バムセさんの映画レビュー・感想・評価

バムセ

バムセ

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

舞台劇が原作との事で、苦手の演説大会になる事を危惧していましたが、若手役者さん達の自然な演技と、いい塩梅のファンタジー要素がまじった作品でした。

結婚式の余興の打ち合わせの為に久しぶりに集った仲良し
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.0

有名な無差別テロ事件の再現作品。
犯行とほぼ同時間との設定で、ワンカットで振り返る作りです。鑑賞後は、分かっていたつもりですが、やるせなさしか残りませんでした。

若者たちの平和なサマーキャンプ風景か
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アマプラ配信終了間近っていう事で、あらすじに惹かれて鑑賞。女子高生や認知症女性のリアルから程遠い自分にも沁みる良作でした👏🏻

高校生の葵はクラスメートから委員長と呼ばれる優等生ですが、人知れず、万引
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

予備知識無しで鑑賞。久しぶりにスカッとした余韻を味わう事が出来た作品でした👏🏻

アメリカからイギリスに渡り、大麻取引で闇社会に君臨してきたミッキーですが、引退して事業を誰かに譲るとの噂が流れます。噂
>>続きを読む

ガルヴェストン(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アマプラのウォッチリストで放置し続けた作品。ようやく鑑賞。早く観るべき良作でした。

裏社会に生きてきたロイは重病らしい事を医師から宣告され、自暴自棄気味。そこへボスからの命令に従ってみると嵌められ殺
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

タイトルがラノベっぽいなぁって印象で、予備知識無しで鑑賞しました。
想像していなかった地獄展開のダークファンタジー要素も含む作品で、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」を思い出しました。

平凡な日々
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読で過去作は鑑賞済みでしたので、世界観は薄ぼんやり覚えていた程度で鑑賞しました。

東京で穏やかな生活を過ごしている剣心でしたが、突然、何者かが街を立て続けに襲撃し、剣心の親しい仲間が傷つけら
>>続きを読む

カイト/KITE(2014年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

未見の日本のアニメ原作の実写化らしいとの事で鑑賞。90分の尺が長く感じる残念な作品でした。

少女達が誘拐されて売買される近未来。
幼い時に警官だった父と母を目の前で殺された少女サワは、殺害した相手に
>>続きを読む

ひとくず(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

重いテーマであるかな?って位の予備知識無しで鑑賞。古臭い画作り、クサイBGM等、昭和を感じさせる作風に戸惑いましたが、客入りの良さも納得の良作でした👏🏼

あるアパートの薄暗くゴミが散乱している部屋に
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「ハッピー・デスデー」の軽快さを期待して鑑賞。予想した範疇に展開するので、
新鮮味には欠けましたが、気楽に楽しめる作品でした。

内気な女子高生ミリーは父を亡くし、アルコール依存症の母と警官の姉とギク
>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

3.0

ドラマ版は未見で鑑賞。
ストーリーはさておき、役者さん達のどこまでが演技で、どこからがアドリブか分からない上手さが楽しめました。
大杉漣さんへの愛を感じました。
改めて、ご冥福をお祈りします!

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

話題作が我が街で鑑賞できる様になりましたので、早速、鑑賞して来ました。

環境破壊が進み、人類は地下資源の開発は人口生命体マリガンに押し付けていましたが、自我に目覚めたマリガンが反乱を起こし、地下世界
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

若くして急逝が伝えられたチャドウック・ボーズマン目当てで鑑賞。

主人公のデイビス刑事は幼い時に、同じく刑事だった父を犯罪者に殺された悲しい過去を持ちます。そんな彼が住むニューヨークで、犯罪者との銃撃
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人物描写に長けた監督だと感じる吉田圭輔監督の最新作。期待通りに人間の可笑しさ、愚かさ、素晴らしさに長けた作品でした。

ボクシングを愛する瓜田ですが、情熱にあった戦績をあげていません。反対にボクシング
>>続きを読む

秘密への招待状(2019年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

2大女優共演ってだけの予備知識で鑑賞。

インドで恵まれない子供達を世話する団体イザベル。団体の資金難で運営が厳しい模様。そこへ実業家テレサから資金提供の申し出があり、ニューヨークへ向かいますが・・・
>>続きを読む

ゾッキ(2021年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

豪華俳優3名が監督するオムニバス形式の作品。演者さんも豪華。

ある女は「秘密を沢山、持て!」と祖父に告げられ、ある男は寝袋ひとつでママチャリで南を目指す旅に出ます。ある少年は嘘を付く事で大親友を得ま
>>続きを読む

ファイナル・アワーズ(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

Amazonプライムビデオの配信終了案内で面白そうだったのですが、途中で気が付いてしまいました。過去に観た事を😅

巨大な隕石が地球に衝突し、人類が滅亡するまであと12時間に迫ったオーストラリアが舞台
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

