じゅんさんの映画レビュー・感想・評価

じゅん

じゅん

映画(91)
ドラマ(0)

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

歴史は勝者によって書かれる。もしイギリスが負けてたらチャーチルは愚かな指導者として記録されたんだろう。歴史が変わる瞬間の人の苦悩を感じれる映画。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

ホラー映画だったわ笑 最初の島のシーンは良かったけどどんどんストーリが雑になって行く。一番進歩がないシリーズの一つ。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

魅力的で残酷な暗殺者というキャラクターが弱かった。良い素材をもっとうまくつかえたと思うのに

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.2

昔見た時はもっと面白いって思ってたけど今見たら少し幼稚だった。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.2

この映画を見た後イライラするのは自分も不条理に対して沈黙しているかも知らないっという不安のせいかな?記者がすべきのものを実話と通じて誇張なく描いが映画。

スナッチ(2000年製作の映画)

4.1

違う人たちの違う目的が一つに絡まって行く過程をユニークな演出で進ませた。もどかしいシーン一つもないさっぱりする映画。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.1

テッド1の長所が薄まった気がする。テッド1の時は可愛いテットから出てくる下ネタとか下品な言葉が面白かったのに今回はそういう面が足りなかった。

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

4.0

ありふれたタイムループ物とは違くて、新鮮な素材、悪くない演出、優れた俳優の演技が目立った映画。特に大きい欠点がない秀作だと思う

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.8

複雑で紛らわしい映画だったけど言おうとするのはちゃんと伝えた気がする。人生はやっぱ短いから楽しもう〜

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.7

家族愛を感じれるストーリーと静かなシーンの中の緊張感最高だった。でも設定上の穴が多すぎた。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

無難な映画だった。途中ストーリーが少し雑になる感あるし、ソーロのキャラが薄い。でもエミリア・クラークが演じたキーラは良かった。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

さすがに期待を裏切らない。おまけ映像は最高すぎた

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.2

面白くないとは言えないけど全般的に意味のわからない映画だった。ブラック.コメディーはたまに難し過ぎる

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

「映画は人を楽しませるもの」という面で評価をすると最高の映画。若い人ならただ映画の映像やアクションで、少し歳のある人なら映画そこそこ隠されているイースターエッグを探す事で楽しめると思う

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.9

12人の個性の強いヒーロを違和感なく表現できた点だけですごい映画だと思う。新しいヒーロの登場が印象的だった。個人的にはキャプテンの映画なのにキャプテンの主張がよく理解できなかった。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.6

まだ多くの人が偏見を持っているけど、もう受け入れるべきの社会の姿。日本風のスッキリでさっぱりした感じの映画だった。

王の運命 歴史を変えた八日間(2015年製作の映画)

4.0

王の視線で息子を見た英祖とただ人間としてのお父さんが欲しかった思悼、二人のズレた運命の話。朝鮮の一番悲しくて残酷な家庭事情を誇張なくそのまま上手く映画に写せた。俳優たちの演技、特に思悼役のユ・アインの>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

映像、脚本、サウンドの調和が完璧だった。水の色も暖かく感じられるような映像美だった。卑劣な世界の中の純粋な愛。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

普通のマーブル映画。少し政治的な要素が多かった気もする。アクションがほかのマーブルの映画に比べて足りない気もする

天命の城(2017年製作の映画)

4.0

アクションがない史劇という点で退屈だという人もあったけど私は韓国史劇の大作だと思った。朝鮮の屈辱的な歴史を客観的に見せた。俳優たちの演技が上手くて名誉か実利という選択の岐路にあった朝鮮の状況に私も夢中>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

超豪華のキャストに対してストーリーが足りない。推理映画みたいに論理的に証拠を見つけて、実相を明かす過程が特に欠如されていた気がする

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.7

自閉症がある天才会計士の物語。単純なアクションに自閉症のという特別な主題があって興味深かった。ストーリーの反転は全部予想できるぐらいだったのが惜しい

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.1

背景になったパリがすごく美しくて行きたくなった。レイチェル・マクアダムズが主演したからみたけどマリオン・コティヤールが綺麗すぎてびっくり。自分が知っている多数の芸術家を見つかるのも面白くて、特に最期の>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.4

人生最高のSFの1つ。SFだけどすごくリアルだった。言語と思考の関係、人生の選択について改めて考えさせる映画。

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.7

俳優たちの演技が目立つ映画だった。ソルヒョンもアイドルとしては結構の演技力だった。アルツハイマーの殺人者という主題で、何か本当の記憶か紛らわしい初、中盤は緊張感がすごかったけど後半が少し予想できて惜し>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.6

ストーリーは予想内だった。頑張って生きろうとする主人公たちの台詞が全部良かった。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

シーン一つ一つがすごく綺麗な絵だった。こんな映画を作ろうとした努力だけで見る価値のある映画

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

「人が本当に死ぬときは人たちに忘れられたとき」というワンピースの名言を思い出す。暖かい色の背景がすごく綺麗だった。

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

3.8

最近見たb級コメディーの中で一番おもろい笑 エマ•ロバーツが可愛かった

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.1

ブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンスの問題児演技がうまかった。愉快で心が温かくなる映画

>|