えた。素晴らしい映画だと思います。人生を無駄にしない。前進。それぞれ違うから良い。それにしても村のおばちゃんたち最高に可愛い。全然保守的じゃない。笑

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.8

お洒落じゃない部分が見つからない。笑
この年代の時、全てのことが重大で深刻だった事を思い出す。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作からだけど、アクションシーンの時は「あ〜〜うまいよ〜〜かっこいいよ〜〜ずるいよ〜〜悔しいよ〜〜」と心の中で踠く。。ほんと、思いつきそうで思いつかないおっしゃれーなアクション。すき。オープニングから>>続きを読む

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー(2015年製作の映画)

3.0

セスローゲンとジョセフ・ゴードン=レヴィットの組み合わせすき。JGLがめちゃめちゃにタイプなのでマイリーとのシーンは手に汗握りながら拝見しました。

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

3.0

ヒースレジャーとジョセフ・ゴードン=レヴィットにまんまと落ちる映画

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.5

本の著者も役者も製作者も視聴者も「この部分は大丈夫か、、?」ってハラハラしながら作ったり観たりしてそうなのがイイ。笑 移民、貧困、テレビ、民主主義等かなり問いかけてくる、皮肉映画。すき!

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

4.3

かっこいい。もっとドキュメンタリーぽいかと思ってたら、ジョセフゴードンレヴィットの語り口を主として結構エンターテイメント。こういうクレイジーで前人未到の偉業を成し遂げちゃう犯罪者を賞賛する感じ、いいな>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.5

「しんどいなー、きついなー、でもやんなきゃ、大切な人もいるし、情熱もあるし、でもちょっと休ませて、あしたはがんばるからー。。よし、やるか。」の表現がうまいなあと思う。ブリーラーソンは。
この子たちには
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.9

2度目。聴かせる挿入歌、聴かせる言い合い。1度目は普通にストーリーに感動して、2度目は撮り方にゾクゾクした。ゆっくりゆっくり下方から女性の体を映すエロス、美しい、白くて青いスティーヴの横顔。個人的に、>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.6

息を飲む美しさ。コリンファースのイメージは「紳士」だったけど、ここまで妖艶な雰囲気を纏えるのか。美しい。本当に美しい。今まで見た中で美しさは一番の映画かも。

ソナチネ(1993年製作の映画)

-

たけしさんの白いシャツ。みんなアロハシャツではしゃいでるのに、彼は白ではしゃぐ。

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

4.3

グザヴィエドランに出会えて、フランス語をやってて良かった!!!と涙が出た。彼は才能とセンスに溢れている人間だと思うけど、それ以上に映画への愛と探究心、無邪気な執着心があるからこその成功だったんだなあ。>>続きを読む

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

3.5

意外と良い映画なのでは、、?と、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの肩を持つ

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

「ま、そんなこともあるって。」って励まされるような映画。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

殺し合いを見て「お洒落〜〜」って思ったの初めて。笑

となりのトトロ(1988年製作の映画)

-

絵がリアルというよりも、刺激⇄反応のプロセスがリアル。

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

-

子どもを演出しているのではなく、環境を演出している映画。子どもの表情はホンモノ。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.0

思ってたよりめちゃよかった。ブラピ、フランス語こんなにできるのね、、、

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.3

なんで、なんで?ってずっと思いながら観た映画。アランカミングの身振り手振り、表情は本当に母親のそれのようで美しい。悲しかったなあ。

サンバ(2014年製作の映画)

4.0

個人的にはポルトガル移民扱ってるのがリアルだと思う。

ターミナル(2004年製作の映画)

4.2

すきなんだよなあ。このトムハンクスの演技はすごい。

セッション(2014年製作の映画)

4.0

白熱!すごい、ドラムって映画の緊張感出すのに持ってこいの楽器だ!と思った。せんせーはまじで鬼なので私は絶対3分で脱落する

>|