長谷川さんの映画レビュー・感想・評価

長谷川

長谷川

映画(145)
ドラマ(4)

心のカルテ(2017年製作の映画)

-

自分じゃ気付いてないレベルも含めたら摂食障害の人ってめちゃくちゃ多いと思う
コンビニのパンコーナーで裏のカロリー全部チェックして結局買わないとかみんなしてるよね?

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

-

賢い女の子ってそれだけで魅力的!そして侯爵がイケメン…本物のイケメンや…

ヘロイン×ヒロイン(2017年製作の映画)

-

辞めさせようとする人がいて また それに応えようとする人がいて良かった

レベッカ(2020年製作の映画)

-

レベッカちゃんは何でもかんでも自分のイニシャルつけて自己顕示欲強いなあ

ダークナイト(2008年製作の映画)

-

レイチェル、わたしの髪切ってくれてる人に似てるんですよね

君に届け(2010年製作の映画)

-

内容は5000回ぐらい観たことあるやつ
みんな若くて若さが弾けてて可愛い

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

-

青いニットにエプロンの凪沙さんは完全にお母さんだったしお母さんって言われた時の顔いっぱいの笑顔良かったな〜
一果が海で踊るシーンは凪沙と同じ顔して観てたと思う

服部樹咲 良い
おでこのニキビも可愛い

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

-

戦争に反対してるんだってことを最後に訴えたところが本当に良かった 鳥肌

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

-

めちゃくちゃやのに飽きずに観ちゃう
とにかく原爆の扱いが雑なのよ

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

-

家族と離れて色んなこと犠牲にして努力して格好良いしかない…みんなバラバラの将来を思い描いてて永遠じゃないことをわかってるのも良かった

旅行先での親との軽い会話でそこに住むことになるなんてあり得るんや
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

-

人たらしも度が過ぎると滑稽
マリーとフランシスが愛おしい

新聞記者(2019年製作の映画)

-

あの青い部屋で真面目にやってるのがTwitterだなんて…
正義と家族どちらも大事だからね

帝王切開後はさすがにあんな平和じゃないと思う

おとぎ話みたい(2014年製作の映画)

-

出戻り文化人とサブカル貧乏はこの世に何人いるのか
ほとんど暴走でしかない感情を的確に言葉にできる女子高生はこの世に何人いるのか
先生は忘れてないし泣いてたよ

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

逆転してからのレイノルズの方が血が通ってる感じはした
ハウスのエレガントな雰囲気は大好物
肝心のドレスが個人的にはそこまでグッとこなかった

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

-

面白かったけど最後はユヨンソクみたいな若い人じゃなくおじいちゃんとかにして欲しかった
そっちのが説得力あったと思う

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

ノラが言ってた母親は完璧を求められるっていうのめちゃくちゃわかる気がするな〜
2人が思いっきり喧嘩しまくるところもリアルすぎて…あそこまで感情的になったら絶対言っちゃいけないこというだろうなってわかる
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

-

琥珀さんと雨宮兄弟が揃えば絶対負けない安心感
達磨一家の車のバランス感
今回のスモーキーも空見上げてた

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

-

この世界観に慣れてくると感覚が麻痺してきてラストはめちゃくちゃテンション上がった
今回の窪田正孝は空見上げてるだけです

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

-

熱すぎる台詞の連続に笑わずやってのけるプロ根性
九十九が大事なことずっと黙ってたのが悪いんじゃない⁈⁈⁈

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

-

色々起こりまくるけど淡々としたナレーションで淡々と過ぎていった
ロイに関してはほとんどギャグ

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

-

エルファニングがジェットコースター乗ってオーマイガーって言うとこ可愛すぎる。ムカついてたけどいっぱいの花見て笑っちゃうとこも。
自分が先に踏み込んでおいて踏み込まれたら逃げるのかよってちょっと思ったな

アグネスと幸せのパズル(2018年製作の映画)

-

この映画観た後セーラームーンの1000ピースパズル買いました