olnさんの映画レビュー・感想・評価

oln

oln

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.1

運命に導かれて、夏
君と出会ってカレンダーは始まる

この関係は暑さが増していく8月の天気みたい
身を焦がすような陽射しに唆されて
翳った空気は肺を重くする
空模様は君の気分次第

求めなければ手に入
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.5

映画館に行ってばっかりで、あんまり家で映画を観てないよなと思って、NETFLIXを解約した直後に配信公開された本作。こんなに評判になるとも予想だにしておらず、県内の劇場公開も1週間で終わってしまったこ>>続きを読む

アトランティス(2019年製作の映画)

3.5

戦争が終わって1年経った
曇天の空は頭の中に住み着いて離れない

銃撃の音
舗装されていない道路
給水車
帰ってこない待ち人
置き去りにした無念

この身は熱を失ってしまった
デニムパンツも凍るこんな
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.0

STRANGE TO MEET YOU
TWINS
SOMEWHERE ON CALIFORNIA
THOSE THINGS’LL KILL YA
RENEE
NOPROBLEM
COUSINS
JA
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

3.8

見えない何かは気温と湿気みたいにこの身体に張り憑いた
じっとりと肌を伝う
じっとりと空気は揺らぐ
身体はひっそりと何かを蓄える

人は想像を超えるものを神と呼び
理解が及ばないものを悪霊と呼んだ
寄り
>>続きを読む

最強殺し屋伝説国岡 完全版(2021年製作の映画)

2.0

序盤から中盤にかけては、そこそこのテンポで進むし、低予算の口実にドキュメンタリーという体を取ることで、画面作りの拙さをカバーするアイディアは良いのですが、終わりがけに完全にダレました。
マイちゃんを巡
>>続きを読む

ノー・シャーク(2022年製作の映画)

3.0

まさかの全編モノローグ。
サメに食べられたい女性の戯言を延々と聞かされるだけの約100分でした。でも、不思議と観ていられました。

どこからそんな自信が湧いてくるのか、主人公は自己肯定感の塊で、自分
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.0

新時代を告げる歌に群衆は沸き立つ
夢が泡沫のように消えていくのなら
このララバイに包まれてずっと夢を見ていよう
Tot Musicaは輝き過ぎた夢を喰らう
逆光のステージに目が眩んでしまいそうだ
最強
>>続きを読む

きっと地上には満天の星(2020年製作の映画)

3.0

鳥籠の中に閉じ込められて
空さえも見たことがなくて
鳴くことしかできない
この翼で羽ばたいてみたって
地下から地上になんて出られやしなかった

鳥籠は壊されて
住処を追われて
無理やり羽ばたいた
まだ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.0

世界と僕との関係と
君と僕はいつも不安定
例えば羽をもがれたって空に浮かんで
置き去りにしないで この手を掴んで

あの日落とした空き缶みたいに
不自然に手に取る伏線の行く末
この先のストーリーは筒抜
>>続きを読む

ウィジャ・シャーク 霊界サメ大戦(2020年製作の映画)

1.0

海岸で拾ったウィジャ盤
なぞったアルファベット
ただの子供の遊び
ほんの暇つぶし
それが禁断の扉を開けてしまった

目覚めさせてしまった終わりの始まり
1人、また1人と消えていく
時空さえ超えて
悲鳴
>>続きを読む

ゾンビのジョンおじさん(2016年製作の映画)

1.8

ゾンビだって生きている
食えば出るし
本を読んで考えるし
血液が巡っていなくたって勃つ

ゾンビはノロマだけど
狙った獲物を捕らえるまで
死ぬまで一途に追いかける
一度死んだんだ
もう恥も外聞もない
>>続きを読む

戦争と女の顔(2019年製作の映画)

2.5

世界は廻る
時代は廻る
感情は廻る
君は廻る

楽しいのだって
悲しいのだって
苦しいのだって
ほんの一瞬で過ぎていく

あの時止まった時間だけが今も胸に閊えている






感想です。

鑑賞後に
>>続きを読む

マカブル 永遠の血族(2009年製作の映画)

3.0

雨の夜
君が誘う道を行く
長い人生のほんの少しの寄り道
今から新たな人生を行くのだから
空腹を満たして
喉を潤して
止まったような時間の中を過ごそう

人は生まれる
人は死ぬ
死んだって人はきっと誰か
>>続きを読む

インブレッド(2011年製作の映画)

3.2

俺たちは少し世間からはみ出ちまった
逸れものは逸れた世界で暮らすしかない
この世界にはこの世界のルールがある
邪魔をするなら口に糞を突っ込んでやろう

お前たちがレールの上に戻ろうとしたって
一度レー
>>続きを読む

ナワリヌイ(2022年製作の映画)

4.2

まだ息をしている
だからこの物語の結末はハッピーでなくちゃならない

幸せな結末を見るために熱い情熱を燃やして走ってきた
あの男がいる限りこの国の雪解けは遠い
この体は今にも凍えて固まってしまいそうだ
>>続きを読む

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

3.8

君は僕が生きる理由だ
君がいるから今日を生きている
君がいる場所に僕もいたい
だから手の届く場所にいられるように
壁に行手を阻まれたって君を迎えにいくよ

何処まで行けばまた会えるんだ
目を見て話すこ
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

4.2

輝かしい人生の帰路に立っている
退屈な人生を駆け抜けていくために
スピードを吸い込んで一段目のステップを昇ろう
大丈夫、こんな過去もいつか笑い話になる
見られることなんて慣れてしまう日が来る

