umideoyogebaさんの映画レビュー・感想・評価

umideoyogeba

umideoyogeba

映画に興味を持ったらアルマゲドンを見ようと思い未だ見られていません

映画(62)
ドラマ(0)

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

やっぱりこの作品が大好きだ、変わらないな。
久しぶりにスクリーンで観られるということでずっと楽しみにしていた。またシネマオーケストラもしてほしい。若い女の子が心配になるくらい泣いてて良かった。まだまだ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

サスペンスと思って見たらドキュメンタリーだった

きっとサスペンスを期待して見た人にはつまらなく感じるだろう
この映画はおそらくもっと大げさにスリルあふれる描写が出来たと思う、でもあえてそれをしなかっ
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

心臓が痛すぎて50回くらい見るのをやめようかと思った

なんとなくこういう映画は中学や高校生の頃に見るべきで、それ以降に見ても「若いね」とか「アニメやね」で済ませてしまうように思っていたけどそんなこと
>>続きを読む

ロジャー・ラビット(1988年製作の映画)

3.8

すごく面白い。アニメと実写の融合。当時の技術による合成だから、今とも違ってすごく新鮮。アニメの時のカメラワークすごい。むっちゃ動く。そしてそれに自然に合わせる役者さんがすごい。正直どうやって撮っている>>続きを読む

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

5.0

リンチ祭り4作目
仕事疲れか途中うとうとしてしまいました。テレビドラマツインピークスの前日談。前日談だから映画からでも大丈夫だよ!という程らしいが、ネット上ではドラマ版を見てから映画を見たほうがいいと
>>続きを読む

インランド・エンパイア(2006年製作の映画)

5.0

リンチ祭り3作目
マルホランドドライブを公式として解く長文問題
マルホランドドライブを見たときすぐに考察などを見て後悔したので今回はあと何回か見て自分なりに答えを出してからいろんな方の感想を楽しもう〜
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

5.0

リンチ祭り2作目
映画館という閉鎖空間でどこにも逃げ場がなく永遠に続く悪夢
そもそもイレイザーヘッドってどういうことかなと思ったけどそれが映像となったときにリンチのイカれ具合を見た
こんなものを頭で考
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

5.0

リンチ祭り1作目!
とりあえず見た記録のみ。
数年後にまた何回か見てゆっくり咀嚼していきたい。

リンチの映画は未知に対する恐怖、正しさを求められない安心感からどんどんのめり込んでしまうな。何度言い直
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

むっちゃ面白かったー!!!!!
ファ・イ・ト・ク・ラ・ブー!!!!!

私もこんな風に生活と好きな音楽を溶け込ませたい
途中のストーリー展開はそれでええんか?と思ったけど、最初と終わりがよければ全て良
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すごくよかった。これで良い。これが良い。いわゆるきれいごとや御都合主義をやっぱり信じていたい。

説明量がちょうどいい。終盤はずっと泣いてしまったけど、仮に途中でおとはちゃんと百合展開になろうが、全員
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ぱんつを嗅いで女子生徒の名前を当てるの面白すぎやろ

漫画から相当グロい映画を想像していたけどそんなことなく。最初からハスミンが行き当たりばったりで行動しているように見えるのが残念。

伊藤英明に殺さ
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

2.0

最初から最後までアーサーに好感が持てず。
私もジュードロウに愛されながら殺されたい。
普段こういう映画を見ないのでやはりまだ魅力がわからんなあと。
もっとアーサーの幼少期をクローズアップすればドラマが
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

3.5

ムーランですら二重…。

ちいさいころにみて、すごく印象が良く、話を忘れてしまっても好きだなあと思う作品。実写化が決まっていると聞いて見直し。
最初は美化されているような…と思ったけど、やっぱり最後は
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

-

実写版を見る前でもこんなに良いと思えたのだろうか。実写版もアニメ版もそれぞれにいいところがあって素晴らしい。
「なになにを知らないなんて人生損している」という言葉はそんなの人の勝手だろうと思ってきたけ
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.0

