バムセさんの映画レビュー・感想・評価

バムセ

バムセ

映画(1019)
ドラマ(1)

転校生(1982年製作の映画)

4.5

この映画でトロイメライが好きになった個人的には、青春映画の傑作!
昭和の終わり頃、親と一緒にドキドキしながら、観たことを思い出します。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

前進する妻と成長できない夫!
美しい思い出があるのが、
余計に辛かったっす!!

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

よくある因果応報ものですが、
サクッと観れました。
家族を大切にする気持ちと、思春期の承認欲求の間で揺れるヒロインには、少しだけ共感しました。

昔から、アメリカのスクールカーストって、分かりやすいイ
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.9

死ぬ事が身近に感じられる様になった妙齢となった今こそ、再鑑賞したい。

街の灯(1931年製作の映画)

4.0

確か、中学生位に観た。
あんな紳士になりたいと思った。
中年ななった今も、変わらず、あんな紳士なりたいと時折、考える。

黒い家(1999年製作の映画)

3.8

日本最凶おばちゃんの一人。
こんな人に狙われたら、
おしまいだぁ~

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.6

街の中の人々のリアクションに、
気持ちが沈む。
この頃のウィノナ・ライダーって、
最高にキュートでしたね。

(2000年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

おばちゃん、どこまでも逃げて、
掴むんだぞ、小さな幸せ!
なんて、応援してました。

ステイ(2005年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

幻想的な映像と不穏な音楽、役者さんの演技も含めて、雰囲気は好きです。
しかし、理解が難しい。
無念さや切なさは伝わりましたが・・・

ハッシュ・マネー(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

絵を描く女の子の姿に、一筋の救いが・・・
低予算を感じさせられる作品ですが、
画作りが上手い。
掘り出し物でした。

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

2.5

設定は良いんだけど、余りにも説明台詞が多いんで、冷めちゃいました。
もったいないなぁー

ミスト(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おっせーよ!

アルカディア(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

不思議な作品で、最後まで飽きずに、
観れました。
カルト教団の方々がいた場所は、
煉獄って事?

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

3.0

ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク、
リサ・ローブ。GENERATIONS-X
あの頃も今も輝いている。
自分は?!

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

パンデミックが始まって思い出した映画。
シミュレーションとしても、
良く出来ている。

早く、新型肺炎ウィルス感染、鎮まれ~

パッチ・オブ・フォグ −偽りの友人−(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

盗っ人同士の変則的「おっさんずラブ」
二人共に、なかなか気持ち悪く、
適度な不快さ?!で、興味が持続しました。

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

人間って何?!って、考えさせられるこの手のSFって好きです!
ラスボスの造形に工夫が欲しかったかな?

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.1

どこまでが幻覚で、どこが真実か?
一度、観ただけでは、理解しきりませんでした。哀しさだけが余韻として残りました。もう一度、観たい良作!

一度死んでみた(2020年製作の映画)

2.0

自分には、合わなかったdeath!
役者さんは、良かったdeath!!
テレビ向けdeath!!!

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.0

ビジュアルも綺麗だし、
アクションも楽しい!
けど、お客さんが少ない。
仕方ないとはいえ、こういう映画を映画館で、沢山のお客さんに囲まれて観れる時に戻って欲しい・・・

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

途中まで完全に精神疾患の彼の仕業、
若しくは、痴情の果ての惨劇では?
なんて考えていて、やられました。
そして、ラストに涙。

豪華なキャストなのに、今まで知らなくて観て、得した気分です♪

Red(2020年製作の映画)

2.0

演者さん達が美し過ぎて、現実感が全くありませんでした(笑)
日常の不満や、充たされない気持ちを抱えた夫婦なんて、そこらじゃうに転がっていそなお話はリアルで、考えさせられました。

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

4.0

知らなかった現実!
救いがない!!
ジェニファーローレンスの演技に
うちのめされました。

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

4.2

10数年ぶりに鑑賞!
この作品は切なくて好きだなぁ~

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

2.5

アメリカの中のキリスト教の置かれた背景とか分からないから、謎の部分が多かった・・・
ひとつ感じたのは、孤独は、人を追い込むのかな?って事ですかね???

es [エス](2001年製作の映画)

3.9

人間の怖さをあぶり出した作品。
鑑賞後に気が滅入りました。

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.5

若い頃の思い出の作品!
勧善懲悪のシンプルなストーリーに
夢中になったものです♪

大いなる遺産(1998年製作の映画)

4.1

主人公がモデルのヒロインを夢中に描くシーンが好き。
主人公に関わった全ての人が遺産なのでしょうか・・・

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.1

観た当時は期待せずに観て、
号泣したものです。
演者の歌に感動!

紀子の食卓(2005年製作の映画)

3.5

家族ってなんだろ笑
つぐみって良い役者さんだなぁ

>|