茶一郎さんのドラマレビュー・感想・評価 - 4ページ目

茶一郎

茶一郎

映画(1473)
ドラマ(136)

Marvel ルーク・ケイジ シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.4

【短】鋼鉄の身体を持つ主人公と同じように、非常に「硬質」にギャング抗争モノに「ブラック・スプロイテーション」モノを味付けて描く『ザ・ディフェンダーズ』3人目のヒーロードラマシリーズ。
 全編にブラック
>>続きを読む

0

デアデビル シーズン2(年製作のドラマ)

4.3

【記録】ついにMARVEL最高のアンチ・ヒーロー、パニッシャー降臨。
 兎にも角にも本シーズンはパニッシャーで、パニッシャーがデアデビル諸々全てのキャラクターを食ってしまう最高にクールな存在でした。
>>続きを読む

0

デアデビル シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.0

【記録】
 背後など暗闇に突然現れる → 驚く「ビックリしたー」という件が驚くほどに多用されるドラマ……というのはさておいて、永らく映画界において封殺されてきた『デアデビル』をドリュー・ゴダードが復活
>>続きを読む

0

アメリカン・ゴッズ シーズン1(2017年製作のドラマ)

4.8

【記録】アメリカ残酷大陸版『聖☆兄さん』というか。
 5話くらいまで一体何の話をしているのかよく分からないが、VFXアートと言えるような映像美・モリモリのケレン味たっぷりのキメ画が続き眼福のためどんど
>>続きを読む

0

ベイツ・モーテル シーズン2(2014年製作のドラマ)

4.0

【記録】
 サイコ・スリラーのエポックメイキング『サイコ』に登場する殺人鬼ノーマンの青年時代を、現代に舞台を映して描くという謎企画シーズン2。いよいよサイコ化するノーマンが本シーズンの見所の一つになっ
>>続きを読む

0

ベター・コール・ソウル シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.6

【記録】
 『ブレイキング・バッド』に登場した悪徳弁護士ソウルの成長(?)物語。1シーズンだけなら『ブレイキング・バッド』シーズン2まで見ていること必須でしょうか。
ヴィンス・ギリガンらしい乾いた語り
>>続きを読む

0

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.0

【記録】
 本ドラマのマーベルヒーローは、やさぐれ系探偵女性(PTSD付)という大胆さ。ヒーローモノというよりハードボイルド探偵モノの系譜の作品になります。
 何と言っても特筆すべきは自由自在に人を操
>>続きを読む

0

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(2014年製作のドラマ)

4.2

【記録】
 魔女の学校はホグワーツも裸足で逃げ出す、魔女たちによるドロドロの嫉妬で溢れていたというお話。いよいよ『アメリカン・ホラー・ストーリー』(アメホラ)最凶女優陣に『ミザリー』のキャシー・ベイツ
>>続きを読む

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2(2017年製作のドラマ)

4.8

【記録】
 『Stranger Things2』と銘打った続編として正統な進化。1より怖い、1より楽しい、1より深い、物理的にも1より敵の数が多く、全長が大きい。
 シーズン1は70年代から80年代に
>>続きを読む

0

THE FLASH / フラッシュ <ファースト・シーズン>(2014年製作のドラマ)

4.1

【記録】
 一っ走り → 敵メタヒューマン(超能力者)登場 → フラッシュ一回負ける → エセ科学に基づく対策・ガジェット製作 → 敵倒す → 打ち上げ&次回への謎引っ張り(クリフハンガー)
 という
>>続きを読む

0

ベイツ・モーテル シーズン1(2012年製作のドラマ)

4.2

【記録】
 サイコサスペンス映画のエポックメイキング『サイコ』の殺人鬼ノーマンの青年期を描くという、企画力があるのだか、無いのだか、企画力が二回転半くらいしている謎企画だが、これが『LOST』のカール
>>続きを読む

0

MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.9

【記録】
 Fuck!Society!これはデジタル・ネイチャー時代の『ファイト・クラブ』。
 天才ハッカーの物語と思って見ると肩透かしを食らう、今作は、成熟社会の裏腹に複雑化・異常に煩雑化した(誰か
>>続きを読む

