花さんの映画レビュー・感想・評価

花

常にネタバレします

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.5

100%幸せになれる!
最後の場面が終わった瞬間、にま〜って笑ってる自分の顔が画面に映ってた。
原題「宇宙に感情はない」も惹かれる。

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

奔走するクマとある一家とマダム。

「ロンドンは変わり者だらけ つまり誰でも溶け込める」、本当にそうなのかもしれないね。
「東京は『変な人』をそのまま『変』でいさせてくれる場所」だと誰かも言ってたなあ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

とにかく音楽が最高。圧巻の歌声。開始2秒で引き込まれるので遅れないことが大切。
This is meの「気をつけろ 私が通るぞ」って歌詞が超好きだった。
正直言うとストーリーは普通。夢について語ってる
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.5

既に何度か観てるけど、これってこんなに良い話だったのかとちょっと驚いた。
ふと合わさって離れていく二人、住む世界が違うから一緒に生きてはいけないけどある瞬間だけ人生が交叉する。だけどアリエッティも翔も
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

5.0

とんでもない英雄叙事詩。神話そのもの。表情筋引き攣ってる。摂氏5度は上がった。
「王の凱旋」はこれの8000倍面白いって本当?観るの怖いんだけど。わたしも絶叫上映で王を称えたい。

ベニスに死す(1971年製作の映画)

4.0

かの有名な美少年。 輝きが違う。他と一線を画している。比類ない美しさ。全く爽やかでない。胸焼けした。
美しさにあてられて立ち眩みを起こす男の気持ちがよく分かる。
ひと夏のアバンチュールかと思いきや言葉
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

テオとダニエルのひと夏の思い出。
30年後に再会して欲しいよ。

兄弟って親子ほど密ではないけれど切り離せない、不思議な存在だなあと思うので、何だかんだダニエルくんにやさしいパンクのお兄さんに胸打たれ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

2.0

ストーリーがめちゃくちゃで困惑するしかなかった。
これ何の話?
花火のシーンは大笑いしたけど。
つくづくコリンが可愛い。

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

3.5

急遽バイト休みになったのでまたしても公開日に観てきた。ハッピー春休み。

新規カットがとても多いので嬉しい、めちゃめちゃ多い。ルルーシュの「コーネリアお姉様」が聞けた時にいちばんヒュウ⤴︎ってなった。
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

凄く濃厚な時間が流れていた。上品。トム・フォードの手にかかると人生最後の日が視覚的にもこれほど美しくなるんだなあ。

あまりに艶やかで始終そわそわしていた。
とにかく男たちが美しく撮られてる。
ニコラ
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.0

この世にはこれほど綺麗な少女がいるんですね。陽に当たる髪が絹糸。
母が自分の我を肯定するために芸術を必要としていたのだと思うとちょっと悲しい。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.5

3時間もあるのか…なっげ〜〜と意欲低めだったけど、全然長さを感じずにあっという間。凝ってるな〜と、面白かった。(言っても間に仮眠挟んだ)

何も考えずにビーフシチュー食べながら観た。血がドバドバドバで
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

これも観るたび泣いてしまう〜〜
マチルダは大人だけど12才、レオンは大人の体をした12才、不完全な二人の愛が深すぎる……

あの日のように抱きしめて(2014年製作の映画)

3.0

この短い映画を3日に分けて観たので内容があまり頭に入ってこなかった(わたしが悪い)
声や話し方で気づかないものなの?と思ったけど、妻は生きていると信じていたら見抜くこともできただろうね。

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.0

「親に捨てられた子供はずっと自分のことを責め続けるんだよ」って誰の台詞だったかな…観てる間中考えてたけど思い出せなかった。
みんな親から解放されて幸せになって欲しい。
だけどグレイスのように、自分が子
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

う〜〜観るたび泣いてしまう。
希望を忘れないこと、学ぶこと、音楽を聴くこと、継続すること、あらん限りの時間を尽くすこと。

Netflixで観たんですが、アンディがレイプされる場面、ちょっとカットさ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

普通に面白かった。1は観てないけど話も分かりやすかった。
ウイスキーは妻子をジャンキーに殺されたということで麻薬を恨んでいたけど、麻薬だけじゃないですよね。酔った人間が傷害事件を起こすことは多々あるし
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.0

ジム・キャリーが凄すぎる。
飛行機止めちゃったり荷物ばらまいたり、被害総額ヤバそうだな。
一番良い人で一番かわいそうなのはママの(元)彼。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

2.0

ストーリーは全然はまらなかった。
イヴには本当に音楽の才能があるのか、それともただ音楽に打ち込んでるだけなのかが分からなかったので何となく入り込みにくかった。ただ、絶妙な物寂しさには度々悲しくさせられ
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

