とらさんの映画レビュー・感想・評価

とら

とら

いろんな映画に出会いたい。
たくさんの人と映画についての感想を言い合いたいです。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

「私の能力は、金持ちだ!」

やっと久々に映画が観れた。嬉しい!

そしてフラッシュがとうとう映画で観れた。ドラマ版も好きだけど、エズラミラー版のフラッシュも良い!!憎めないかわいいやつだ。
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

3.0

前作から思ってたが、はやく戦闘が観たくて、無駄に長い人間ドラマにイライラする。そして戦闘があっけなく終わり、次回に続く…

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

2.5

ごめん。ドリーにものすごくイライラしてしまった。子どもの時のドリーでさえイライラしてしまった。

今回は自分には合わなかった。

永遠の0(2013年製作の映画)

3.4

「死ぬのはいつでもできる。生きるために努力をするべきだ。井崎!お前に家族はいないのか。家族はお前が死んでも悲しんでくれないのか?」

熱い。

小説も是非読んでほしい

モテキ(2011年製作の映画)

3.0

主人公の気持ちはわかるが、映画の中ではみたくない。いらいらする!!そんなだめな男がテーマ!

Perfumeの場面が良い!!!!!

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

2.2

原作は大好き。ただ綾瀬はるかと凛田りこのイメージがあまり合っていない。凛田りこのイメージはどちらかというと、「綺麗」なイメージ。対して綾瀬はるかは「可愛い」イメージなので違和感があった。

原作は
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.5

「いつも笑顔でいなさい。辛いときと か、苦しいとき、とりあえずでも無理矢理にでも笑っていれば、たいていのことは乗り越えられるから。」

子どもを産み、子どもを育て、一緒に成長し、子どもと別れる
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.8

「意外と小さいね」
「意外と笑えないね」

発想がぶっとんでる。見た目は全年齢対象なのに中身は18禁っていうのがいいよね!

最初の頃の純情が失われていった(笑)

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「ママが私の家だ」
「私たちの愛に不可能はない」

人を心から愛する。時にはケンカをし、苦悩し、耐え忍び、それでもその人を愛する。とても優しい気持ちになれた。

最後のアリーの肩をすくめるシーン
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.3

「67人目の患者」

精神病院で脱走した人を捕まえるため、主人公が精神病院のある「シャッターアイランド」に捜査へ向かう…

精神病院の不気味な雰囲気、くせのある登場人物たちにのめり込んでしまう。
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

5.0

泣いた。


大人が懐かしむ時代を経験してないのに、なぜかその懐かしい『匂い』までもが伝わってくる。

ひろしの人生が流れるシーンが好き。音楽の組み合わせが良い

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

4.0

キングダムハーツを久々にプレイしていたら観たくなった。

このティム・バートンの世界観が本当にたまらん!!!

かわいさの中に怖さがどのキャラにもある。

サンタがこの映画のまんまクリスマスに
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

「人間は善人ばかりではない」

女だけの島で育ったダイアナ。ある日その島に戦闘機が墜落してくる…

女性のヒーローがこうして誕生した。ものすごく強い!スーパーマンといい勝負しそうなくらい強い❗一
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

3.5

「わしゃあお前さんが大好きじゃよ
けれど世界からみればほんのちっぽけなもの」

遂に完結。壮大な物語にふさわしい、壮大な戦闘だった。

ヘラジカの角ってこうやって使うのか(笑)

トーリンの葛藤
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.8

酒樽川下りが今回一押し!!!

話は少し複雑になっているが、やはり戦闘シーンはワクワクしてくる

遂に オーランド・ブルームエルフが登場。彼の無双っぷりも楽しめる!

トーリンがなかなか好かない

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.0

「真の勇気が試されるのは命を奪うときではない。命を救うときなんじゃよ


これぞ冒険のはじまり!という感じで期待が高まり、次へ続く。しかも三部作どれもがとてつもなく長い。

まだお目当てのオー
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

3.8

ルート66

めっちゃ面白かった

廃れていく町、道路など大人向けのメッセージも込められていた。

人生の特等席(2012年製作の映画)

3.3

「お前が耳で聞いて、娘が見たから大丈夫なのか!」

すっかりクリント・イーストウッドのファン。やはり怖い親父役がとても似合う。

人生をもっと考えよう

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

冒頭から人物がいろいろと変化していき、明確な主人公がいないストーリー

他人どうしの人々が他人の人生に絡み合い、展開されている。

つぎつぎに登場人物が変わっていくのでん????ってなってしまっ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.2

「親愛なる隣人としてこの町を守ります。」

帰ってきたスパイダーマン。高校生のピーターと師匠のような存在であるアイアンマンのコンビ!!

スパイダーマンよりもアイアンマンが目立ってた(笑)

>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.2

冒頭のジェームズボンド並のアクションが物凄くよかった。

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.2

「僕に近づくな」

カオス理論からはじまり序盤はわけもわからないシーンに頭がついていけずなんだこの映画は!と度肝も抜かれた。

ものすごく続きが気になり、集中してみれた。

これぞSFサスペン
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.8

ハクナマタタ

この一言。この歌でとても元気がでた。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.2

「出会いとは重力」

初日に観ましたぜ!!!

映画としてまとめるためにアンジェロの部分を結構長くしていた。いろいろ漫画とは話の流れなどは違うが映画としてはまあ妥当だと思う。

ただスタンドの説明とか
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.1

「どけ、酸素が減る。」

何かに縛られる人生は人を壊す。

いまの自分にはまだ難しい作品だったのでまた再挑戦する。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.3

「外には無限の世界が待っている。落ち着くにはまだ早い。」

夏は魔物がすんでいる。一夏で人生を大きく変える経験もすることがある。

あと一歩。何でも一歩。自分から挑戦することが大切だということが伝わっ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

「この世界は間違っている」

食物連鎖の頂点に立つ人間。それを食糧として食べる喰種と呼ばれる種族が存在する世界。

窪田さんの演技力や絶叫が素晴らしかった。今回はグロい描写もあるPG12なので比較
>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.2

拳銃の弾道曲げれます。

斬新な世界観。絶対子どもの時にみてたら、曲げる練習してた。

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.0

tomorrow

音楽っていいな
ミュージカルはやっぱり元気がでる

最初のこどもたちの歌が好き

次は本物のミュージカルでみてみたい。

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.2

個人的にもの凄く好きな面白さ

くだらないことでもここまで本気でやってくれると突き抜けて面白い。
ムキムキの身体に下着はだめだ!もっこりが隠しきてれていない(笑)

劇場の注意事項の説明映像と
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

ありがとうナ○○○!!

おふざけ全快の面白い銀魂だった。

たけちはんぺいたと新八のやりとりが最高❗やはり佐藤じろうはくせが強い

CMの時は、背景のCGに違和感ありまくりでどうなのかなと思
>>続きを読む

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

3.0

ひさびさの映画鑑賞!!!

待ってたよ。シュワちゃん。おじいちゃんになってもムキムキだね😁

続きがありますように🙏

スパイキッズ3-D:ゲームオーバー(2003年製作の映画)

3.4

この世界に憧れた。子どものころこからこのシリーズではこの回が一番。

少し悲しいところもなおよし!

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.9

引退したじじい達。こいつらやばい!!

この設定からして大好き。そして期待以上のアクションでした。
お腹いっぱいです‼️

>|