ibukoさんの映画レビュー・感想・評価

ibuko

ibuko

映画は映画館で
自分の記録用と予習、復習にも

映画(66)
ドラマ(0)

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

4.1

冒頭の戦場の場面、リアルで迫力あり。だからか、おとぎ話っぽくもありながら重厚感あり、引き込まれた。

たくさんの仮面が滑稽でもあり悲しくもある。これでよかったのよね と思えるラストにポロポロ泣けてし
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

バーフバリ!バーフバリ!!
すごい!すごい!!
あまりのあり得なさに笑える。
でも泣けた。
色彩鮮やかで派手、迫力は半端ない!
圧倒される。
すごいわ、インド映画!
観れて本当に良かった~(^o^)v

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.4

1週間 日替わり上映の初日に観賞。
雄大で壮大な風景。
序盤の滝登りから引き込まれ、観ながらテンション上がり、圧倒された。なんだか疲れた。(いい意味です。)

やっぱりすごいわ、インド映画。
えっ、
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.9

いいご夫婦、いいご家族ですね。
お母さん、とてもかわいい人。
父を通して自分の家族、人生と向き合う娘たち。
実際、認知症の人の介護はとても大変なこと。
自分の場合は…重ねてしまいます。
考えないといけ
>>続きを読む

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

3.4

これまで知りませんでした 疎開保育園。
でも 映画だから 女優さん達だから仕方ないのか。いろいろキレイ過ぎて(^^; 食料事情とかにしても 大変だったでしょうに。(まぁ 戦争映画だからって悲惨
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.2

面白かったー!
よく作りましたね、こういうの(^^)
キャスティングもすごいし。

地方都市に住む者からしたら関東圏の埼玉県は都会のイメージです(^.^)
他県バージョンも作ったら面白そう(^-^;

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.9

これは戦争ではなく戦闘。なるほど。。
もちろん架空の話だけど、現実にはどこまで可能なんだろうか?自衛隊の装備とか技術とか。そんな事知らない…。
今の国際情勢、もし現実となったら、と思うとゾッとする。考
>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.2

施設を抜け出して来たんでしょ。本当に子供のことを思うなら、送り返すんじゃないの って思って最初から違和感。
誰に会うかわからないショッピングモールになんて連れて行かないでしょ!家が荒らされてるんだから
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

3.7

「バイス」を観ていたので その裏側というのでしょうか。ふ~ん。。という感じで。いかにして真実を伝えるか。報道されることを信じるもの。。新聞記者のお仕事の大変さ。

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.7

イギリスの田舎街 風景がキレイ。そして皆、オシャレ。ゆったり静かに丁寧に描かれて。
色んな困難を乗り越え夢を実現する女性のお話 と思っていたのですが…。(そうなんだけど ラストは違っていた。)
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.4

社会派エンタメとあるけどドキュメンタリーみたい。テンポよく、どこまで事実?ちょっと知識不足…。ブラックジョーク(?)には笑えない。9:11って まだ最近のことの感覚だけど もうこういう映画を作れるア>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

タイトル通り ティモシーシャラメくん、美し過ぎて(^^;
止めようと思っても止められないドラッグの怖さ。父親の苦悩…。凄く伝わってきました。(家族だったら ここまで出来るか…。)
(アメリカでは逮捕さ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.3

モノクロだけどキレイな映像。淡々と進むお話で 正直、前半眠かった。。
暴動や赤ちゃんの包み方とか リアル。海でのシーンはヒヤッとした。

この時代、お手伝いさんがいて 雇用主の家族とのこういう生活が普
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.5

こんな凄い女性がおられるのですね。こういう人の頑張りで 世の中少しずつでもよい方へ変わっていく。
ラストあたりのスピーチ(?)のカッコ良かったこと!
でも これは旦那さんが立派(出来すぎ位)。
今の
>>続きを読む

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.3

恐怖を体感した!
親子の間にもっと何か隠された事情があるのかと思ってたら、DV夫の話でした。前半やや退屈。
終盤、DVとかストーカーとかにあっている人は本当にこんな恐怖なのでしょう。。
あの子のその後
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.4

黒人が生きていくには盗み(犯罪)とかをしないとお金も作れない時代だった、ということでしょうか。
全体的にキレイな印象の切ない純愛物語。「グリーンブック」を観た後だからか あまり入り込めなかった。

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.8

夫婦のことは夫婦にしかわからない。
奥さんの表情が後に残ります。
大人の映画。

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

地位も名誉もある孤独な天才ピアニストの黒人と、がさつでお金もないが陽気で家族や友人に愛されているイタリア系白人の対比。コミカルなところもあり(ポイ捨ては拾ってくれて良かった。)、心の痛むような黒人差別>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

