つじあやお

つじあやお

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

2.5

痛い!とにかく痛い!これぞアメリカの戦争映画って感じの映画で、日本人には100パーセント受け入れれないんじゃないかな〜。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

2.0

休日の昼間にのほほんと見る映画ではない。
終始もやもやする映画

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.5

ただただ渋い、かっこいい。
時代がごっちゃになってる背景も素晴らしい。
アニメ版キルビル

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

ベタな展開にベタな演出なのに、素晴らしい話。
風景色もキレイ。
邦画でも、洋画でも違和感があったんだろうな〜。

ラビリンス/魔王の迷宮(1986年製作の映画)

4.1

友人とワイワイ言いながら鑑賞

当時らしい演出と当時らしい内容

笑っちゃいけないんだけど、思わず吹いてしまう。
ゴブリンをはじめキャラクターが愛らしくて仕方ない。
今見ても十分楽しめました。
ご冥福
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

1.9

予想した結末を下回る残念な展開
長いだけにショックが大きい

アウトロー(2012年製作の映画)

1.5

なんとも言えない微妙。
とくひねりもない展開に、ビックリするアクションもない。
う〜ん。

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.0

さすがアメリカ!と言わんばかりのど迫力は爽快

ただ途中眠くなるのと、生身でアイアンマンに勝っちゃうのはどうかな〜と。

ターミネーター3(2003年製作の映画)

2.5

決して面白くないわけじゃない。

ただ何もない。

そしてヒロインがターミネーター4ではほぼ空気という悲しい展開。

呪怨 終わりの始まり(2014年製作の映画)

1.5

ちょっと前におまかせ録画されてるのを鑑賞。
子役かわいいし、グロくもなければ、面白要素は満点だし。
ある種期待を裏切らない映画。

それ以来下の子を俊雄(呪怨の子)とよぶようになったのは言うまでもない
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.5

大人も子どももいい感じに飽きさせない映画
やはり映像が美しい。

だけどミスチルがちょっとしつこい

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

2.0

突っ込みどころをいかに無視出来るかで面白さが変わる映画。