瑛さんの映画レビュー・感想・評価

瑛

ミーハー

恋人たち(2015年製作の映画)

4.0

ひえー生活のしんどさ…
良くあろうとするの忘れちゃいけない

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

バス運営会社のおじさん?に幸あれ〜
犬がとっても可愛い

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

ストーリー知ってるから油断してたけどより切ない…
周りの人を大切に生きようという気持ちになります

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.6

スウィート17モンスターがティーンガールズの青春映画ならこっちはティーンボーイズの青春映画

いやキラッキラでめっちゃ良かった、
全キャラクターが人間的愛しさで溢れてて、笑えるシーン多め

優勝は無論
>>続きを読む

パロアルト・ストーリー(2013年製作の映画)

4.0

色使い、構図、音楽とっても綺麗

ひたすらティーンの生活を切り取った、分かりやすい展開のストーリー筋などない2時間なのに、すっと印象に残ったのはなんでだろう

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

5.0

終始抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいだった…
好きだなー

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

後半から普通に面白かったし、ワクワクさせられました!

ジブリ大ファンなのですが、過去のジブリ作品と似ているキャラクターやシーンがあまりに多かったかな…
王道ファンタジーなのに「あれ、あの作品に似て
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

足の計測してるシーンすごくドキドキしてしまった、エンディング合いすぎですね

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

やっと観れました、1人でこっそり何度も観たい…

光や窓や音の使い方、クラシカルなファッションと小物たち、濃密な綺麗が詰まった映画。

観入り過ぎてどっぷり疲れました。笑

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

綺麗に生きようって気持ちになれるね
杉咲花が素晴らしい。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.5

んんん〜〜、トムが不憫!
オータムと幸せになって欲しいと思わずにいられなかった

サマーは自分を持ってるし奔放で頭回って、魅力的に描かれてもいたけど、どういった芯で行動してたのかが最後までよく分からな
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.0

2人目の天真爛漫なヴェロニカ、可愛いすぎです
物語の大筋はともかく、映像と音楽の綺麗さ、印象に残るシーンと台詞回し…ツボだー

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.0

映像モーションや色彩が流石に素晴らしい、それだけでも観れてよかった。

話としては…正直原作読んでないとあまりに詰め込み過ぎで、人物描写も薄っぺらく感じてしまったなあ。
なるべく省きたくなかったんだろ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

-

原作ファンです
浅野すずじゃなくて広瀬すずって感じだったし、サチねえじゃなくて綾瀬はるかって感じだったなあ…。
話も大事なエピソードが省かれてて、3姉妹とすずが惹かれあう理由が説得力に欠けてしまってた
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

エンディングのスティービーワンダーとイカがすてき🦑
あんまりハマらなかった

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

コツコツ積み上げられるなんとなくのやるせなさとか、寂しさとか、すごくグッと来てしまった。
綺麗に伏線を回収して終わって、後味が最高でした。

モールス(2010年製作の映画)

3.0

僕のエリとの繋がりもなにも知らずに鑑賞。
雪の降る街の静かな舞台と裏腹の猟奇的なシーン、雪と血のコントラストが印象的。

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.4

話がややこしくて初見では全部把握するのが難しかった
作り込まれていて見応えがすごいです。ドンパチものは得意じゃないけどまた観たくなる複雑さ。

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

4.0

血みどろなのになんだか笑えるところもあるのが新鮮だったー、なにかが吹っ切れたように変化してく人たちとかっこいい女性が魅力的。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.5

おもちゃのお面ずらしてキスするシーンがとびっきり可愛い

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

登場人物のキャラクターがみんなキュートで愛しくなりました、予想外に笑える要素もたくさん!
ただ、女性軽視してないですよ!って雰囲気が過剰で、泣けるほど揺さぶられはしなかった

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.5

良くも悪くもオーソドックスな展開に、一捻りついてくる感じ。ぶっ飛んでるのに何故か目が離せなくなって、最後にはいくつか印象的なシーンが残った。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

正月恒例家族映画
スターウォーズはあまり観ていないけど相変わらず十分に楽しめる作りになっているのがすごい。
Kが切なかった。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5


展開が想像以上にシリアス

それでもマチルダとレオンのじゃれ合い、ファッション、愛情を抱く展開が独特だけど納得させられること、皆どこかに引っかかって好きになって名作と言われているんだろうな。
過去と
>>続きを読む

ミス・レプリゼンテーション(原題)(2011年製作の映画)

-

女性差別は日本よりアメリカの方が深刻なのでは
日本人の国民性として性的な描写はあまり表だって表現されることがないことがまだ歯止めになっているんだろうな。
メディアリテラシーとか広告に興味があったらきっ
>>続きを読む

オードリーとデイジー(2016年製作の映画)

-

女の子がレイプされて、尊厳奪われて、相手は権力の元平然と生きていて、やるせない気持ちにならない訳がないよな。

男らしさという名の仮面(2015年製作の映画)

-

男女差別というと女性軽視の話ばかり取り上げられるけど、さて男性の側は?というドキュメンタリー。
個人的には考えたこともない視点で、新しい価値観だった。

将来もし男の子を育てることになったらぜひまた観
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.0

50年以上昔の映画なのに現在まで届く残酷なまでにリアルな家族物語。
普遍性を見抜く着眼も、役者の演技も素晴らしいです。

>|