Rioさんの映画レビュー・感想・評価

Rio

Rio

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)

4.5

久々に芸術的映画を見れて大満足。
わかる人にはわかるし、わからない人には全くわからないカットの仕方とストーリー展開も、最近の映画に欠けていた要素で、とても感動。


川の流れ、鳥の囀り、風の音…自然の
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

正直、内容はよく理解できない。
何回か見ないと本当の良さはわからないんだと思う。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

ストレス発散!この一言ですわ。
キラキラ欲しい人は見て価値あり

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.1

映画の話…だと思うからありえないこともあるけど、心の平穏って1番幸せなんだと改めて思った。見た目とか関係なくて、人と比較してる時点で、自分からネガティブになってるんだな。昔から変わらずにいてくれる人も>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.9

吉沢亮の凄さが分かった。
今まで陽の役柄しか見てこなかったが、今回の作品の役柄は完全に陰。

特に、陰キャの大学生にありがちの飲み会の光景がリアルすぎて、思わず首を縦にふって同情した。

将棋の話だか
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.7

終始緊張感が解けない作品。

シーズン1を見ていない上での鑑賞でも、作品内容はわかる。

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.6

ホームアローン的なコメディ要素が良かった。
ホッとしたい人向き。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

2回めのIMAX鑑賞。
すっごい難解な映画に思えたけど、ちゃんと見れば映画の趣旨がわかる。

時間軸とパラレルワールド、時間のパラドックスが上手く相互作用しあって展開が最高に面白かった。

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.9

なんか腑に落ちない終わり方だったかな。。
人間の欲望の醜さが全面に出てた。。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.8

最後の終わり方が良かった。
それまでの展開は、第1弾から見ないと全然わからないと思う。

何よりキャットウーマンを思わせるアンハサウェイがうつくしすぎる。

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.5

ディズニーチャンネルで鑑賞。
意外と感動します。

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.7

初めて見た韓国映画。
唯一見た韓国映画。

悲しくなるけど、見入ってしまう。
小学生の時見て衝撃だった

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

4.2

こんな博物館行ってみたい。って毎度見るたびに思ってる

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.0

元気になれる!
ちょっとでも暗い気持ちになったら、これをみようと思う

美女と野獣(1946年製作の映画)

3.8

母親が初めて見た洋画だったらしく、ずっと力説で語ってくれていたが、中々見る機会もなく早数十年。

やっと見てみたが、ディズニーの作品とは大違いでびっくり。
ポット夫人はもちろんいない。家具が動いてくれ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.6

作品の世界に引き込まれすぎるため要注意。

1度目は、始めってから10分過ぎてから見始めましたが、展開がとにかく早く、新たな事件が何度も起こるので、全く問題なく作品の世界に引き込まれました。

2度目
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.7

JOKERを見た上での鑑賞。
これから何か起きそうな予感(伏線)が多く散りばめられた作品でした

プロメア(2019年製作の映画)

4.1

キルラキルを彷彿とさせていました。。
独特の世界観があり、とても引き込まれる作品でした

LOVERS(2004年製作の映画)

3.7

映像美。とにかく色合いが綺麗だった。
物語は普通なのかもしれないけど、見てるだけで引き込まれていく、衣装の色と風景画がとても良かった。

>|