映像が綺麗。ちょっと酔いそうになるところも(-.-)
厳しい訓練、家族とか友人とかも、淡々と描かれて。まぁ、実在の人物の話だからかあまり感動的な作りではなく。
あんなに犠牲を払って宇宙開発は行われてき
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.5

女の子がとてもかわいいこと(^^)
色彩鮮やかでテンポよくダンスも良い。
わかりやすいお話で楽しく観れるのだけど、日本人には身近に感じない国家や宗教の違いとか、人身売買や報道のあり方まで考えさせられる
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

出演者が豪華で濃い(^-^;
組織で働く人は皆さん、共感出来るところがあるのではないでしょうか。
期待は裏切られません!

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.0

青春というには少し年もいってるようなバイト生活と失業中の3人。お金もないだろうに、明け方まで飲み、遊び。共感できない。大きな盛り上がりはなく、3人はどうなるんだろう。と思っていたらラスト、え!ここで終>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.8

偏屈なおじいさんのロードムービー。行く先々で出会う人達に助けられ、目的地にたどり着けるのか??いい人達に出会えて良かったですね。
そんな中、忘れられない過去の悲惨な体験の話に心が痛む。戦争を経験した国
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.7

真面目に取り上げると とても重い話をユーモアを交えて暗くなり過ぎず。

どうして引きこもったかなんて人にはわからないこと。母親だったら同じように自分を責めるだろう。妹の立場だったら、同じことを言った
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

はぁ~?あんた、何言っとるん!って言いたくなる主人公の朝子。亮平さんはいい人過ぎ!色々突っ込み処はあるけれど、けっこう入り込んで観てたかもしれない。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.4

2000年、インドのナプキン普及率が15%位ってビックリ!夫が買ってきたナプキンを高いと言いながら、同じ位の金額を神様のお供えに使うインド。
愛する妻のために周りから変人扱いされても やりとげた こ
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

4.1

教誨師って初めて知りました。音楽もなく、ほとんどが死刑囚達との会話。死刑囚の刑執行直前の様子なんて実際にはわからないこと。重いです。人を知る、会話の中で気付かせる、それは自分を知り 自分の罪とも向き>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

やっと観賞(^o^)v
華やかな世界で成功を納めた人も 裏では知られざる努力や苦悩があるわけで。
そんなことや、あの頃の曲作りや歌唱シーン、すべてに引き込まれた。圧巻のライブシーン!観終わってしばら
>>続きを読む

いろとりどりの親子(2018年製作の映画)

4.0

長い年月をかけて撮られているドキュメンタリー。ドラマのようです。
自分も母親だったら、きっと自分を責めるだろうし情けなく思うだろう。。
「普通」って何なんだろう?外見も性格も考え方も みんな違ってい
>>続きを読む

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

4.2

これはドラマではなく現実。
老夫婦の会話に笑い声もおきる。でも やっぱり泣けた。考えさせられます。今はまだ元気な離れて暮らす両親。子供は私ひとり。自分の事として考えなくては…。

この監督さん(娘)
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

プーさんの実写映画って どんなんだろう?正直あまり期待せず観賞。
それが…泣けてしまいました(;_;)
プーさん 可愛くて いとおしすぎて。。

「なにもしない」ことって大切。
これ、忙しい毎日に
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.9

全編PC画面って、どんなんだろう?見辛くないのかなぁ、って思ってたけど全然そんなことはない。面白かった(^^)
お父さんの執念が凄いです。
ネットって便利。だけど やっぱりネットのつながりって怖い。
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.1

特に何か事件が起きるわけではなく、描かれているのは普通の日常。水の音、雨の音、風の音、美しい四季の移り変わり。当たり前のことに意識を向けられる。
何かと忙しくて不満だらけの毎日に こういう穏やかな
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.6

若松監督と言えば、「連合赤軍」が衝撃的過ぎて。それをあの白石監督が撮ってるってことで興味あり。
あの年代、今とは違うエネルギーを感じる。タバコに酒に、雑多な何か。羨ましくもあり、イヤ、自分には入れない
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.8

コレが実話!?1987年って そんな昔じゃない。(私は もう大人でした。)軍事政権下の韓国。恐ろしい…。
最初から最後まで緊迫感が凄くて。「タクシー運転手」より衝撃的でした。後半は泣けてしまって。
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.5

この時代に人工呼吸器を着けた人が自宅で過ごすなんて、その発想すら あり得ないことだったでしょうに。実話ということにビックリです!
景色がキレイ。思いテーマだけど、いい人達に恵まれ、あまり悲壮感がないと
>>続きを読む

>|