話題作なのに観客は片手で足りる程で、作品のタッチも重なって寂し限りです。

アメリカの企業城下町で暮らす初老女性シェーンは、リーマンショックの影響で勤務先企業が倒産。住み慣れた住居を引き払って車上生活
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

好みの作品を撮る吉田監督、好きな役者松岡茉優さんというだけで、楽しみにしていた作品。最高に楽しかったです😄

創設者の急逝により権力争いの渦中の大手出版社のお荷物雑誌「トリニティ」の変人編集長速水と彼
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

賞レースに名前があがっている話題作。アメリカへ移民した韓国人一家のお話ということで、昨年末に鑑賞した「フェアウェル」にも通じるテイストの作品でした。

1980年代、家族を連れてアーカンソー州の荒れた
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

今、勢いのある清原果耶さん、成田凌さん共演だとの予備知識だけで鑑賞。

ルックスは悪くないのですが、数学オタクで世間知らずコミュ障気味の予備校講師の大野。それを心配し、「普通じゃない」と指摘する教え子
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.0

子供の頃の夏休み等、地上波で毎日、放送されていて夢中に観ていた作品。
数十年ぶりに鑑賞しましたが、まさかの実写になっても、愛すべきマンネリ。楽しかったです😊

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

文学には疎い自分ですが、チャールズ・ディケンズ原作作品は観たことはあり、個人の壮大なドラマを期待して鑑賞しました。

幼い主人公のデイヴィッドは、優しい母と家政婦に囲まれながら、変わった人々をメモに書
>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

予告編のみの知識で鑑賞。
よく出来た若者の成長物語ですが、
予定調和の展開には、苦笑いです😅

スポーツや化学等のエリートの集まる高校の校庭に落雷があった直後に、野武士が襲ってきて、さぁ大変・・・
>>続きを読む

43年後のアイ・ラヴ・ユー(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

邦題のセンスの無さから観るのが躊躇われましたが、アルツハイマーを取り扱っている事から鑑賞しました。生きる活力には、執着って大事なんだなぁと気付かされました。

妻に先立たれた齢70歳の元演劇評論家のク
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

予告編のみの知識で鑑賞。
大仰な演技が苦手な藤原さん主演でしたし、期待はしていませんでしたが、
予告編とは異なり、シリアスなお話で楽しめました。

謎の秘密組織AN通信社の諜報活動を行う鷹野。相棒の
>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アマプラでオススメされて観た北欧ミステリー。タイトルから表現されている様にジメジメした田舎の閉塞感の中の負の歴史を掘り返す嫌な作品でした(褒め言葉)

アイスランドのレイキャヴィークで発生した殺人事件
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

予告編を観て、ソーシャル・ディスタンスが推奨されている時代にあった低予算SFかと予想していましたが、ミステリー要素の強い作品でした。好みです。

謎の事故にあった記憶喪失の男リーム。
街を彷徨っている
>>続きを読む

ジュゼップ(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

予備知識皆無で観た珍しいヨーロッパのアニメーション作品。難解な部分もありましたが、繊細なタッチで描かれる世界に、惹き込まれました。

スペインのフランコ独裁政権から逃れて来た難民でしたが、フランス政府
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

アイドルに嵌る事も無かったので、
不安を抱えたまま鑑賞。
アイドルヲタ界隈の知識がない自分は、不安が的中しました。

彼女もお金もなくどん底の生活を送る青年、劔。松浦亜弥のミュージックビデオを見て「ハ
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

外国映画の上映が少なくなり、邦画中心のライナップが続くシネコン。寂しいですね。本作も予備知識皆無で出演者だけに惹かれて鑑賞。地方在住の中年男性の自分には、正直、ビンときませんでしたが、
女性には、ささ
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前作の高層階中心の戦いから、地上戦中心の本作。ツッコミどころ満載ですが、
楽しいアクションSFでした。

前作は、宇宙船に連れ去られたバリピカップルの彼氏は人間の心を持ったままエイリアンになり、彼女を
>>続きを読む

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人襲来、絶望的な展開もの。
たまに観たくなりますよね。

ロサンゼルスのセレブの友人の誕生日に招かれた主人公と彼女。タワマンの高層階のパーティでの痴話喧嘩した後に眠る夜、謎の青白い光に照らされた
>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ミラー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あらすじから「キャリー」や
「ミスミソウ」的な展開を予想して鑑賞しました。それらに「イグアナの娘」要素を加味した切ない佳作でした😢

整形外科医の父と優しい母と豪邸に住むマリアでしたが、父からは「出来
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.5

予備知識なしですが、フォロワーさんの
レビューが定期的にTLにアップされる作品で気になり鑑賞。

失語症になった女優エリザベート。それを世話する看護師のアルマ。療養先の海辺の別荘地で共同生活を続けるう
>>続きを読む

>|