ねこさんの映画レビュー・感想・評価

ねこ

ねこ

映画(68)
ドラマ(0)
アニメ(1)

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.4

シュールだし現実に置き換えたらダメな世界観だったけど、それでもこれはこれですごく好きだった
酔ってたのもあるけど最後ボロ泣きしてたな

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.3

長く一緒に居られるコツは1番大事なことは言わないでいること、私もそう思ってた
鈴子の考え方も恋人との関係性も自分に重なるものが多すぎたのに私は森山未來と付き合えない、何故

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.4

当時映画館まで観に行こうとしてたけど高校生の自分には毒が過ぎるし、そもそもその歳で理解し切れなかったと思う
暫く眠れないくらい鬱々とした気分になれる

(2017年製作の映画)

3.6

ワンルーム流れる瞬間が1番良かったなあ
歌詞の解釈の幅広がって嬉しい

SING/シング:ネクストステージ(2021年製作の映画)

4.4

前作好きすぎたので今作は絶対に劇場で観たかった〜〜〜 大正解
テーマパークで丸一日遊び切ったくらいの満足感

理解される体力(2022年製作の映画)

3.0

定期的にキエみたいに暴れちゃう自分への戒めになりました反省

いくえにも。(2022年製作の映画)

4.0

初めに感じたちょっとした気持ち悪さと、隣人の気味の悪さ、全部の違和感の理由に気付いた瞬間怖いが苦しいになった
黒沢あすかのこういう演技めちゃくちゃ心拍数あがる、虹郎くん良すぎた

あんた(2022年製作の映画)

4.9

全部の好きが恋愛感情とは限らないけど、大事な人の大事な人の話は素直に聞けないなあ 悔しいなあと思って気付いたら泣いてた 悲しい
観れて本当に良かった、長編映画も観てみたいな

乾杯なんてもん何回したっ
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

4.7

こんなに好きなタイプの映画だと思ってなかった

劇中歌がいちいち良い
陰キャ童貞拗らせメガネの森山未來ド沼すぎる、自分もるみ子みたいになりそう、好き

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

4.1

"私がいなくても滞りなく進んでゆくのだ"
空回りしたり無力さを感じたり、関係が近ければ近いほど掛けるべき言葉が分からない感じ、よくわかる

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

3.8

自分が惨めになるくらい暖かくて優しかった
卑屈にならないでいれる強さがある陸くんが何も無い訳ないよ〜〜〜

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.8

エンディングで嗚咽でた
もう観たくないくらい苦しいけどまた観たい

チワワちゃん(2018年製作の映画)

4.1

自分だけだと思ってた立場 評価 言葉が全部取られていっちゃう感覚、チワワのことを素直に認められない感覚、わかる辛い

音と映像とナガイくん!良!

好きな子が好きな映画を好きだと思えて良かった嬉しい

百円の恋(2014年製作の映画)

4.7

負の感情を強さに変えれるのいいな
エンディング、良すぎる、良すぎた

>|