0

ザ・シューター シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.0

【記録】
 巻き込まれ型スリラー。ドラマ化により作品時間が増えたことで組織側の葛藤も描くことができており、映画版より遥かに深みのある作品に仕上がっています。
 ただ、いかんせん主人公ボブ・リーが最強す
>>続きを読む

0

スクリーム シーズン1(2015年製作のドラマ)

3.9

【記録】
 元祖メタホラーの『スクリーム』のドラマ化。まさに「いかに殺人鬼モノはドラマにしにくいか」というメタ発言から始まる絶好調っぷりであります。
 軽く見られて、毎話お土産的なゴア描写を見せてくれ
>>続きを読む

0

アメリカン・クライム・ストーリー / O・J・シンプソン事件(2016年製作のドラマ)

4.7

【記録】
 いわゆる「O・J・シンプソン事件」を題材にしたドラマ。リアルタイムでは追いかけられておらず仰天ニュース等で軽く事の顛末は知っていた状態で鑑賞しましたが、これが結末が分かっていても凄まじく面
>>続きを読む

0

FARGO/ファーゴ 始まりの殺人(2016年製作のドラマ)

4.7

【記録】
 前シーズンから時代をさかのぼり、全く別のお話に。シーズン1が視聴者が感情移入しやすいキャラクター(保安官)を中心に回る、コーエン兄弟作品で言う『ファーゴ』、『ノーカントリー』、『トゥルー・
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 2(2014年製作のドラマ)

4.6

【記録】
 シーズン1から引き続き……と思ったらいきなりの14章で視聴者をガーンと突き落とすフランクの冷酷さよ。
 やや話が断片的に感じられる一方で、もはやフランクを主人公とするピカレスクロマン的な成
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 1(2013年製作のドラマ)

4.6

【記録】
 全ての行動、立ち回り、忖度さえも実利に基づくこの世界、自分は絶対に踏み入れたくないけど、見ている分には楽しいというものです。恐ろしいのは、主人公夫婦の関係や死の慰めまでも全てが即物的な結果
>>続きを読む

2

アメリカン・ホラー・ストーリー アサイラム(2013年製作のドラマ)

4.4

【記録】
 前シーズンの役者陣が全く別の配役で再登場するというお土産的キャスティングはさておいて、前作を超えて過去の怪奇映画の闇鍋になっている。最高なシチュエーション「精神病院」で繰り広げられる『カッ
>>続きを読む

0

マスター・オブ・ゼロ シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.5

【記録】
 エミー賞・脚本賞受賞も大納得の素晴らしいコメディ。都会派オフビートコメディということで、スマホ誕生以後のウディ・アレンと言っても、特に9話-10話は『アニー・ホール』と同等の強度を持つと言
>>続きを読む

0

アメリカン・ホラー・ストーリー(2011年製作のドラマ)

4.2

【記録】
 毎話、何かしら残酷な殺人シーンから始まり、一話毎に沢山の人が殺されてボディカウントが追いつかない悪趣味(褒め言葉)なドラマを、なぜか『glee』のクリエイターであるライアン・マーフィーが作
>>続きを読む

0

FARGO/ファーゴ(2014年製作のドラマ)

4.8

【記録】
 徹頭徹尾、クールでシニカルで最高。タブレットやパソコンで見ていては申し訳なくなるほど全部のシーンが美しい。
 映画版の『ファーゴ』とは少し異なりますが、映画版同様の「ホワイト・ノワール」と
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 5(年製作のドラマ)

4.6

  【記録】
 前シーズンの後始末と再始動まで。全体に漂う空虚感は、それこそ劇中劇『スカーフェイス』のトニー・モンタナがジャグジーに浸かりながら虚空を見つめていたシーンを思い起こします。
 またシリー
>>続きを読む

0

ブレイキング・バッド SEASON 4(年製作のドラマ)

4.7

 【記録】
 今までの話が助走に過ぎなかったことを思い知らされるラストまで。
 主人公ウォルターとガスとの「フェイス・オフ」をメインにしたシリーズ。「家族」のために悪の道を突き進んだ男が、「家族」を失
>>続きを読む

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1(2016年製作のドラマ)

4.5

【記録】
 80年代の質感。SFやホラーが最高にクールだった時代に連れて行ってくれる。 
 物語は一人の少年の失踪から始まるSFスリラー・ミステリーといった具合ですが、3、4話まで見てしまうと恐ろしい
>>続きを読む

0
|<