帝

家にいるときDVDつけっぱ。
あんまり真面目に観てません。けど本当に力のある映画には自然とひきつけられます。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.0

好きな俳優ふたりが主演で鑑賞

もし無人島二人だったらその二人は恋をするだろうか。
選べない状況で拒絶されないようにおもしろい人間にならなくちゃならんとおもった。

クリプラの筋肉尊い。もっと走ってて
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

1回目絶望、2回目で昇華できた

これを見て、運命の相手じゃないからこの人と別れるっていうのは愚かだとおもう。
脳科学ではひとめぼれはデジャブと同じ仕組らしいが、それにそったお話だったなあとおもう
>>続きを読む

傷物語Ⅲ 冷血篇(2017年製作の映画)

5.0

映画でアニメを作ることの意味を表現しているアニメだと思う。

別ストーリをやるだけじゃなく、なめらかできれいな映像美は映画だからこそ楽しめるものなのだろう、と。

ぶっしゃあああああ

疾風スプリンター(2015年製作の映画)

3.0

永井大と原口あきまさまぜたような人が出てきてわろ

脚の筋肉がやばかった。
それだけを見たかったのに、そんな可愛くない女をみんなでとりあう要素100%いらない。
そのぶんレースと筋肉シーンを増やしてほ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.0

想像
若い女がモデル業界でのし上がる話

リアル
若い女はモデル業界に彗星のごとく現れ、他の女がざわざわ

特に盛り上がりもなく、話は退屈だった
もっとキャットファイト見たかった

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

3.0

シュールな笑いを狙いすぎてて笑えない
とおもったらやっぱ演劇界の人でしたか。

小泉今日子はよかった。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.0

サミュエルLジャクソンはこうでなくちゃ、っていうきもちわるい役柄ですごくよかった。
ストーリーも思ってたよりダークでよい。

身なりしっかりしてる男の子が好き

インターン!(2016年製作の映画)

3.0

おもしろそうな雰囲気だったけど、途中で消してしまいました。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

戦闘シーンをもっと見せてくれ!ってなる映画

中二病を大人になって昇華した感ある映像。
こんな時代でよかったね。

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

栄えてるわけでもくそ田舎でもない街が人を殺す話

劇中で人が楽しそうなのは
街なかで落書きしまくるとこ
女子高生ギャングの襲撃
のみ
しかもテンション上げて楽しんでるふりをしているようにも見える。
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

恋じゃなくて終活、じぶんの生き方をどうするのかって話。

ウィルのモデルがいるそうで、スイスっておもしろい(っていうと激しく語弊がある)国だな、とおもった

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

銃よりナイフとか弓とかのほうがロマンがあるよ。好き。

なにかを守るために命をかけなきゃいけない時代に産まれてよかった。
そういう時代がおとずれないことを願うばかりだ。

PK(2014年製作の映画)

3.0

なんでなんで坊やが成長するとこうなるんだろうなあっていう。

うざくもあり、核心をついてもいる

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

3.0

ポルノ大好き兄さんのお話。
どんだけ生活乱れてるんだと思いきや、
ベッドメイクや神父さまへの懺悔を定期的に欠かさなかったり、とにかくやばいやつ。

たぶんびょーき。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.0

都会では金さえあればおひとりさまでもよし。

新たな世界にひっぱってくれる友達は必要

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.0

シリーズだったのか!
まぎらわしいタイトルつけんなよ

スカイダイビング中にちんこがばさばさばさーって風になびいてちぎれるんじゃないかと怖かった。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

すっごい健康に悪そうな食事、真っ暗な中点滅するライト、爆音
あ、病んでる
ってひとが主人公でおもしろかった。会計士って。

ベン・アフレック、アナケンドリックが好きで観たけど、よかった。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

車ってじぶんでつくれるのかよ
すごくばかばかしいことを
やろうぜ
ってやれる二人がうらやましい
いまだったら、無理だよって言っちゃう確実に

エアバスのラジコンほしい。絵うますぎだよ

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.0

バリモアだからコメディとおもったらなかなか重い話だった

親友が死ぬ
は自分も経験があるけど、その後のじんせいで、それ以上かなしいことってある?ってなる
いま親が死んでも泣ける自信がない

ストーンウォール(2015年製作の映画)

4.0

ジェレミーアーヴァインがイケメン過ぎてぺろぺろ

しゃぶる。じゃなくしゃぶらせる。でお金もらえるなんてうらやまっておもった。

エメリッヒはゲイゆえにいままで世界よ滅びろ系の映画を撮ってたのかなあって
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

5.0

就活とかもうなくなれ
っておもった笑

二階堂ふみがなおさら嫌になる

ほんと世界はSNSに毒されてるよ。闇

オケ老人!(2016年製作の映画)

4.0

やっぱり音楽ものが好きなんだと。

ものを教えるには
どういうものなのか
どういうところを目指してるのか
を見えるようにしたほうがいいんだねー。って学んだ

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.0

美女と野獣実写に伴い、過去作品を観ておく

ヘレナおばさんが若返るお話。
ケイトおばさんは顔ゆえにこういういじわる役ばっかでかわいそう

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.0

当たり前のように
ほらほら前作の人だしてるの
って感じだったけど、ボーン以外のひと覚えてなくてさっぱりだった。

飛び石作戦はかろうじて

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

3.0

ドローンが楽しそうだった。

わら人形の呪いで
ぐしゃっ
ってなるの怖い。
けど日本人には
文って漢字に見えて笑けるとおもう。

ストーリーはよくわからない。

ワン・ナイト/10イヤーズ(2011年製作の映画)

3.0

キャストだけ見て、
観なきゃ、って

観る必要なかった。
特にドラマもなくダラダラする映画。

いきなり先生になったボクが彼女に恋をした(2016年製作の映画)

4.0

沖縄で働きてえ、って流されやすい私。

韓流アイドルの歌とかダンスをちょくちょく入れてきて、これがavexの新しいプロモか!ってなった。全体的には良い。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.5

東出さんはあんましゃべんないほうがいいんじゃないか、とおもいました。

SNS時代にデスノートが現れたらやばいよね

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.0

アメリカってこういうのおもしろいとおもうのかーっていう映画。
ウィットとか通りこしておバカすぎて笑えなかった