umideoyogeba

umideoyogeba

ナレーションがある映画が好きです

キング・アーサー (2016年製作の映画)

-

最初から最後までアーサーに好感が持てず。
私もジュードロウに愛されながら殺されたい。
普段こういう映画を見ないのでやはりまだ魅力がわからんなあと。
もっとアーサーの幼少期をクローズアップすればドラマが
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

-

ムーランですら二重…。

ちいさいころにみて、すごく印象が良く、話を忘れてしまっても好きだなあと思う作品。実写化が決まっていると聞いて見直し。
最初は美化されているような…と思ったけど、やっぱり最後は
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

-

実写版を見る前でもこんなに良いと思えたのだろうか。実写版もアニメ版もそれぞれにいいところがあって素晴らしい。
「なになにを知らないなんて人生損している」という言葉はそんなの人の勝手だろうと思ってきたけ
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.5

なんとも言葉にしづらい。良いように見える。序盤は確かに良かった。

私はこの映画だとクラスで、えーもっと簡単なのでいいじゃーんとか言ってる人間で幸せに生きてきたからなのかな。10代ってそういうもんよね
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.3

もし私が親になり子供に対して「まだまだ子供なのに」と思ってしまったらまたこれを見よう

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

3.5

音の演出が印象的。映画館で観てよかった。要所要所で鳴るピアノの音が心地よく緊張感が増す。

原作未読なので読んでみたいが私の理解が及ぶか不安である。
20年前にこんな設定のSFを書くってすごすぎる。や
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

こんな退屈な日々がもう一生やってこないんだって大人がなにを言おうと当時はわからないんだよなあ。今はこんな日々がすごくキラキラして見える。すき。

実はどこへでも行けるし何にでもなれるのに気付かない。今
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

-

展開が好き。わかりやすく怖い。
公開当時に今の年齢で見てみたかった。

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

とんでもなくよかった。あと何度でも映画館で見たくなる。

キッズ・オールライト(2010年製作の映画)

3.8

子供を作るには男女が必要だ、じゃぁ子供を育てることに関してはどうなんだろう。父母が必要なのか、母のみでも良いのか、ひとりでいいのか、ふたり必要なのか、母は父にもなれるのか、父は男性でなくても良いのか、>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

2.0

映画の技術なんて私にはわからないが、延々と続くワンカットの撮影方法や、わざとらしく入るドラムの音、トドメを刺すように不自然に配置されたドラムセット、これ見よがしに見せられる技術や演出に飽き飽きとする。>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.0

漫画を映画にした作品としてはかなりのクオリティと思う。BGMの使い方がすごく好き。原作では好きだけどなかなか出番がない零くんのお姉さんがむっちゃ出てくるので良い。これがスナックとバーの違い…?!

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

-

無理だった…この先、この映画を見たか問われても見てないって答えると思います。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

3.5

「エドワード・ノートンってこんなワイルドな演技もできるの………かっこええ……!!!」「エドワード・ファーロングむっちゃお美しい…!」で最初から最後まで見てしまった。真面目にアメリカ史、人種差別、移民問>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.0

このおっさん絶妙に気持ち悪くてすげえなあと思ったら監督だった
病院のシーンが好き
またいつか見たい

ラリー・フリント(1996年製作の映画)

4.5

過激なポルノ雑誌「ハスラー」を創刊した実在の人物ラリー・フリントの物語。

もともと「真実の行方」であんな演技を見せつけてデビューしたエドワード・ノートンがどんな風に大人になって行くのかを見たくて、比
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.0

主人公にすごくイライラする。実話映画が好きなので冒頭の演出はさらにがっかりする要素。でもその演出も含めてこういう映画を笑って楽しめる人になりたかったように思う。
漫画みたいな「yeah」「ahan」が
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

3.7

実在の人物のある1日を見ているような、人間関係や人物像の描き方が丁寧。

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

5.0

記憶をなくしてまた見たい。なんの知識も評判も入れずに見て欲しい。何回も何回も見てしまうしその度におもしろさは増すけど、最初の1回が本当に大事なんだ。おっぱいがとても美しい。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.5

ポジディブになれて良い◎
もっとコメディと思っていたけど割と真剣なのも良い◎

バーレスク(2010年製作の映画)

3.8

女友達と一緒に見たい。テスさん可愛すぎる。死ぬまでに1度はこんなところに行って見たい…LAにはあるんですか…?

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

異宗教を認めない日本は今の宗教感に通じているように思えたし(していることは許されることではないが言っていることはすごく理解出来る)、キリスト教を布教しようとするクリスチャンの気持ちも「ああそうなのか、>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.0

うまく言葉にできそうにないのでとりあえず観た、とだけ。あまりにも「女」なエイミーを嫌いにはなれないし、これは「怖い」ではない。ものすごく面白かったし何度でも観れるけど、心には何も残らなかったような。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

ちょっとした間や視線すら意味があり全てが伏線で面白かった。オチは想像しやすいけどあまりにも無駄がない。あと想像できたにせよ、最後の一言は、あああああ
思い出(と言えばいいのか…)はたとえ残酷でも美しい
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.0

あまりにも有名だけど見たことがなく映画に興味を持ったら見たいと思っていた。良し悪しよりも死刑制度が存在する社会で生きるなら見るとよいのでは。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

映画を見た後に原作漫画も読んだ。じんわりと温かくやるせなく。また見たいのだけど映画館だとどうしても後半はお尻の痛さと戦わなくてはいけなくなるのでブルーレイ待ちかな。映像もすきなので映画館で見たことは良>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.8

この手のジャンルはマッドマックスしかしらず、ただ車が走っているだけで何がそんなに面白いのかと思っていたけど…

は〜すっごい。面白い。いやいやまさか。映像を作っている人や、車を運転する人はより楽しめそ
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

エドワード・ノートン見たさだったけど、ジュード・ロウが出てきて、あああああああああ
色合い!かわいい!構図!素敵!展開!面白い!
俳優さんは詳しくないけど豪華なんだろう!どの方も素晴らしかった!それだ
>>続きを読む

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

3.8

N.W.A.やコンプトンなどネットで調べたら出てくる程度でも知識を得てから見た方が絶対にいい。ヒップホップのヒもわからず見た最初はただ聞くだけの歴史の授業のような見方しか出来なかった。少し調べてから見>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

2.8

ストーリーから想像していた以上にポジティブな映画。ポジティブすぎた。

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.0

漫画の原作ファンとしてはすごく良かった。あの絶妙な空気を映像にして果たして面白いんだろうか?と思ったけど、ちゃんと面白かった。永遠に見ていたくなる。ぜひ続編も作ってほしい。深夜ドラマにするべき。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

2.5

ゾンビ映画としてはおそらくいいのだと思う。映画としては、え?で?ってなった。続編ありきなのかな。
これは私個人の問題だけど平和ボケしてるからゾンビに対する危機感にのめり込めない。

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.3

詐欺に重きを置いてくれたらもっと好きだった。二人に重きを置いているように見えてただののろけ映画に見えてしまった。しかし実話ってすごいなー。頭の良い人にこの世界のルールはつまらんだろうな。そんな人を魅了>>続きを読む

>|