アンダーシャフトさんの映画レビュー・感想・評価

アンダーシャフト

アンダーシャフト

映画(97)
ドラマ(0)

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

4.0

もうすぐクリスマス…クリスマスと言えば、紅白のコスに「マーズ·アタック!」…ごめんなさい、悪い冗談です。

突如地球に襲来した火星人によって引き起こされる大騒動を描いた、SFパニックブラックコメディー
>>続きを読む

ウエスタン(1968年製作の映画)

4.8

「ワンス·アポン·ア·タイム·イン·ザ·ウェスト」の方が俗に言う完全版らしいが、こちらを視聴。

マカロニ·ウェスタンの見所と言えば、“撃ち合い”+“勧善懲悪”というイメージが強かった自分の浅はかさを
>>続きを読む

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場(2017年製作の映画)

3.3

フィンランド発の戦争映画。
全体の印象は、虚飾なく真摯に戦争を描いた感が強かった。

ソ連との「冬戦争」に敗北し、領土を大きく奪われたフィンランド。その領土を奪還すべく、1941年再びソ連との戦争に突
>>続きを読む

SF核戦争後の未来・スレッズ(1984年製作の映画)

4.5

フォロー頂いてる方のレビューを読んで、気になって視聴。

一人のイギリス人女性ルースにフォーカスしながら、ある街で核兵器が使用されたその前後の様子を描いた作品。
自分にとって、今年観た中で最も衝撃的な
>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.0

軍を不名誉除隊となったラインハルト·ハイドリヒが、ナチ党入党後いかにして親衛隊でのしあがり、暗殺されるに至ったかを描いた作品…とは言いきれない一本。

その一番の理由は、本作が二部構成になっているから
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.6

フォロー頂いてる方のレビューを読んでずっと気になっていたのを、ようやく鑑賞。

パステルなのか色鉛筆なのか、手書き風の絵作りは、そこだけ見れば絵本っぽい作りで綺麗。自分が知っている(普段目にする)アニ
>>続きを読む

モンスター・ハウス(2006年製作の映画)

3.3

DVDで再鑑賞。

ゼメキス&スピルバーグで制作された、今観てもあまり古臭さを感じない、大人も子どもも楽しめる一本。
ファミリーでの鑑賞を想定してますので、極端に恐ろしいシーンを期待すると肩透かしを喰
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.8

あと一ヶ月余りで今年も終わり…

年末と言えば、第九とバトルシップ…ウソです。
(仕事による疲労蓄積でだいぶおかしくなっているようです。御容赦下さい。)

単純明快痛快SFドッカンドッカンバトルアクシ
>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

2.0

枚数合わせでレンタル。

ダークファンタジーでもなく、ホラーともサスペンスとも言えない、青春コメディー風の謎の作品。

30才で無職の男。何かすごい物を作りたいと思い立ち、彼女の部屋いっぱいに段ボール
>>続きを読む

エクソダス:神と王(2014年製作の映画)

3.8

以前劇場で観ての再鑑賞。

フィルマークスでは低評価みたいですが、自分はリドリー▪スコット作品に甘い傾向があるようで、この作品も好きな一本。

紀元前1300年頃の古代エジプトを舞台に、ファラオの息子
>>続きを読む

寒い国から帰ったスパイ(1965年製作の映画)

4.0

原作者は「裏切りのサーカス(原作:ティンカー·テイラー·ソルジャー·スパイ)」「テイラー·オブ·パナマ(原作:パナマの仕立屋)」でも知られるジョン·ル·カレ。

ボンドやイーサンのようなスーパーエージ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.4

デンマーク発のワンシチュエーション▪サスペンス。

緊急通報指令室のオペレーター、アスガーが受けた一本の緊急通報。女性の言葉と様子から、どうやら事件に巻き込まれたらしいことが判る。しかし手掛かりは、女
>>続きを読む

ザ・プロジェクト 瞬・間・移・動(2016年製作の映画)

2.6

物資の瞬間移動の方法を発見した研究者に起こる出来事を描いたSFスリラー。
SFと言っても舞台が現代なので、SFに材を取ったサスペンスと言えそうな建て付けです。

データ収集の実験中に数値の異常に気づい
>>続きを読む

H・P・ラヴクラフトの ダンウィッチの怪(1970年製作の映画)

2.6

ラヴクラフト原作という謳い文句&ジャケットの胡散臭さでレンタル。

良くも悪くも古い映画。
オープニングの切り絵のようなタイトルバックとか、怪物から見たと思われるシーンでのネオンカラーのフラッシュとか
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

再鑑賞…劇場で観て以来、何度も観てるお気に入りの一本。

これ観る度に、字幕無しで会話が理解できない自分がホント悔やまれる…きっと字幕じゃ伝わらないきわどい会話してるんだろうなぁ…

主人公のウェイド
>>続きを読む

THE POOL ザ・プール(2018年製作の映画)

2.0

正直枚数合わせで借りてみた、タイ発、ソリッドシチュエーション▪パニックムービー。

撮影ADである主人公は、仕事が終わった翌日、撮影現場のプールでゴムボートに乗ったまま寝込んでしまう。
そこに、主人公
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.7

「すべての罪、すべての善意は未来へつながる」
6つの時代と6つの世界に渡る因果と輪廻の物語。

ヨーロッパ列強が植民地争奪に凌ぎを削る19世紀。アフリカを航海中の船の上で起こる、ある弁護士と黒人奴隷の
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.6