2人の
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.6

いつだってこの世界は命を弄ぶ
だけどこの苦難を乗り越えれば
幸せなあの世界へと旅立っていけるはずなんだ
だから耐えよう
たとえ命が脈打つことをやめたって
今はただこの苦しみを耐えよう

ひとつ、またひ
>>続きを読む

バズ・ライトイヤー(2022年製作の映画)

3.8

人はいつだって表裏一体でわからない
どこか遠くへ行きたいけど家に帰りたくて
1人になりたくたって構ってほしくて
また会いたい人の笑顔のために涙を堪える

僕にとっての数分間は
君が過ごしたかけがえのな
>>続きを読む

モガディシュ 脱出までの14日間(2021年製作の映画)

3.5

わかり合えたって分かち合えない
この感情を口にするのは最初で最後
友よ、明日は敵だ
もう交わす言葉は無い

南北の火花は異国の火種に焼き尽くされ
1990年は1991年に変わっていく
時代は大きな音を
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

2.0

青春は10年を飛び越えて駆け抜けていく

僕の瞳に映った君は刺激的で
振り向きそうで振り向かなくて移り気で
俯いた感情の原因も背中を押すのも君だ

こんな解読不能で複雑な感情を
切り刻んでも割りきれな
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

2.5

時間が止まったみたいな恋をした

それは扉の向こうで引っかかった言葉
それは忍び込んだ知らない人のパーティー
それは何気ない朝のふとした瞬間

いつだって前触れもなく訪れるそれは奇跡的で
いつだってこ
>>続きを読む

神は見返りを求める(2022年製作の映画)

3.2

輝いて見える瞬間を記録に残そう
わかってくれる人がいないのなら僕が寄り添うから
この瞬間を2人の記憶に刻もう

僕と君が映画の登場人物だったら
今はいったいシーンいくつなんだろう?
エンドロールなんて
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

3.0

どうせなら君が私を知らないうちに
私が知らないところへと君を連れ去ってほしい

必ず迎えに来るなんて
果たされない約束を待ち続けた僕は39人の方で
生まれてきてよかったのだろうかと問いかけて
自分が何
>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.0

失ったページを氷入りのワインで埋めて
これで終わりにしたくて
勢い任せに小説の結末を作り上げた

冷え切ってしまった情熱を取り戻す冒険へ出かけよう
深く息を吸って
不可能の壁を駆け上がって
君との夜を
>>続きを読む

私だけ聴こえる(2022年製作の映画)

3.4

世界は1つだと言うけれど
そんなことは私じゃない誰かが描いた幻想だ

私はCODAで
ろう者でもなくて
聴者でもない
どっちつかずの宙ぶらりんな世界に浮かぶ

居場所を与えてくれない世界なんか捨てて
>>続きを読む

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.2

人生はいつだって断片的で
朧げで
思うようにはいかなくて
今を生きていくしかない

愛想笑いをひとつ重ねて
知らない話に相槌を打って
どうしようもない日常をやり過ごす

今日だってまた1日が始まる
>>続きを読む

ニューオーダー(2020年製作の映画)

3.8

幸せの絶頂は緑色に染まっていく
白い肌に赤い服を着せて門出を祝う
メキシコの旗は不安定に揺れる

誰かが決めた当たり前なんて簡単に崩れ去って
明日の行方も知れぬ闇の中に人は雪崩れ込んで
助けたかったあ
>>続きを読む

夜を走る(2021年製作の映画)

2.0

生きようと思って生きているわけじゃない
生きてるから生きているだけ

マスクも外せない世の中は息が詰まりそうだけど
ここで生きているから ずっとここに居るだけ
俺は変わってないのに周りが変わっていくだ
>>続きを読む

犬王(2021年製作の映画)

2.5

私の人生の主人公は私しかいない
地を這うのはやめた
忌み疎まれた人生に終止符を

我が身に罹った呪いは真実を語るためにある
声を上げろ 手を叩け
この衝動は誰にも止められやしない

この足も この手も
>>続きを読む

辻占恋慕(2020年製作の映画)

2.5

運命の種は気づかないうちに足元に転がっていたみたいだ
芽吹いた瞬間はどうしようもなく散々だったけれど
諦めきれない蔓は互いを支えにして絡み合ってほどけない

ふうせんかずらは大きく膨らんで今にも弾けて
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.8

過去を振り払うために空にしがみついた
音さえもとっくに超えて
何処か遠くへ 誰もいない場所へ

だけど独りじゃないからここまで来れた
今は背中を見せるよりも目を見て話そう
Don’t think, J
>>続きを読む

ハケンアニメ!(2022年製作の映画)

3.9

生み出すことは喜びと苦しみとの板挟み
中途半端な気持ちは簡単に見透かされるから
誰にも負けない気持ちを全力で燃やす

だけど、1人じゃないんだよ
エヴァみたいに心を開かなくちゃ人は動かない
支えてくれ
>>続きを読む

フォーエバー・パージ(2021年製作の映画)

3.2

※フォーエバー勢の気持ちになってラップをしたためました。
※私はレイシストにミドルフィンガー人間です。

夜の部は速攻で終わり 移民は除外
こんな世の中じゃ平和が来ない
政府の子飼いの金持ち退かし
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.0

交わってはならない運命だった
今は冷たい視線に耐え
硬い地面にこの背を預けずうずくまる

初めて触れた優しさは知らない感情を呼び起こして、見たことのない世界への旅立ちを後押しする
この化粧箱を使って姿
>>続きを読む

>|