灰沢さんの映画レビュー・感想・評価

灰沢

灰沢

映画(224)
ドラマ(13)
アニメ(0)

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.9

再鑑賞

"それ"が本当に気持ち悪くてすごい
閉鎖的な空間で一人また一人と"それ"に襲われていくのが怖かった

終わり方が大好き

真実の行方(1996年製作の映画)

3.2

アーロン怪しすぎる! とアーロンは犯人じゃない……? を行ったり来たりするマーティン達と同じくらいこちら側も翻弄される映画でした

あのオチを見ると、その後のマーティンやジャネットがどうなったのか気
>>続きを読む

シェラ・デ・コブレの幽霊(1964年製作の映画)

2.3

謎解きがメインのホラーという印象でした
白黒のせいか霊のビジュアルが結構怖いうえ、出てくるときの不協和音も不吉な雰囲気で好き

人怖も幽霊もどっちも楽しめるのも良かった

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

2.1

予告編やネタバレ等を一切見ずに鑑賞するのが楽しいのではと思います
独特の空気が漂う不思議な映画でした

植物を愛する全裸おじさん&おばさんのシーンが大好き

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

キラキラ恋愛ものだと思って見たのですがゾッとする内容でした
少しサスペンス要素もあって、恋愛もの苦手でも楽しめました

ユカを搾取してる奴らは最低だけど、ユカもユカで特待生だから学費免除だ!と思い込ん
>>続きを読む

ヒッチャー(1986年製作の映画)

3.0

どこまでもしつこくて目的も意味不明なヒッチハイカーの男が怖すぎる
主人公の行動の先を読んで追い詰めてくるのが不気味でした

エンディングへの入り方が好き

カーター(2022年製作の映画)

-

序盤の謎銭湯でのアクションがとても良かった

基本はアクション→移動→アクションで疾走感があってとても良いのだが……酔う!!!びっくりするくらい画面で酔うんです!!
カメラぐらぐらカーチェイスからの光
>>続きを読む

ミスエデュケーション(2018年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

施設側の仕打ちが最悪すぎて精神的にきつい映画でした
氷山の絵を3人で燃やして出ていくところが好き

マークくんは助かったんだろうか

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.5

再鑑賞

素晴らしいアクションは健在で、ストーリー面もドラマ版から続いてきた九龍との抗争にひとまず決着がついてホッとした
達磨があげる花火が記憶よりもはるかにド派手だったのが面白かった

バルジの正体
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.4

原作未読、TVアニメシーズン1のみ視聴済

作画が美しくて見入ってしまいました
前半はちょっとテンポが悪い部分もあったけれど、後半のハラハラする展開や迫力あるバトルシーンが良かった

ホステル2(2007年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

太もも生ハムとあそこを切るところが好き
1を見たのが随分前だったので話忘れていたけど問題なく見られました

ナズドロビア!

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

3.8

二人の友情が良い

デクスターの母がエリックにも愛情を注いでくれるのも素敵でした

マザー!(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

聖書の知識ほぼ0の状態で見てしまい、何が何だか分からないまま終わってしまいました

鑑賞後の疲労感がすごい
どっと疲れた

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.5

4人組が愛おしい

中学生ぐらいの時に見たときはあまりピンと来なかったけれど、大人になった今みると色々思い出して心に染みました

MAMA(2013年製作の映画)

2.3

MAMAの登場の仕方が毎回怖いのがいい

毎回暗すぎてMAMAの怖そうな造形が見えづらかった
もっと見せてほしい

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

最初はなんだこの爺さんと思ったけど、徐々に優しさが見えてくるところがいい
車を巡って喧嘩するところ、興味ない側から見たら下らないけど本人たちには大事なことだったんだろうなと少しほっこりした

猫がかわ
>>続きを読む

牡丹燈籠(1968年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

恥ずかしながら牡丹燈籠の話をぜんぜん知らずに見ました

「ありがとうございます。私どもの燈籠でございました」
というお米さんのセリフ怖かった。まさかそのままの意味だと思わなかったので……

あと気が付
>>続きを読む

フラグタイム(2019年製作の映画)