人里離れた古い一軒家を舞台に繰り広げられるホラーサスペンス…と言ってはみたものの、う~ん…ジャンルはこれで合っているのか悩む作品。

訳あって、人里離れた一軒家に移り住んできた母親とその子どもたち。過
>>続きを読む

トランスポーター3 アンリミテッド(2008年製作の映画)

3.8

シリーズの中で一番のお気に入り。

手首に高性能爆弾&謎の女といういかにもな設定と、さまざまな駆け引きが交錯するメリハリあるストーリーに、ジェイソン▪ステイサムの無双ぶりが全開です。
車から一定距離離
>>続きを読む

廃市(1984年製作の映画)

3.8

水路の多いとある田舎町を舞台に、一人の大学生と、彼を取り巻く人間模様を淡々と綴った作品。
原作は大変有名な短編小説とのことですが、自分は未読です。

夏休みに卒論を書くために、知人から紹介された旧家を
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.5

第二次大戦が舞台の戦争もの+ゾンビというホラーアクション。

ノルマンディー上陸作戦開始直後。
ナチスの重要拠点である電波塔破壊のミッションを任された空挺師団が乗った輸送機が、敵領内に入るや激しい砲火
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

劇場で観たあと、幾度となく観たサイコサスペンススリラー。

FBIアカデミーの訓練生クラリスは、連続猟奇殺人事件の手掛かりをつかむため、人肉事件で収監されている元精神科医ハニバル▪レクターと面会する。
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.0

H▪G▪クルーゾー版を観たのは、ずいぶん昔のことだ。今では断片しか記憶にない。

そして、今回のこの作品。
監督のウィリアム▪フリードキンも言っているように、一本のオリジナル作品として鑑賞してみた。
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.1

入口は、ホント良くあるサスペンスとかホラーのお約束パターン。しかし、後半は…という、なかなか楽しめる一本。

怖いストーリーを期待している方には、かえってオススメしないかも。

まず、この映画の面白い
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

マイノリティへの差別を、人間同士の心の交流で溶かす映画。実話を元にした作品と知って、かなり衝撃を受けた。これが実話なら、もうファンタジーのレベル。それくらい当時の黒人差別は酷かったと聞いている。

>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.4

昔、一冊のマンガ「童夢」を読んだ時、その新しい世界から強い衝撃を受けたのをまだ覚えている。

作家の名は大友克洋。

“郊外の団地×(ミステリー+スプラッター+サイキックバトル)”という、今までにない
>>続きを読む

閉ざされた森(2003年製作の映画)

3.5

「パルプ▪フィクション」の名コンビ、トラボルタ&サミュエル▪L▪ジャクソンが共演するサスペンス。

パナマにある米軍基地。嵐の中で特殊訓練中だった7人編成のレンジャー部隊の消息が途絶える。
その後、捜
>>続きを読む

キングダム見えざる敵(2007年製作の映画)

4.2

「MILE22」つながりで再視聴。
ハッピーエンドを期待する方にはオススメしない一本。

まず興味深いのは導入部分。
アメリカの探険家によって偶然油田が発見されて以降、サウジアラビアがどういう経緯で親
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.6

時系列的に「死霊館」シリーズで一番古い話にあたる作品。けっこう最後まで楽しめる一本だと思います。

人里離れた森の中にある修道院。一人の修道女が遺体で発見される。バチカンは、この事件の調査にベテラン神
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

「日本で一番悪い奴ら」の監督白石和彌▪脚本池上純哉コンビが放つ渾身のフィルムノワール。

昭和が終わろうとしていた頃の広島のとある街。
勢力拡大を狙う暴力団と、地元の暴力団との間で一触即発の状況が続く
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.2

全く予備知識無しで観たからか、かなり怖い、けど腑に落ちない。腑に落ちないけど、かなり怖い作品。

ある模型作家の女性の母親が亡くなった。その後まもなく、再びこの家族に突然の悲劇が起こる。
そこから家族
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.3

これを観ながら、一瞬、現アメリカ大統領がわめき散らすニュース映像を思い出した。

アメリカとメキシコの国境を挟んで展開されるクライムサスペンス。
多くの方がおっしゃるように、ベニチオ▪デル▪トロの寡黙
>>続きを読む

APPLESEED アップルシード(2004年製作の映画)

3.9

錚々たるクリエイターが集結して制作された、世界初3DフルCGアニメ。
当時珍しかったモーション▪キャプチャーをふんだんに使った映像を見て、アニメの新たな進化を目の当たりにした衝撃を覚えています。(今で
>>続きを読む

人狼 JIN-ROH(1999年製作の映画)

4.0

童話「赤ずきん」の寓喩を織り込んだ、切ない余韻が心を打つヒューマンドラマ。

昭和を想起させる街並みと人々のファッション、その場の冷気すら感じさせる澄んだ青空、冬雨に煙る道の向こうから走ってくる路面電
>>続きを読む

バロン(1989年製作の映画)

4.3

自分的にテリー▪ギリアムと言えば、「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」「バンデット▪Q」とこの作品。(制作順でないところは触らないで!)

自分としては、上記4作品のうちこれが一番のお気に入り。
>>続きを読む

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

3.3

まず率直な感想…これって恋愛映画?

幼少時から言葉を発せず、ピアノを弾くことを言葉代わりに生きてきた一人の女性。
スコットランドの良家で生まれ育ったこの女性が、娘を連れて入植者の男の元に嫁ぐことにな
>>続きを読む

>|