springさんの映画レビュー・感想・評価

spring

spring

レビュー移行中…1/3終了。クリップしている物はこれからレビュー作成予定の物。
主にサスペンス、ミステリ、ホラーを観ます。退廃的な世界観や後味が悪いものを好みますが、ハッピーエンドやベタな展開も好きだったり。

映画(302)
ドラマ(0)

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.5

パイレーツシリーズで一番好き。王道路線でエンターテイメントに振り切っている。最初にして最高。

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

2019年184本目
滅茶苦茶でやりたい放題な感じが最高。確信犯的B級映画。銃をガンガン撃ちまくって水っぽい血吹雪を上げて倒れるゾンビも途中で消える伏線も突然のラブシーンなどなど詰め込み過ぎて意味不明
>>続きを読む

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ(2016年製作の映画)

3.0

マリウスの存在により一族がまとまるかと思いきやルシアンのようなカリスマ性はなくぼんやりしていた。新しい力を手に入れ覚醒したセリーンが格好良い。それにしてもマイケルの扱いが雑すぎて悲しい。

アンダーワールド 覚醒(2012年製作の映画)

2.5

ヴァンパイア族とライカン族の存在が明るみになり人間が抗争に加わるという三つ巴。ゴシック調の不気味だけど美しい"アンダーワールド"の世界観が好きだったので人間は出てこなくていいよ!と思ってしまった。最初>>続きを読む

アンダーワールド:ビギンズ(2009年製作の映画)

3.0

時系列的には最も古い物語でビクターの印象が変わった一作。武器は銃から剣に変わっているけどスタイリッシュなアクションは健在。決して結ばれない運命にあるソーニャとルシアンの関係が良い。出来れば二人の出会い>>続きを読む

アンダーワールド:エボリューション(2006年製作の映画)

3.0

コルヴィナスの血を直接受けヴァンパイア族の弱点である紫外線による灰化を完全に克服しどんどん強くなっていくセリーン。ヘリコプターからの飛び込みシーンが格好良い。

アンダーワールド(2003年製作の映画)

3.5

1000年以上続くヴァンパイア族とライカン族の抗争という世界観が良い。画面全体の色調もブルーで統一されておりゴシック感が出ている。不気味な雰囲気も相まってケイト・ベッキンセイルの美しさが際立っている。

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008年製作の映画)

1.5

エジプト臭が好きだったので中国に舞台が移ったのは残念だった。そしてレイチェル・ワイズが出演しないなんて…。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド(2001年製作の映画)

3.0

アクションシーンは増えているけど息が詰まるような閉塞感や恐怖感が減ってしまった。レイチェル・ワイズの戦闘シーンは美しいし、もっと戦ってほしかった。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.5

エジプトに興味を持つようになったのはこの作品がきっかけ。黄金の書や死者の書、スカラベミイラ等々子どもの頃は怖かったけど、強烈に惹かれる何かがあるので何度も繰り返し観ていた。レイチェル・ワイズが綺麗過ぎ>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

3.0

エーゲ海を舞台に将軍テミストクラス率いるギリシア連合軍がアルテミシア率いるペルシャ帝国海軍に立ち向かう話。前作よりも血吹雪や残酷性が3割り増し。エヴァ・グリーン様の圧倒的存在感というか美の暴力。捕虜の>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.5

2019年183本目
ジェラルド・バトラー目当てで観賞。
祖国を護るため100万のペルシア軍に300人のスパルタ兵が挑む。スパルタの美学を貫くレオニダス王が格好良い。誇りのために死を厭わない精神性は日
>>続きを読む

キングダム・オブ・ヘブン(2005年製作の映画)

4.0

聖地エルサレムを巡る十字軍とイスラム帝国の戦争を描いた格調高い歴史スペクタクル。キリスト教徒とイスラム教徒の束の間の平和が狂信者によって崩される呆気なさに脱力感を感じてならない。一番の見所は籠城戦とエ>>続きを読む

ロビン・フッド(2010年製作の映画)

3.0

中世イングランドの寒々しく重く湿った雰囲気がよく表現されていたと思う。物語の展開も面白いし期待通りに話が進むので最後までまとまっていた。ケイト・ブランシェット様は気高い女性が本当に似合う。