4.0

つらい…何とも言い難い…

環境に順応するため、生き延びるために自分たちで試練を定め、心を殺す方法を身につけていく双子。名前は最後まで与えられない。
お母さん、「強い子でいてね」というあなたの願いは叶
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

5.0

匂い立つ美しさと若さ、熱吹く心を持つ彼女らを狭い家に閉じ込めて抑え付けてことなんて到底叶わない。

処女検査クリアするために後ろをつかうことを覚えたり、そういうものですよ、人は。縛り付けて殴ったって。
>>続きを読む

ローラーガールズ・ダイアリー(2009年製作の映画)

3.0

乱闘が始まるかと思いきやみんなで食べ物投げつけ合う場面が良かった!
不穏な展開も遊びに変えてしまう人たち。生きていく上でポジティブへの変換力はめっちゃ重要らしいので。
オリバーが全くかっこよく見えなか
>>続きを読む

楽しいムーミン一家 ムーミン谷の彗星(1992年製作の映画)

3.0

スナフキンの高度な悪口にめっちゃ笑った。
「昼寝してる豚の夢より情けないやつだ」って、強烈すぎて耳を疑う。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

何故フィンセントは生涯を通して不幸だったのか、何故生前に全く売れなかったのか(モネにも絶賛されたのに!)、何より何故テオは兄の才能を信じることができたのか。
映画を観ても結局分からなかった。
ただ一つ
>>続きを読む

デタッチメント 優しい無関心(2011年製作の映画)

4.0

物心ついた頃から教師は絶対になりたくない職業堂々の一位。
子供の時、家族以外で身近な大人って決まって学校の先生が多いと思うんですよ。だから家庭で何かあったら学校に逃げるしかない子供もいると思うし、日中
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

つまらないことに微塵も愛想笑いしない、泣きたくなるほど冷静な女の子が大好きだし、松岡茉優ちゃんが「は?」って言うたびに場内で笑いが起きてた。
名前を呼ぶ行為に対して無性に愛を感じてしまうので(昨今話題
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

最高!大好き!
5回も10回も観に行く人がいたのも納得!
冒頭5分くらいで虜になった!愛と夢!夢と希望!生きていくよわたし!!って気持ちになれる!ハピネス!!!!!(頭悪)
差別を否定しながらも少なか
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.0

漫画を読み直したので劇場版も観てみた。めちゃめちゃかっこいい映像。
エヴァは大好きなんだけど、根が深すぎて分かりようもない。
漫画とは違って終盤にカヲルくんが出てくる展開は胸熱。

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

2.0

画面上のすべてが色彩豊か。
オレンジ色の壁を背景にみずたまオレンジのワンピースを着たマドレーヌが一番綺麗だった。
ずっと流れてる音楽も台詞回しも耳触りは良かったけど、話は退屈。
2年待つどころか9ヶ月
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

5.0

めちゃめちゃ良くて底抜けにしんどかったよ!

15歳頃に一度原作を読んでいるんだけど、その時は大した感慨も抱かず、海で泳ぐシーンと父親の持て余した性欲しか覚えてなかった。
いま観るとこんなに脱力してし
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.0

「素敵」はやっつけ的な褒め言葉だと感じるのであまり使わないようにしているんだけど、「素晴らしくて敵わない」という由来を聞くと印象がすっきりする。

普段は戸田恵梨香呼びのわたしも、彼女のキスシーンでは
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

5.0

夢を見られない世界で、夢を叶えようとするイーサン・ホークの姿。
懸命な姿には何もかも巻き込まれる。
「体を貸す代わりに、夢をもらった」
人間には運命がある、だけどそれは限界ではないということ。
ジュー
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

ジョニデはすっかり年をとったな〜って印象。
次々と事件が起こったり謎が判明する割に、話の大半退屈してた、正直。
本当はもっと面白いんだろうなーあんまり納得がいかないと原作も読んでみなきゃという気になり
>>続きを読む

追憶と、踊りながら(2014年製作の映画)

3.5

はあ…ベン・ウィショー…好き…どうしてこうも掻き立てられる……考え込む時にひげをずっと触ってるのもかわいい…堪えきれずに嗚咽する演技には潰されそうだった。

カイを演じた男性も、明らかに西欧の血が入っ
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

2.0

どうしてコリン・ファースさまは礼服ですらズボンがだっるだるなんだろうって気になってた。そういうもの?この年代のもの?かわいいから一向に構わないけど。
南仏の景観と屋敷のガーデニングが綺麗なこと、エマ・
>>続きを読む

>|