ツボックさんの映画レビュー・感想・評価

ツボック

ツボック

  • List view
  • Grid view

キャラクター(2021年製作の映画)

3.7

邦画にしては描写がハードでよかった。

最後、夏美たちはどうなるのかあえて見せずに観客の想像に任せるスタイルね

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.2

成田凌が好きだから見に行ったけど、後半からぶっ飛び展開になってわろた。

これで「愛がなんだ」「街の上で」に続き若葉竜也3連発、この俳優さん応援しようかな

街の上で(2019年製作の映画)

3.5

こーゆー群像劇めっちゃ好き。
見終わったあと下北に移動して珉亭でラーメン食いました笑

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.2

もういい年したオッサンだからこんな恋愛できないけど、最近よく成田凌みるなー

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

出演陣豪華。
殺陣のシーンも現代風だなーと思ったけど真剣佑と瀬田宗次郎登場には胸アツだった

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.3

今月20日に閉館するアップリンク渋谷の最後の鑑賞になった。
タイムリープ物は食傷気味だけど明るいトーンの映画は好き、また観たい

メランコリック(2018年製作の映画)

3.5

アマプラで話題になってたので鑑賞。
主人公のオタク青年が上手だったしヒロインの子もよかった。
日本はこーゆー低予算ヒット映画のほうがうまく作れるんじゃなかろうか

ホムンクルス(2021年製作の映画)

4.0

原作の漫画がめちゃ好きだった。

まさか実写化されるとはと思ってたけど、なかなか忠実に再現されていたのでないでしょうか。

相変わらず狂った成田凌最高すぎ

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

出演陣が豪華。
松岡茉優は「勝手にふるえてろ」がツボだったので推し女優。

就活のとき出版業界志望だったからなんとなく勝手に懐かしくなったw

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.4

日本とアメリカでは文化も国土も全然違うから、100%感情移入できるかと言われると出来なさそう。
雄大な自然はアメリカならではだし実際にノマド生活をされてる方たちが実名で出てたけど演技未経験とは思えない
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.8

こーゆー救いのない理不尽悲惨系映画好き。
街並み(といっても全く同じ家がひたすら並んでるだけだが)もシザーハンズみたいでよかった。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.2

高校1年生のときにラブマシーンがリリースされたからもろにモー娘。世代なんだけど、あややはザ・アイドル然としすぎてて好きになれなかった記憶がある。
「このエピソードいる?」と思ったけど、原作者の自伝的作
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.3

この映画はそもそも鑑賞者をバカにしている。終電逃した若い男女がそのまま居酒屋に行って共通の趣味で意気投合してお付き合いに発展するなんてリア充イベント、今までの人生でありましたか?とりあえず言いたいのは>>続きを読む

おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

二股相手が妊娠とか同じグループ内で浮気とか、普通なら即解散(それどころか刃傷沙汰になってもおかしくない)なのに最後みんな仲直りしてきれいに終わってて笑った。

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

2.8

よく寝れました。

終わったあと拍手する人いなくてよかった(ガラガラだったけど)

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.2

前作の評価が高かったので2021映画初め作品。

前作のヒューマン展開はほとんどなし、途中はバイオハザード、終盤は完全にマッドマックスで映画館内で1人でゲラゲラ笑ってた。

最後、あの母親は映画的には
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.5

クリスマスが近づくと観たくなる映画の1つ。
AV撮影のエピソードさえなければ家族や付き合いたての恋人とも観れるのに、あのシーンになると微妙な空気が流れるであろうことが容易に想像できるから面白い。
しか
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

3.4

春馬君がアップになるたび泣きそうになった。

おおむね配役には文句はないけど、西川君が出てくるたび、いつ「消臭力~♪」と歌い始めるのかワクワクしてたけど、ついぞ歌うことはなかった。

コロナ禍で一気に
>>続きを読む

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

3.3

グランドホテル形式と呼ぶには些かホテルの規模が小さいので、ミニホテル形式かな。
安田顕って俳優好きだわー

最後、ホテルの看板に明かりがつくよりは消えるほうが好み

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.4

うまく言葉で言い表せないけどなんかすごい映画だった(小並感)

そのシーン必要?みたいなシーンにも異常性を感じるしたまにはこーゆー映画もいい

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.8

これは草彅くんのベスト作品じゃなかろうか(ほかあんまり知らないけど)

(2020年製作の映画)

3.1

夜の2時にバルトで1人で観たので貸し切りかなと思いきや、カップルが1組。
映画館貸し切りへの旅は長い。
小松菜奈がカツ丼食ってるシーンを見てカツ丼食いたくなった。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

俺の脳ミソでは理解できなかった。
いや観る前から1回じゃ理解できんやろなーと思ってたから2回目の黄昏に生きることは想定の範囲内だったのだ

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

6年前ってIMAXあったっけ?
普通のスクリーンで観た記憶あるけど、これを再びIMAXで観られてよかった。
途中、ちょっと冗長なところもあるけど…

テネットがマジで楽しみ

アス(2019年製作の映画)

3.6

ゲットアウトが個人的にめっちゃ良かったので期待して観てみたけどちょっと期待しすぎてたかもしれない…

と思って解説やネタバレを見たら180度変わりましたw

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.7

期待してた以上によかった。

フローレンス・ピューが花飾りをかぶせられるシーンは完全にミッドサマー狙ってるよねw

みんなハマリ役だったんじゃないでしょうか

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

中学生のときに映画館で観て、衝撃を受けて映画好きになるきっかけとなった作品。
トータル30回は観てるな…

20年以上ぶりに映画館で観たけどいまだに全てのセリフを暗記してるわ()

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.4

ワニに噛みつかれたらあんなもんじゃ済まんやろ、ってシーンもあったけど(簡単に腕がちぎれたりもするけど)まあまあ満足。
こーゆー映画に下手な家族愛とかいらないんだよな、こっちはモンスターを見にきてるんだ
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.0

いろんな透明人間の映画があると思うけど、光学迷彩の透明人間は新しい?
今まであったっけw

俺が観たのはケビン・ベーコンのやつだったかなー

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.0

YouTubeのヒーリングミュージックチャンネルを2時間観てる気分になった。

個人的には父親をガンで同じような感じで亡くしてるので、そこだけ共感できた。

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

古き良きゾンビ映画。
昨今流行りのゾンビが走ったりしないし。

メタ描写も面白いし、アダム・ドライバーが「スター・ウォーズ」のキーチェーンを出したときのやり取りは笑った。

「アルマゲドン」で初めて見
>>続きを読む

>|