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

3.0

古代エジプトにおいて神々と人間が共存しているという豪華絢爛な世界観は好き。内容の粗さはあるけど王道ストーリーで勢いがある。神々が武装するところは戦隊モノの変身シーンのようで楽しめた。

ヘラクレス(2014年製作の映画)

2.5

半神半人ヘラクレスの神話をどう映像化してくれるんだろうとわくわくしていたが完全に肩透かしだった。奇を衒った展開は好きではないんだな…普通に怪物を退治したり神々と戦ってもらって良かった。頭の切れるチーム>>続きを読む

トロイ(2004年製作の映画)

2.6

全体的に登場人物たちの描き方が薄いというか印象に残らない。ヘクトルとアキレスは漢気に溢れていたと思う。トロイの木馬からギリシア兵が飛び出して畳み掛けるシーンは良かった。

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.0

ローマ闘剣士を題材にした歴史スペクタクル映画。家族や地位を失いながらも復讐のために闘い続けるマキシマスの勇姿に釘付けになる。戦闘シーンがとにかく格好良い。映像も綺麗だし音楽も良かった。

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.0

2019年111本目
1890年のロンドンが舞台。ホームズとワトソンは5人の女性を殺害したブラックウッド卿の逮捕に向かう。
ミステリーというよりはアクション。この時代のロンドンが大好きなので一つひとつ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

2019年175本目
ビジュアルは絶対敵なのに主人公と一蓮托生なヴェノム。人間相手に無双しまくる展開は面白かった。ぬ~べ~と鬼の関係っぽくて懐かしかった。グロと思いきやコミカルさもあってバランスが良か
>>続きを読む

アンノウン・ボディーズ(2017年製作の映画)

2.5

2019年181本目
展開が読めるし犯人の明確な動機が明かされないので不完全燃焼。シリアルキラーだから、と言われればそうかもしれないけど…。主人公は上司の命令に逆らい自己中心的な行動を繰り返すわ女性と
>>続きを読む

サバイバー(2015年製作の映画)

1.5

2019年39本目
ミラ・ジョヴォヴィッチとピアース・ブロスナンなのにいまいちパッとしない。

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー(2012年製作の映画)

2.0

2019年134本目
元CIAの父親が娘を守りながら陰謀に立ち向かうサスペンス要素やや弱めのスパイアクション。後半のテンポの悪さが気になった。

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.0

オーシャンズやワイルド・スピードを彷彿させる緊迫感とミニのカーチェイス。演者が豪華!

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.5

2019年54本目
ブライアンがいない寂しさはあるけど所々にブライアンを思わせる車等々があったことが嬉しい。愛されてるなあ…。終盤にはファミリー達が集まってドムを爆風から守る場面に感動。ステイサムの安
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

ブライアンを演じるポール・ウォーカーの遺作。ポールへの追悼を感じされる語りやラストに流れるSee You Againに涙。過去作品を思い出して感慨に浸りました。前作から更にアクションも迫力を増していて>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.5

今回は車だけではなく飛行場での爆走やハイウェイでの戦車戦もあり大迫力のアクションシーンが増している。レティの復活がある一方、ある別れもあり複雑な心境…。ファミリーへの思い入れが強くなる一作。

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

2.0

2019年61本目
殺しの手際が素晴らしい。高層ビルの張りだしプールは怖いよね。前作を観てなかったので誰が誰だか…前作視聴後に観れば良かったと後悔。

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

2.5

2019年52本目
前半は八百長の失敗により家族も家も失い不運の連続で救いようがない展開に。メンタル弱々になりながらマフィアに狙われた少女を偶然助けたことで危険にも
見舞われる。後半はロシアンマフィア
>>続きを読む

PARKER パーカー(2013年製作の映画)

2.5

2019年31本目
ルールを疎んじる仲間から殴られて血みどろになったり撃たれたり車から落とされたりして今回は瀕死の重症を負う珍しいステイサムが観れる。すぐ復活しちゃうけど満身創痍になってもやり遂げる格
>>続きを読む

>|