うめこさんの映画レビュー・感想・評価

うめこ

うめこ

映画(492)
ドラマ(296)

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

こじらせ松岡茉優のシュールな成長恋物語。
ミュージカル始まった時は戸惑った、いい意味で。

ルームメイト(2013年製作の映画)

2.5

もっと突き抜けたサイコ感が好みだけど、深田恭子と北川景子がかわいいからまあ。
あからさまになんかありそうな深田恭子の方でなく、北川景子もちょいちょい台詞回しとか言動に違和感あるのが気になっててそれはす
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.8

伏線回収ものが好きなので。
もうガリガリの身体を見ているだけでダメージ食らう。すごいなあクリスチャンベイル。
罪と罰。
ちゃんと寝よう。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

恋愛ものはあまり興味ないのだけど、毎日見た目が変わるというのが面白そうでなんとなく見始めたら、これが思いのほか良くて。
人は内面も外見も大事、だよなあ。
この2人が今どうしてるか見たい。

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

小栗旬×星野源×野木亜紀子脚本、グリコ森永事件。
観たい要素がこれでもかとてんこ盛り。
期待を裏切らなかった。

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.2

シャオヘイめちゃめちゃかわいいうえに、
めちゃめちゃすごいアクション映画。
ムゲンさま!
初見は世界観がよくわからないまま没入し、2回目鑑賞はさらに面白く観れた。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

3.8

ケヴィンスペイシーはもう疑って見てしまう。
それでもハラハラした。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.5

「シャイニング」の続編と言われなければ……と思ったけど、原作に忠実なのはむしろこっちなのか。
私はキューブリックのあの演出が好きなんだなあ。
前作にも原作にも気を使って監督すごい。

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.2

主人公の女の子うまい。ギャップ。
超能力ものとは知らなかったけれど、面白い。続編はよ。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

ローリーと有働さんに驚く。
誕生日一緒、ローリー。
なんとなくコメディ観たいなという時にちょうどいいコメディだった。

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.6

三谷幸喜の密室劇。トヨエツ若い。
「12人の怒れる男」観てみたい。

(2016年製作の映画)

2.0

サディスティックな音楽にびっくりして内容入ってこない

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5

子供の頃ジュラシックパークを映画館で観た時の興奮には届かないのがなんか悔しく切ないというよくわからない心境。
CG技術も爆上がりしてるはずなのに、慣れってこわい。
恐竜、好き…!

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

3.6

三木聡ワールドははまるメンタルの時とそうでない時がある。
スパイ映画っぽさが皆無のスパイ映画。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

わかんなかった!そこも含めてわくわくする。2回目以降の方が面白そうな作りなのはわかった。
どっちが良い悪いはないけれど、丁寧に説明をしてくれる映画がいかにあふれてて慣れていることか。
格闘シーンおもし
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

のちの始皇帝である嬴政の気高い王ぶりがなかなか良いなあとなりつつ、昔何かで読んだ焚書坑儒とか車裂の刑とか阿房宮とかがちらついて集中を欠いたので、若い頃のファーストインプレッション侮れない。
長澤まさみ
>>続きを読む

ギフト(2000年製作の映画)

3.2

かっこいいキアヌを観たばかりなので悪いキアヌ新鮮。犯人はわかりやすい。

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

4.0

ポール、渋かっこいいぜ、ポール。
元気出したい時また観る。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

でかい生物大暴れってだけで好きってなる。
そして主人公強すぎ。
あんな巨大鮫、浅瀬で埋まるわ…とか気にしちゃだめ。

クロユリ団地(2013年製作の映画)

2.0

友達とつっこみながらだから最後まで観られた。
食卓シーンの違和だけは秀逸。

インシディアス(2010年製作の映画)

3.5

何より音に一番びっくりした。思ったより怖くない。じわじわくる演出は嫌いじゃない。
続きをいつか観たい。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.8

巨大迷路ってわくわくする!と思いきや。設定は面白いんだけど、自分が期待してたのとはなんか違った。

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.2

天使と悪魔とかキリスト教圏の感覚、結局わからないんだよなーって洋画見るたびに思うけれど、キアヌの悪魔祓いっぷりは楽しい。

昭和歌謡大全集(2002年製作の映画)

3.7

以前、安藤政信目当てに観た気がするけれどと観てみたら。
十数年経つと若者よりおばさんたちの方側だわ。
感情移入などできるわけないくらいぶっ飛んでるけれど。

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.5

僕の孤独が魚だったら…劇中歌が頭に残る。
ラストすっきり。

スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち(2012年製作の映画)

3.5

アパート住人たちの悲喜交交コメディかと思いきや…ん?ん?となりつつ見入ってた。割と好きかも。色彩も好き。

探偵なふたり(2015年製作の映画)

3.6

コメディタッチというから軽い気持ちで観たら、殺人はまあしっかりなのがさすがは韓国。このバディ好き、2人をもっと観てたい。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.8

怪獣の造形がぬらぬらなのが割と好き。後にシェイプオブウォーターを造る人のだ、とシェイプオブウォーターを見てるから思う。

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

何故か見そびれていた作品。四姉妹、いいなあ。鎌倉、行きたいなあ。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.2

公開当時はなんとなく食指が動かなかったのだけど、観出したら見事にはまった3部作、映画館で観たかったくらいよかった。

>|