なんとも言葉にしづらい。良いように見える。序盤は確かに良かった。

私はこの映画だとクラスで、えーもっと簡単なのでいいじゃーんとか言ってる人間で幸せに生きてきたからなのかな。10代ってそういうもんよね
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.3

もし私が親になり子供に対して「まだまだ子供なのに」と思ってしまったらまたこれを見よう

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

3.5

音の演出が印象的。映画館で観てよかった。要所要所で鳴るピアノの音が心地よく緊張感が増す。

原作未読なので読んでみたいが私の理解が及ぶか不安である。
20年前にこんな設定のSFを書くってすごすぎる。や
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こんな退屈な日々がもう一生やってこないんだって大人がなにを言おうと当時はわからないんだよなあ。今はこんな日々がすごくキラキラして見える。すき。

実はどこへでも行けるし何にでもなれるのに気付かない。今
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

-

展開が好き。わかりやすく怖い。
公開当時に今の年齢で見てみたかった。

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

とんでもなくよかった。あと何度でも映画館で見たくなる。

キッズ・オールライト(2010年製作の映画)

3.8

子供を作るには男女が必要だ、じゃぁ子供を育てることに関してはどうなんだろう。父母が必要なのか、母のみでも良いのか、ひとりでいいのか、ふたり必要なのか、母は父にもなれるのか、父は男性でなくても良いのか、>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

2.0

映画の技術なんて私にはわからないが、延々と続くワンカットの撮影方法や、わざとらしく入るドラムの音、トドメを刺すように不自然に配置されたドラムセット、これ見よがしに見せられる技術や演出に飽き飽きとする。>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.0

漫画を映画にした作品としてはかなりのクオリティと思う。BGMの使い方がすごく好き。原作では好きだけどなかなか出番がない零くんのお姉さんがむっちゃ出てくるので良い。これがスナックとバーの違い…?!

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

-

無理だった…この先、この映画を見たか問われても見てないって答えると思います。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

3.5

「エドワード・ノートンってこんなワイルドな演技もできるの………かっこええ……!!!」「エドワード・ファーロングむっちゃお美しい…!」で最初から最後まで見てしまった。ちゃんと真面目に見たいのでイケメンに>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.0

このおっさん絶妙に気持ち悪くてすげえなあと思ったら監督だった
病院のシーンが好き
またいつか見たい

ラリー・フリント(1996年製作の映画)

4.5

過激なポルノ雑誌「ハスラー」を創刊した実在の人物ラリー・フリントの物語。

もともと「真実の行方」であんな演技を見せつけてデビューしたエドワード・ノートンがどんな風に大人になって行くのかを見たくて、比
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.0

主人公にすごくイライラする。実話映画が好きなので冒頭の演出はさらにがっかりする要素。でもその演出も含めてこういう映画を笑って楽しめる人になりたかったように思う。
漫画みたいな「yeah」「ahan」が
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

3.7

実在の人物のある1日を見ているような、人間関係や人物像の描き方が丁寧。

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

5.0

記憶をなくしてまた見たい。なんの知識も評判も入れずに見て欲しい。何回も何回も見てしまうしその度におもしろさは増すけど、最初の1回が本当に大事なんだ。おっぱいがとても美しい。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.5

ポジディブになれて良い◎
もっとコメディと思っていたけど割と真剣なのも良い◎

バーレスク(2010年製作の映画)

3.8

女友達と一緒に見たい。テスさん可愛すぎる。死ぬまでに1度はこんなところに行って見たい…LAにはあるんですか…?

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

異宗教を認めない日本は今の宗教感に通じているように思えたし(していることは許されることではないが言っていることはすごく理解出来る)、キリスト教を布教しようとするクリスチャンの気持ちも「ああそうなのか、>>続きを読む

>|