1.1

下着覗いたり(時間止まっているとはいえ)公共の場で見せあったり元彼に被せたりするシーンで引いちゃった

百合作品好きだけどこれは好みじゃなかった

アンテベラム(2020年製作の映画)

3.8

予告見ずに鑑賞して正解でした
前半はきつい差別描写が続くので、メンタルが安定してるときに見るのがお勧めです

エボラ・シンドローム/悪魔の殺人ウィルス(1996年製作の映画)

3.0

何から何まで酷いんだけど、「何してるんだ?」「殺人だよ!」のやり取りで笑った

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

3.9

前半のピリピリしつつも静かな雰囲気と、ジャスミンとブレンダが打ち解けて賑やかになる後半もどっちも好きでした
カフェにいる人たちがそれぞれ個性が強くて見ていて楽しかった

今度はコーヒー淹れてから見よう
>>続きを読む

バスケット・ケース(1982年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

なんかもうひたすら悲しい話だった
でもモテないからってパンツ盗んだり弟の彼女を●した挙句に●すのは良くないですよ!

ストップモーションの動きが好き

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

妄想の世界で幸せに暮らしているシーンがあるせいか、現実の残酷さがよりつらく感じる
予想していた話と全く違ったのでびっくりしました

人形が怖い

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

犯人誰だったんだよ……とモヤモヤするし最後に出てきた女の子の言葉にゾッとした
やりたい放題な捜査にちょっと引きつつも、二転三転する展開に引き込まれる

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

『悪魔のいけにえ』の危険なレザーフェイスと(本作中では)かなり常識人寄りなジェド君がどうしてもイコールで結び付けられなくてちょっと混乱した

お話自体は結構好きだったけど、あの傑作の前日譚として考える
>>続きを読む

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.1

豚汁美味しそう
前の映画との繋がりが少しあったのと、ドラマシリーズみたいに年越しで締めてるのが良かった

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

2.2

歌がどれも良かった
街が大変なことになってるのに気が付かずに歌ってるアナとジョンの場面好き

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

レザーフェイスの名前だけ知っていたので単独犯かと思いきや家族ぐるみだったとは!
昔の映画なのでちょっと身構えて見始めたのですが、カメラワークが面白かったりテンポが良かったりで見やすく楽しかったです
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ナイフあり銃ありのバラエティに富んだアクションが見ごたえある
特に終盤で一人乗り込んでの戦いが楽しかった

ソミが無事だったし希望が残る終わり方なのも好きでした

女優霊(1995年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

女優が転落して以降に怖さがぎゅっと詰まっている
笑いながら近づいてくる霊が怖かった

わたしはロランス(2012年製作の映画)

2.0

口から蝶が飛んだり、水が落ちてきたり綺麗な映像が印象的でした
ロランスの母親の少し距離を置きつつも優しく接する態度が好き

内容はいいと思うけれど個人的には長く感じてしまった

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤の孤独で閉塞感のある雰囲気と、中盤以降の静かだけどハラハラする展開の両方が楽しめて良かった
機械だけどサムのこと心配したり協力したりするガーディ好き🙂

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

1.2

クリーチャーのデザインが独特で印象に残った
人の形した木が立っているところが不気味で好きです

個人的にはもうちょっと話に起伏があるといいなと思いました

自転車泥棒(1948年製作の映画)

3.7

自転車を盗むやつがいるのは何年経っても変わらないんだなぁ
必死に自転車を探し続けるアントニオと、そんな父について回るブルーノの姿に胸が締め付けられる

この家族あのあと一体どうなっちゃったんだろう

ドアロック(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ギョンミンには変態男を寄せ付ける何かがあるみたいなので、この先も何かの事件に巻き込まれそうでヒヤヒヤする
改めて防犯気を付けようと思った

一人暮らしのかたにお勧めです

>|