iさんの映画レビュー・感想・評価

i

i

if you want to sing out, sing out.

映画(637)
ドラマ(45)

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.9

本当にあったら実際にこうなりそう…
善でも悪でも完全なる"リーダー"になる人間って共通してる部分があるなあ
常識も他人も無視。間違ってても関係なく自分が信じるものを貫き通す。
ある意味社会性の無さなん
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.8

ぶっとびアート系かと思ってたら割とリアリティがあって面白かった!
キャラクターがイカれてたり展開は大胆だけど人間ドラマもあり結構笑えて愛せる不思議な映画。

中盤までのワンカット風?な構成に感動。
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.1

なんだこれ?ってなった。
これはさすがに都合良すぎるな〜
目的は理解したけどなんか気持ち悪い。

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

2.5

みんな棒読み…
そして綺麗だけど中国人女優に日本人役演じさせる時点で雑さが露呈してるし
武士系の要素入れ込んじゃうのはさすがにチープすぎるでしょう。
このハンニバルがあのレクター博士にはならない。
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.4

この映画には”伝えたいこと”ではなく”わかってほしいこと”が詰まっている気がする。
正直ストーリーは面白くないしただの良い話でもない。

けどやっぱりジブリ、美しい。
いつの時代も辛いことはたくさんあ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.4

3人の生い立ちがストーリーの主だったことで、こういった事件が誰にでも起こりうる現実であることが伝わってきた。
クリントイーストウッドならではの独特な撮り方。リアリティが抜群でした。

できることは人そ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

「この残酷な世界で唯一のモラルは運だ」

ヒーロー物が苦手で食わず嫌いだったけどこんなアンチヒーロー映画だったなんて!
「ヒーローは綺麗事じゃない。自己犠牲無くして正義は尽くせない。」とやなせたかし先
>>続きを読む

ゴールデンボーイ(1998年製作の映画)

4.0

とんでもない心理サスペンス映画だった。

賢い子供の好奇心ほど危ういものはない。

賢いと、手の届く範囲にあるものだけじゃ退屈になりやすい。
周りと少し違うまだ自覚もない孤独を
周りが知らない闇の世界
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.1

最初は映画だと思ってストーリー汲み取っていこうと思ったけど早い段階で映像アート作品として切り替えて観た。

「この映画の良さがわからないやつはセンス無い」と言う人がいる系映画?
女性が劇画調の顔で美し
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

統計的に見ればうまくいかないと思われる境遇だったり関係性だったり。
この映画も逆境が情熱に火を点けて愛が実ったように見えるけど、それだけではないように思える。

幸せ=富や安定という定義だと思いがちだ
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.8

グラン・トリノはこの映画をモチーフにしたのかしら…

軍人さんって過去の栄光にすがっているというより、国民に頼られて祭り上げられるのに地獄の戦いでトラウマを抱えれば腫れ物扱いで、落差が激し過ぎてそうな
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.9

良い意味でフランス映画っぽくない。
オペラとダンスのシーンは楽しくて笑っちゃう。
正反対の環境にいたふたりなのにお互いが求めてるものや大切にしたいことがわかっちゃうって、自然体でいられるって、すごいな
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.6

ギャスパーノエ感を出したかったのかな…
音楽はいいんだけど…

内容の薄さが見事にペラっとしたおしゃれ感とマッチしている
「とりあえずこういう人達いるよね」みたいな表面だけすくった感じ
いつも外側から
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.3

スパイズはセンス良すぎ笑

綾野剛のギャンギャン言ってる感じは受け付けなかったけどシャブ打った時の演技はうまい。

徐々に染まっていく、少しずつ堕ちていくのがリアル。
変わってしまった自覚を持った瞬間
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

4.2

メインの3人の演技が光る。
リリーフランキー、あまり好きじゃないけど日本のゲイリーオールドマンかもしれない…

毎年墓参りは行ってくれだとか線香だとか。
面白いのは須藤には罪悪感というものが一応はあり
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.1

ありきたりだけどセリフが良くて泣ける。
劇団ひとりうまいな〜

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.2

すごい惜しい映画
脚本次第でもっと面白くなるのにってなんか悔しくなった笑
セリフが陳腐、展開のテンポがめちゃくちゃ。要は全体的にだめ…

でも監禁される側の方がむしろ、っていう設定が型破りでとても良い
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

3Dアニメ嫌いだけどたまに子供と見たりすると楽しい。
ありえなさすぎる展開が突き抜けてて逆に面白い。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハンナの気持ちが痛い程伝わってきて辛くなる。
何故そうしたのかなんてその人の人生を生きてその場を経験しなければ絶対にわからない。
判事やその他の人の様にただその時の状況を分析してそれはおかしい、お前が
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

4.6

エドワードノートンの天才的演技力に圧倒された…

現象はひとつでも"真実"はひとつではない。
目的が違えば意味も変わるから、信念が重なり合った人間同士でないと、わかり合うのはなかなか難しい。
自分を貫
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.7

側から見たら自分を持っていて強く見えるけど、心に傷を抱え人に期待することをやめて殻に閉じこもる主人公のカールが鼻で笑いながらもイエス教に入信してみて人生激変しちゃう話。

カール自体元々変な人で面白い
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.7

なりふりかまわず突っ走っちゃう人って見てる分には本当に面白い笑
外面完璧で裏ドロドロな人より不器用なブリジットみたいな人の方が愛おしい。バカにされてもめげずに一生懸命な人は魅力的。
そしてラストが粋!
>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.8

きれいで静かだけど燃えるような狂気
視覚って良くも悪くも人を惑わせる
"見える"ものが全てではないのをわかっていながらも捉われると逃れられない

構成がすごくうまくて驚きつつも納得しながら観れた。
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ガチの自分探し旅…
なんか深みがないというか意外とあっさり終わっちゃったなという感想。

アクションが多い分ストーリーが薄っぺらくて上っ面の解決って感じ。
あと戦闘シーンのビシバシ音がチープすぎて萎え
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.6

男達が粋すぎる。
「We'll always have Paris.」を「パリで幸せだった君との思い出だけで、俺は生きていける」と訳した翻訳家も粋。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

イジメに片親でその母はヤク中ネグレクト…

「愛が必要な時に与えなかったから」と話す母を、許せないのに、許すしかなくなってしまうシャロンが堪えながら涙を流すシーンが一番印象に残ってる。あのシーンのシャ
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.4

好奇心は猫をも殺す。

フランクがドロシーのピーに向かって"mummy…"と囁くシーンをぶち込むあたりさすがリンチ。
他のどのシーンよりも物凄い闇を感じた。

この映画はあくまでジェフリーの人生の一部
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.4

グロい。気持ち悪すぎてうぇーって言いながら逆に笑っちゃう悪夢映画。

リンチの実体験に基づいてるらしい。
日常をベースにヘンリーの感情や思い込みが目に見えるものとして現れる彼の仮想世界って感じ。後半は
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.3

計画のところまでは全部予想がついてしまって楽しめず、こんなもんかと思っていたら最後の展開はなかなか。
頭の良さをこんな風に使えれば、素敵だな。

それにしても阿部寛以外の方々演技が棒すぎる笑
面白くな
>>続きを読む

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

傑作。

世間でははじかれ者でも、誰かに強く必要とされ愛される。生きる意味を与え合える。
真逆だけどどこか似ている2人が惹かれていく様がパズルがはまっていくみたいにすとんと心におさまる。
ハロルドとモ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

伏線回収系映画の中でもポイントが多く細かくて良かった。楽しい。

>|