モカさんの映画レビュー・感想・評価

モカ

モカ

映画(500)
ドラマ(41)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

お兄ちゃん!?あなたがお兄ちゃん!?w
5点満点にしないのは、私が単にホラー要素が大の苦手だからです。

あとでちゃんと書く。

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.0

中国ではがんの告知は死を告げること。
日本も90年代前半はがん患者への告知は20%以下、
まるで昭和の終わり頃を見ている感じがした。

ただ、家族間や文化を説明的に描くには、やっぱり尺が足りなかった。
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

2.0

どうしたドラン!?ってくらいの駄作。
ルパートが何書いてたか一切分からないんだから、文通の意味あるの?

とにかく人物の描き方が全員雑。

ジョンが耳の病気って突然設定に入ってきたけど、ジョンの奥さん
>>続きを読む

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

2.0

壮大な自然を眺めながらの時間を無駄にした感すごい。
児童虐待が目に余る。
眠りには良さそう。

オズの魔法使(1939年製作の映画)

2.5

愛されることってそんなに必要?
子どもの頃に見たかったな。

シカゴ(2002年製作の映画)

4.0

どの歌も好き。
でも歌うリチャード・ギアはちょっと…

Booksmart(原題)(2019年製作の映画)

3.5

『Unbelievable』で好演を見せた、ケイトリン・ディヴァー。
昔のジェニファー・ローレンスやエレン・ペイジに似た、ニュートラルな雰囲気。
この子はきっと素敵な女優さんになるだろうなー。

相方
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.0

レネー・ゼルウィガーがとにかく圧倒、各女優賞を総ナメにしているのも納得の作品。
『シカゴ』で歌う姿を見てはいたけど、歌唱技術そのものより魂の込め方が桁違いに凄い。

ジュディ本人とは歌も姿もあまり似て
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.5

全体的に良かったんだけど、ちょい役でディエゴ・ルナとペドロ・パスカルが出てたのが個人的にツボでした。

あと初代ダーリオ・ナハーリスね、『ゲーム・オブ・スローンズ』の。

とても穏やかで愛にあふれた『
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.0

可愛いって正義だよね。
可愛いって得だよね。

と頭から思って見てしまったので、残念さが大きかった。
そんなに驚くような謎解きでもなかったし。

ダニエル・クレイグが肉体出来上がりすぎてるし、アメリカ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

離婚申立理由の第一位が『性格の不一致』という曖昧な表現で括られているように、
不貞・暴力・借金・酒などの明らかな破綻原因の“無い”離婚のほうが現実には多いのだろう。

だからこそ妙に血の通っている、普
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

最高。映像も音楽も美しすぎる。

シャーリーズ・セロンの魅力に溺れるなら『マッド・マックス』だと思ってたけど、
これからはこっちを見て溺れます。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.0

大絶賛されてたので楽しみにしてたけど、期待してたほどではありませんでした。
テンションが常時イニャリトゥ気味。
ホアキン・フェニックスはすごいです。

悲しいことが重なってヴィランになっちゃった!って
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

第一印象は「西部劇に飽きたらないタランティーノが撮った趣味満載のおとぎ話」

ポランスキーの件みたいな面倒は避けつつ、
好きなものを好きなように撮ってもファンがちゃんと着いてくるんだから、幸せな監督だ
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

良くも悪くも予想と違う後味が残る作品。
この作品をより深く楽しみたい人は、アメリカのメディアと政治について、ある程度の知識をつけていく必要がある。

少なくとも保守とリベラル、共和党と民主党(トランプ
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.0

もっと酷いのを想像してたので拍子抜け。
数回の寝落ちピンチと、イドリス・エルバの毛むくじゃらマッチョ+イアン・マッケランの皿舐めに鳥肌立って、目を逸らしたくらい。

映画作品として見ても、カメラワーク
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

2.5

ジョジョとファッション可愛かったけど、それだけ。

前半ずっとワーワー誰かしらが叫んでて、耳が疲れた。

サム・ロックウェルがサム・ロックウェルすぎるし、レベル・ウィルソンがレベル・ウィルソンすぎる。
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

先月たまたま韓国の若者文化を教わる機会があった。
韓国の若者が描く将来の夢は、ソウル市内に家を買うこと、だそうだ。

3大学に入学→正社員として大企業に就職→結婚して市内に家を買う=成功
これが夢とさ
>>続きを読む

Noelle(原題)(2019年製作の映画)

1.0

驚くほど時間の無駄だった。ディズニーってこんな駄作も作るのね…

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.0

この映画の魅力の9割はエミリア・クラークの可愛さで成立!
ファンならそれだけで大満足!
そうじゃない人には不満がたくさん残る映画。

とにかく彼女のコロコロかわる表情から目が離せない。
『ゲーム・オブ
>>続きを読む

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)

4.0

ファントム・フィルムさんにご招待いただきました。しみじみ系で深く考えさせられる作品。
後半はほぼ感涙。

無責任なロマのような家族から逃げるためNYCへ行ったのに、結局は親の呪縛から逃れられず苦悩する
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

期待値高すぎたかも?面白いといえば面白いけど、他のMARVELと変わりないなあ。

なんとなく既視感あるのはSWなのか
森の中+超近代都市という組み合わせも
すごく新しいわけじゃないし。

同胞が虐げ
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.5

軽く楽しく見れれる良作。特に美女!!
インド映画特有の突然の歌とダンスも丁度良かった。

結構昔の話だと思ってたのに、
2001年ってついこの前の話!?
やっぱり田舎だと、女性の身体について
まだまだ
>>続きを読む

>|