ArinaUmebayashiさんの映画レビュー・感想・評価

ArinaUmebayashi

ArinaUmebayashi

映画(720)
ドラマ(1)

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.6

現実にありそうな話
リアルすぎて樹木希林が怖かった

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.7

ありそうなストーリーだったけど面白かった
ビーかわいかった

くちづけ(2013年製作の映画)

4.6

切なすぎて最後涙止まらなかった
強いて言えば橋本愛のキャラがまじ無理だった

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.8

高校生の青春映画かと思ったら全然違った笑
期待よりもはるかに良い映画だった
横浜流星ハマり役だね

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.5

友のために立ち上がれるのカッコいい、感動した🥺
主人公めっちゃ可愛い
まじでアメリカっぽい映画

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.7

ジュリアロバーツずっとキレてたし、同情できないこともたくさんあったけど、めでたしで終わって何より

マイ・レフトフット(1989年製作の映画)

3.9

お母さんまじいい人すぎてやばい、兄弟もみんないい子達でいい家族だなーって

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

終わり方切なすぎ
クリントイーストウッドしわしわすぎ

U・ボート(1981年製作の映画)

3.4

ずっと映像が暗いのとみんな顔びしょびしょすぎなのと映像荒すぎたので途中でやめた

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.8

まじでキチガイ映画
ネタバレ読まないと題名の意味が全くわからん

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

特に何も起こらないけどそれがいいみたいな映画
フィンランドいい国だね

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.9

どんでん返しにオーってなった
ブラピの体バッキバキ

まあだだよ(1993年製作の映画)

3.0

もはや一種の宗教に見えて気持ち悪くなって辞めた

あん(2015年製作の映画)

3.7

樹木希林の演技最高なんだけど、中学生のわかな役の子の喋りかたが遅すぎるし棒読みだしまじ残念
ライ病ってここまで差別されてたんだね

日日是好日(2018年製作の映画)

3.6

内容はめちゃくちゃゆったり。起承転結もなんならない笑
樹木希林がまじで名優すぎて…

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.6

薬物の恐ろしさ…まじでやめれないんだね、怖すぎるわ
お父さんまじ偉大

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

4.3

泣けた!
けどお母さんのやり方には結構イライラした!1人に構ってるときにのこりの2人放置するの絶対ダメっしょ…
リジー役の子がめちゃくちゃ美人

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.6

最後にかけて展開が急すぎた…内容は良いからもっと丁寧に描いてたら泣けただろうに

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

なにこの素人が作ったみたいな映画って最初思ってたけどそーいうことね!ってあとでなった笑
面白いwけど評価されすぎ感もある
ゾンビの撮影ってこんな感じなんだーって裏方の方も見れてよかった

ペコロスの母に会いに行く(2013年製作の映画)

4.3

認知症系のめちゃくちゃ重い話なんだけど、すごくほっこりする
長崎の街並みもいいし、無名な俳優を主役陣に置いてるのが逆に先入観なく見れてよかった

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.1

途中主人公が頭お菓子すぎてイラついたけど終わり方はとてもハッピーだった!
まず自信持つこと大事

スイング・ホテル(1942年製作の映画)

3.6

クリスマスーって感じ!歌がとても良い
 内容は普通

はじまりはヒップホップ(2014年製作の映画)

4.2

歳をとってもこんなにキラキラした青春を送りたいなって思った

第三の男(1949年製作の映画)

3.6

もはや途中からストーリー追えなくなったけど面白かった。途中までは
映画は3日かけてダラダラ見ると内容忘れちゃうね

華氏 119(2018年製作の映画)

4.3

まじでマイケルムーアの行動力には頭が下がる。
アメリカ人ってみんなで行動して国を変えてこうするのがすごい
日本人はこんなことできない
国中のティーンエージャーが結束して学校サボってデモするなんて。本当
>>続きを読む

人生模様(1952年製作の映画)

4.2

オーヘンリーの名作短編映画
気軽に見れるし心あったまる

>|