Umikaさんの映画レビュー・感想・評価

Umika

Umika

20代平凡会社員。学生の頃から映画は大好きで色々観てきましたが、今年から記録をつけ始めようと思って始めました。なので、一言つぶやき感想です。
現実主義に見えて、実はディズニー、マーベル、ハリポタ大好き脳内fantasy野郎。

映画(35)
ドラマ(0)

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

2.7

ラドクリフの脱魔法イメージ出演作?

実話、40年代アメリカ、文系大学生、ゲイ
これらの唆られる要素に気になって選んでみた。


ストーリー設定は面白いんだけど、展開の仕方?が早くてそこまで響かず。。
>>続きを読む

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.7

連休暇つぶしに気軽に見れるものということでチョイス。

タイトルとジャケットからドタバタアメリカン恋愛コメディだと判断したものの
見てみると内容は結構重いかもしれない。
まあまあ面白かった。
何だか愛
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.3

可愛い
って人々が言う理由がわかった

たしかに
可愛い


MCUに加わってほしい

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.6

母親の希望で一緒にAmazon primeから鑑賞。

母は若い頃この映画に影響されて、ジャズダンスを始めたのだとか。
たしかに見ている途中で踊りだしたくなる選曲と躍動感あるダンス。

ストーリーはあ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.2

タランティーノ監督さまさま。

あの頃の良さが全面的に表れてました。知らんけど。
平成生まれの私も憧れます。

今回出てくる女性陣もみんなよかった。
タランティーノさんのご趣味には共感するところ多々あ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.6

期待を上回りました!
前作が印象薄かったのであまり期待をしていなかったのですが、
本作はもともとのトイストーリーの本質を突き破った感覚。今の世の中の考え方を反映させているような。

子供がいたら見せた
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.8

こんなに泣いたの久しぶりです。



亡くなった人を祀る大切さを、その意味を
とてもシンプルに、分かりやすく
改めて教えてくれる作品。

日本だとお盆かな。


お墓参りに、仏壇前に、行こう。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

オリジナルのオーシャンズがよいから、本作は物足りなかったけど、かっこいいお姉さま方アッセンブルに満足。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.1

大好きなディズニー映画のなかでも、何度も観たお気に入り作品なので、これまでの実写化?のなかでも最高に期待度大で映画館へ。

観てみると、
ストーリーも何もかも全て頭に入っているのに、なんだろう ワクワ
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

金髪巻き毛の美少年 まさに天使 の殺人犯
という設定に惹かれる人も多いのではないだろうか。

昔から、映画のなかの狂気な美少年には底知れぬ魅力がある。

本作もまた、愛を知らない 愛すべき愛されキャラ
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.1

あまりアニメ映画は見ないのですが
TRIGGERが好きなので観てきました。

ジェットコースターに乗った気分の爽快感
どんどん画面が切り替わる進
でもよく見ると、各々のキャラクターたちが生きてて、あ、
>>続きを読む

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

2.8

西洋中世ゴシック調ダークファンタジー
×
パンキッシュ!気分爽快!様々な武器で射撃しまくり!

みたいな?

ちょうど良い
単語が思いつかないのですがまさにそんな感じ


まー、暇つぶし程度に楽しめま
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

上手に実写化されていたと感じました。


アラビアンのエキゾチックな雰囲気をより醸し出しながら、ジーニーに始まる軽快なテンポを保っている。
音楽とダンスが良かったのかな!

アニメより登場人物一人一人
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

KKKの三角の白装束姿を初めて歴史の教科書で見た時、
ハリポタの死喰い人の白バージョン?!
と思って、説明を読んだら正にその通りだったことを覚えている。


別の人種を差別するのは
小学生のいじめと同
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.6



まず何よりも終わり方が個人的グッとくる展開で好きです。笑




スクールカースト代表選手が集まったらどうなっちゃうのでしょうか。
やっぱりこうなりますよね。

なんか役者の顔が整っててるからか年
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.9


多くの人が言うように、
アベンジャーズ史上最強かもしれない。



今までの女性主役アクション映画は
色恋沙汰にセックスアピールが
マストだった気がするけれど
今回は、完全になし。



今、映画は
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

アニメというよりむしろコミック!!

目で追って楽しい映像と
おちゃめなキャラクターたちか繰り広げるドタバタ劇が
あ、これこれ、これがスパイディだよね
とミーハーからコアなファンまで思わせる


あと
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


白人でもなく、黒人でもない。
自分は何者でもない。

この台詞に全てが詰まってました。

才能に恵まれ裕福な人でも、自分の存在を誰かに、そして自分自身で認められなければ孤独を感じ、その悲しみは立場や
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.5

失恋した直後に観たので
複雑な心境になりましたね、タイミングって大事です。映画も。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.2

うーん。
映像はとてもすごいんだろうけど
内容はな。うん。

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.1

言わずと知れたミュージカル作品の続編
◆ストーリー 良し
旧作をきちんと踏襲し、くすりと笑える場面もあり、家族の絆をテーマの主軸としながら、子どもの想像力の豊かさとそれに相反する大人たちとの要素もあっ
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.6

初ちゃんとみるキューブリック作品。

ジャケットから、ラブストーリーなのかなぁとなんも知らずに見てしまったら、
完全にサスペンスドラマでした。oh,no..

キューブリックが鬼才、と言われる所以なん
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

ハッピーの彼が監督脚本主演なんて知らないでたまたま見た作品。アベンジャーズファンには堪らない友情出演。
お話自体も、ヒスパニックアメリカンなテンションでとてもハッピーになれる良作です。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.1

まるで人形劇を見ているかのような、不思議な世界観に圧巻です。
ティムバートンからゴシック要素を引いたような…キューブリックからホラー要素を引いたような…
ストーリーは壮大とまでいかないのだけど、真似で
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

複雑な少年心を丁寧に綺麗に描いている物語。
あの頃に戻りたくなりますね。

机のなかみ(2006年製作の映画)

3.1

たまには邦画も。
もっと若い頃、学生時代に観たら共感しただろうなと思う青い恋愛ストーリーでした。
観てて、うっ、えっ、きゃぁっとなるシーン多発で、コメディとして捉えれば笑えて面白い。
ただ、個人的には
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.0

クリードを観るために初ロッキー。
こういう熱血映画は男性向けのものと勝手に決めていたが、意外とヒューマンドラマで心揺さぶられる内容でした。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

泣けると聞いたが、何かが薄っぺらい。。素晴らしい歌唱力でごまかしている感。ざんねん。。ガガは自然体の演技で良かった。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

ティムバートン監督らしさがギュッと詰まった一作。とにかく”可愛い”。
いじめられっ子のしょうもない僕は実は超能力者だったんですストーリー。

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.1

ディズニーラバーとしては良いが
テーマの表現が弱く、見終わったあとの感想が出ない。