さささんの映画レビュー・感想・評価

ささ

ささ

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

自分が女だからどうしてもゲルダの方に感情移入して観てしまった。自分だったら変わっていく夫を受け入れることができるのか、変わっても深く愛することができるのか、、なんて考えた。
ただ、アイナーがリリーとし
>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ドラマよりもスケールが大きくなっていたけど、に時間スペシャルでもよかったかなあ。夫婦息のあったアクションがかっこよかった。
小日向さんがちょい役で終わるわけがないと思ってたよ、、

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.3

どこまで実話なのか分からないけど、あの日命をかけて原発事故を防ごうと奮闘した人々がいたことを知れてよかった。一歩間違えたら被曝するなんて、考えただけで恐ろしい。
まだまだ課題は残るけど、無事に廃炉でき
>>続きを読む

亡国のイージス(2005年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

登場人物が多すぎて、深掘りできず薄くなってしまった感。演技上手な人たくさん出ていたから、もう少し迫力あるものになれば良かったと思う。
それにしても、先任伍長は体力おばけで幸運で色んな意味でパワフルすぎ
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.7

とっても面白くて元気が出る映画。オンラインに不慣れだけど、元営業職の巧みな話術で未来を切り開くおじさん2人が逞しすぎた。笑
これから先どんどん情報化が進むだろうけど、人との繋がりを大事にしたいと思う。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

石田ゆり子がとても美しかった。
内容は、良くも悪くも大人な恋愛というかんじ。
「人は変えられるのは未来だけだと思ってる。でも実際は、未来によって過去も変えられるのではないか。」というようなセリフがあっ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

志尊くんと千葉くんがかわいい。
最後は予想通り純粋にピアノを弾く人生をとったんだなあ、と思いきや、騙された。すべては総理大臣になるため、、笑
賢い人同士のバトル、そして題材はみんな経験する生徒会長選挙
>>続きを読む

シャトーブリアンからの手紙(2012年製作の映画)

4.0

淡々と進む物語が恐ろしさを増長させた。
明日には釈放される人も?近日中に釈放される人も?17歳の子どもも?と思いつつ、誰もそれを止めることはできなかった。上の命令に逆らうなんてできないよなあ、、だから
>>続きを読む

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

3.5

原作を試し読みしたことがあって、その後の展開がずっと気になってたので、最後まで知れてスッキリした。ラストは予想できる展開だけど、主演2人の演技が可愛らしくて楽しめた。
たまには爽やかな作品みるのもよい
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.7

とってもリアルで、自分も戦場にいるかのような感覚。終始緊張が止まらない。画面の中に映る全てのものが悲惨さ、過酷さを伝えていて、怖すぎて泣きそうになった。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.6

リアルで重くてつらい。ずーんとくる映画。
最後のまりこの表情はとても良かった、、

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

3.2

イタリアのコメディ初めてみた〜
異動する場所で上手く適応できる主人公すごい。

罪の声(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

総一郎が言った「あなたはどんな人生を送ってたんですか?」って質問、見ていて辛かった。同じ犯罪に利用された子どもでも、こんなに運命が違うなんて。俊也が何故これまで普通に生きてこれたのか不思議。
自分の怒
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

コメディらしく笑えるシーンもあり、最後はほっこりする映画。半袖半ズボンのスーツのおじさんが気になる。

風をつかまえた少年(2019年製作の映画)

4.0

ごはんを食べることも、教育を受けることも難しい暮らしの中で、現状を打開するべく行動したウィリアムはすごい。
干ばつが続いていた畑に水が流れた瞬間、とっても感動した。

望み(2020年製作の映画)

3.8

ずっと苦しくて重い。被害者か加害者か何もわかっていないのに、マスコミやSNS上での嫌がらせがひどい。家族の周囲の人間も、加害者だと決めつけた態度。どちらの結果でも悲しい現実。見ていてつらくなる。
我が
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.4

浅田家みたいな家族って素敵。家族写真っていいなあ、って思った。

ニノの演技がとても好き。表情や声に感情がよくあらわれてた。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本格的な林業の風景と、良くも悪くも田舎らしさがちゃんと描かれていてた。コメディだけど、見やすくて良い。季節の移ろいの表現がとても綺麗で好き。
主人公が山の男らしく成長する過程がよかった。山の恵みをその
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

90歳を超えても消えない恨み。理由は何でも、家族を殺されるということはそういうものなのかも。
本当にマックスと約束していたのだろうか。これも彼の作戦?

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.7

話が進むに連れ、少しづつ理解が深まって面白かった。けど、難しすぎる。2時間半では足りない。(もう一度見る体力はない)

ジェニーの記憶(2018年製作の映画)

3.7

綺麗な思い出のまま、愛されていたんだと思い込んでいるからこそ、自分は被害者じゃない、と言うシーンが辛い。それ以外にも辛いシーンが多くて、うまく言語化できない。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

4.0

病気の正体が分かるまで、すごく長くて見ていてしんどかった。世の中にはまだ原因不明の病気や病名がわからないものがたくさんあって、見つけてもらえたスザンナは幸運だったと思う。
発作の演技とか、どんどん病気
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.3

ネガティブだった時とポジティブになった時の差がすごい。他人の目を気にせず、自分らしく自然体でいる人って魅力的にみえる。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

オギーに触れて、周囲がいい影響を受けてどんどん変わっていく様子が素敵。何度でも見返したいと思える映画。

最も偉大である人は、自分自身の魅力で多くの人の心を動かす力を持っている。オギーは確かに偉大だっ
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

時には嘘も必要なんだと思うけど、嘘を言われるのはやっぱり好きじゃない。
芥川や太宰のようにならなくてよかった。

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.2

戦闘シーンは迫力があって面白かった。
日米双方の視点からのミッドウェイ海戦だと思っていたけど、実際はほとんどがアメリカ視点。日本の視点がもう少しあれば面白くなりそうなのになあ、と思った。

軍事施設じ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールにあった記事掲載後に同様の事件が発覚した都市の多さと鳴り止まない電話が、この事件の闇を表しているな、と思った。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.7

成田凌の演技がすごい上手でひきこまれた。
「心底惚れるって、その人だけが例外になるんです。」って、本当にその通り。2人ともお互いが例外になってたんだなあ。

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自閉症児のケア施設の実話に基づいたお話。重いテーマだけど、重すぎずだったので見やすかった。

正義の声は無認可で赤字経営しているけれど、誰も受け入れてくれない重度の自閉症児とその家族や関係者にとっては
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.2

とってもピュアな恋愛。ずーっと真面目に大人しく生きてきた自分の殻を破った健太郎、すごくいきいきしてて人間らしくなった気がする。

弱虫ペダル(2020年製作の映画)

3.5

疾走感があって良い。
永瀬廉はかっこよすぎてドアップでうつるとオタクに見えないけど、ひめひめ歌ってるの可愛すぎた。
自分が輝ける場所に出会いたいなあ。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.2

香川照之の演技がよい。
予想できない展開で面白かった。

君に届け(2010年製作の映画)

3.0

爽やかでみんなの人気者の風早くんがこんなに似合う人、三浦春馬しかいない。

>|