ArinaUmebayashiさんの映画レビュー・感想・評価

ArinaUmebayashi

ArinaUmebayashi

映画館/WOWOW/アマゾンプライム

映画(487)
ドラマ(1)

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.8

主人公の演技力すごすぎる
完全に7人演じ分けてる。。。

裸の銃を持つ男(1988年製作の映画)

3.9

小笑いたくさんってかんじ!
くだらなすぎて面白かった

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

とっても良い映画!めっちゃ元気がもらえたー
宇宙関係の仕事する理系女子本当かっこよ

プチ・ニコラ(2009年製作の映画)

4.0

でてくる子役たちみんなかわいいー
フランスの少年ってこんな小さい時から髪の毛ワックスしててお洒落だわ

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち(2014年製作の映画)

3.4

設定がSFすぎるのは置いといて、この2人ちょっと自己中すぎないか。。。
夫が可哀想

愛を積むひと(2015年製作の映画)

4.3

心ポカポカ〜
北海道って本当に綺麗

派手さはないけれど、こういう邦画をもっと見たいな、と思った

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.2

ほんわか温まる系映画

リリーフランキーがとても良い

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

4.4

よかった!
ニコラススパークスらしからぬちょいサスペンス的な始まり方だったけど、終わり方はよかった

海外の田舎への憧れがまた湧いちゃった

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

最後ちょっと内容詰め込みすぎだけど、設定はめっちゃよかった

(2017年製作の映画)

3.2

展開が急すぎて全然感情移入できなかった

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.6

日本の警察くそすぎん???信用できないわ
ってなる映画

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.6

ボストンマラソンの事件、この映画見るまで何も知らなかった、当時は多分「テロおきたんだー」くらいだったと思う。

すごい臨場感あふれてて所々実際の映像も織り交ぜられてて尚且つ緊迫感もあってすごく良かった
>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

3.6

宗教的映画

てか11歳の娘が申し訳ないけど全然11歳に見えなかった、もはやお母さんのが若く見えるレベル笑

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.2

切なすぎる…いや終わりかた…

イギリスにはこういう実情がきっとまだあるのかな
あまりに理不尽

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.3

子供向けの映画かと思ってたら全然違った…
たくさんメッセージが詰まってて大人も子供も違った観点で観れる映画だと思う!おすすめ!

アポカリプト(2006年製作の映画)

1.0

スーパー胸糞映画
見てて本当に吐き気が止まらなかった

この映画が伝えたいことも何で評価されてるのかもさっぱりわかんない

ただただ気持ち悪い

いま、輝くときに(2013年製作の映画)

3.4

わたしにはあんまハマらなかった、、、
てか男も女も美形じゃないし何でこのキャスティング感がヤバイ

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

すばらしいね!!!!!!

私もすずになってこの三姉妹たちと一緒に生活したさで溢れました

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.7

ひたすらに阿部寛がダメ大人すぎる作品

もうひたすらに樹木希林かわいそうすぎないかこれ

マクファーランド 栄光への疾走(2015年製作の映画)

4.0

かなりありきたりなスポ根もの

でもとても良かった

アメリカの田舎の実情ってこんななんだなって思うとかなり切ない

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

よかったはよかったけど、泣けるかと思ってたからちょっと残念。
だけど犬って人のことわかってるなって飼い犬たち見てても思うからそこは共感ー

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.3

とてもとても良かった!!!
脇役たちもそれぞれキャラが光ってて見てて飽きなかった
田舎のあたたかさまじで憧れるわ

殺人の告白(2012年製作の映画)

3.8

面白かった!!!
まさかそういうことだったとは!ってかんじ

ぼくと魔法の言葉たち(2016年製作の映画)

3.7

映画ではなくドキュメンタリーだった
NHKとかで放送されてそう

ディズニー映画はやっぱ素晴らしいですな

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.9

とても良い
ゆったり流れてく感じがすごく良かった
それにしてもイタリアの少年ってなんであんなイケメンなのかね

>|