れんさんの映画レビュー・感想・評価

れん

れん

es [エス](2001年製作の映画)

-

ホロコーストを主題とした大学の社会学の授業でみた。「悪の凡庸性」を客観的には理解してたつもりやったけど、やっぱ2日目であの異常さは理解できへん。「ほんまに?」ってなった。

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.2

細田守が描く日常風景めっちゃ好きやけど、インターネット絡んだ途端趣という趣が全部潰れてる気がしてならん。インターネット空間に入った瞬間筋書きに文句しかつけられへん。
ポテンシャルはあるから次に期待(誰
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

-

生地の感じすごいな
おばちゃんのスライディング綺麗すぎて笑う

紙ひこうき(2012年製作の映画)

4.3

素敵すぎて映画終わった瞬間うぉーーーって叫んだ

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

-

アメリカの制度、文化たまにまじで理解できん
銃規制が進まないのも然り、差別が温存し続けるのも然り

警察と泥棒(2020年製作の映画)

4.0

いや、なんかバイブス、熱量が段違いすぎていた仕方なく短編になった感がすごい。これが仮に1時間続いたら多分見切れん。そんぐらいの密度
1シーン1シーンにアメリカ黒人史の含蓄が溢れてた、表現形式のレパート
>>続きを読む

ラターシャに捧ぐ ~記憶で綴る15年の生涯~(2019年製作の映画)

-

LA暴動ってロドニーキングの事件とその判決だけが引き金やったわけちゃうんやな。 
なんか表現の仕方とか空気感が印象的というか

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.0

忙しい時は日本の映画みた方が癒されることに気づきつつある。この映画とは全く関係ない

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.6

日本の映画あんま見やんけど、日常の一瞬一瞬に価値を感じて大切にしようって思えるような映画は海外ではなかなかないような気がするからそういうところが日本映画の素晴らしいところなのかなと。感動といってしまえ>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

-

入学できたということでテンション上がったから見た。ドキドキワクワクドキドキワクワク、な映画。
完成度高すぎて訳分からん。
最近頑張らなければいけないことができたから、映画見る頻度下がるぴえ

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

-

久々に見たくなったから見た。
前に見たのずっと前やからあ、あのシーンはロストワールドの方なんやって何回もなったから多分もう一本も見る。今見て気づいたけどキャスティング異様に豪華やな

この映画において
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.7

ビューティーインサイドとほぼ同じの設定やけど違う展開。
まあ軽く観れていいと思います
リアノンの服装とサントラが良かった

TOKYO!(2008年製作の映画)

3.5

ポンジュノのshaking tokyo観た。
あの静けさとシュールさ好き。
カメラワークも良き

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.5

なんか物足りんのです
ジェノベーゼパスタがバカうまそうやった

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.6

大金叩いてIMAXで見てきた
めっちゃ楽しみワクワクしていって80分くらいはかなり楽しめてハラハラした。けど結局前と同じかよみたいにおもった

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

ジョージ5世がダンブルドア2世ってことに気づいたのがハイライト
コリンファースの演技がもう演技でもない
こういう生臭い?努力の過程を端折らず描く映画には好感持てるし勇気をもらえますね

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

-

ハリポタみようってなってこの作品観ることなかなかないのなんでやろう

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.2

もう展開も見た目もアホらしすぎてワロタ
個人的にハエにどんどん向かっていくよりいきなりハエと融合してハエ男として残りの時間使った方がおもろいとおもいました

A.I.(2001年製作の映画)

3.5

シックスセンスの残像
気づいたらよだれ垂らして寝てた。
短いながらもいい夢だった

クルエラ(2021年製作の映画)

-

サントラでぶち上がって、ルックで魅了される映画。久しぶりに映画館にお金払う価値のある映画でした。
隣のおじさんが、教養のあるおじさんって感じで映画のネタでも笑っててなんかすげえいい歳の取り方してるなと
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.0

主人公、ブレブレすぎちゃうか?って思ってたけどそれはティーンエイジャー特有のそれを表現するためやと後で気づいた。
良くも悪くもオモテタトノチャウ

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.0

30分でこのクオリティはレベチ。
ループの設定とメッセージの繋げ方うますぎる。
ネトフリやっぱりすごいっす

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

-

人生初試写会!
安定にチャリで行った!
あんま映画は覚えとらん!

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.9

キルビルぐらいからタランティーノ、、ふん?
みたいな感じなってたけど、やっぱタランティーノはタランティーノですね。
自分でも何言ってるかわからん
ただ、ナチ関連の映画でここまでイカした作品が作れるんや

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.8

なんか邦題気に入らんな
内容はとても素敵、好き

>|