てつへいさんの映画レビュー・感想・評価

てつへい

てつへい

皆さんみたいな高度なレビューはできない映画初心者マーク。
最近は糞映画ウォッチャーなるあだ名を頂きましたが、納得いってません。

基本的に字幕で見ます。
選定基準は自分でもよくわかりません。いまだに自分のツボもよくわかりません。脳汁出てます。

映画(1835)
ドラマ(23)

新・赤い密室 壊れた人形たち(2000年製作の映画)

1.2

いきなり意味の分からない場所で1000万円の賞金を懸けた王様ゲームが始まります。なんやねんそれ。
エロもグロも演技もセットもストーリーも何もかもありません。よろしくお願いいたします。

ドリーム・ホーム(2010年製作の映画)

3.3

実話を基にしたタワーマンション購入サスペンス(?)。

頑張って二足の草鞋で貯金をしていた主人公、幼い時からの夢であったオーシャンビューのタワーマンションを買おうとしますが、いろいろな事情から購入まで
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

ちょっとだけ普通の作品よりもおふざけ感があるデットプール2ですが、まあ1作目通しても、不謹慎とかおふざけとか下ネタとかいうのは、どうあがいても新世紀絶叫バトルの1%にも満たないので、出会いが悪かったと>>続きを読む

デス・レース4 アナーキー(2017年製作の映画)

2.7

シリーズ4作目ともなると主人公であり、それが演じるキャラクターでもあるフランケンシュタインの性格もこっぴどく変わるもので、さらに取り巻く環境も一新してもう何が何やらです。
いままでもレースとは名ばかり
>>続きを読む

惨劇館 -ブラインド-(2011年製作の映画)

2.0

賀新一、伊藤潤二、御茶漬海苔の3人が、各々の代表作を自らのメガホンで実写化した「古潤茶」プロジェクトのラスト、第3弾。

団地に住む主人公は足を怪我して部屋から動けないが、とある夜にブラインドの隙間か
>>続きを読む

事件 罠にはまる女たち(2011年製作の映画)

1.8

ミニパト隊の婦人警察官さん(って言っちゃダメなんだっけ)でしたが、殺人事件の犯人をたまたま目撃。あれよあれよと巻き込まれて行きますが。

ヤクザ屋さん役は半分くらいよかったです。うんうん。
えっと、別
>>続きを読む

ビヨンド・ザ・マット(1999年製作の映画)

4.0

旧WWF(なんとか団体とカブるので現在WWEに変更)の舞台裏というか、アメリカンプロレスの影について迫ったドキュメンタリー。
当時のWWFを知ってる人が見ると大変出来の良い?ドキュメンタリーではないだ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

邦題つけたやつ前に出ろ案件。アメリカをハメたんじゃなくて、アメリカにハメられたって話じゃないのかこれ。
実際にいた人物を基にした作品。撮影クルーを乗せた飛行機が墜落し、乗員2名が死亡、1人が重傷を負う
>>続きを読む

OMOCHA オモチャ(2014年製作の映画)

1.8

桜ここみと安城アンナが可愛い。
大人のおもちゃ業界で働く女性たちがメインキャスト。曰く、大人のおもちゃで救われる人もいるし、恥ずかしいことじゃないよって話。

あぶない女刑事 ~SEXYリベンジ~(2015年製作の映画)

1.7

うんうん、なるほどね。ど、ドンマイ…見た自分…。真木今日子は好みなれど。

元ネタの緩さはなく、意外とクールな反面、主人公の体を許すガードの弱さは意味不明。ヤクザ屋さんはそんなに優しくないからネー。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

リブート版トゥームレイダー、時系列的には最初の話らしいが、舞台はジャパーン。ヒミコォ。

どうしてもシーンの焼増感が拭えず「はいはいギリギリセーフなんでしょ」って思ってしまうことがしばしば。申し訳程度
>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

3.6

超豪華キャストで送るベンスティラーのベンスティラーによる映画を撮影する映画の話。コメディパロディ戦争映画なのだが、ベンスティラーの友好の広さと深さが少しわかる。
ストーリー性は薄いが、ハリウッドの裏側
>>続きを読む

チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~(2017年製作の映画)

2.4

チャッキーの造形が可愛くなったリメイクの続編。シリーズで言えば7本目にあたるだろうか。

続編なので前作を見なければなんのことやらって感じで始まるが、そんなこと気にしなくていいくらい出来が悪い。どう出
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.1

5年ぶりの続編ですが、まあまあ予想通り。
無人の量産機と聞いて、どうしても「シト新生」を思い出してしまったが、もっとギミックを増やして、もっと敵味方共に惨たらしく死んでほしかった。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

最先端なのか発展途上なのかそのハイブリッドな文明を持つ秘密の帝国の王様ブラックパンサー。これはこれ単体で終わってくれればよかったのだけれど。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

風呂敷を広げ過ぎた終わりに向かう前半戦。
主役級のキャラクターがゴロゴロしているせいで、そのすべてが際立たず、なぜか舞台が狭く感じる。風呂敷を広げ過ぎた作品にはままあることだが。
映画館で見なくてよか
>>続きを読む

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

3.4

日本ではR20指定がかかった本作。さてはてどのくらいのレベルなのでしょうか。

妻子持ちの元ポルノ男優がお金に困り、多額の報酬目当てでピンク映画っぽい話に乗る。ところがどっこい、金持ちがトンデモスナッ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

25年?たってのリブートですが、昔のジュマンジっぽさは薄くなっています。

それぞれ問題を起こして居残りを食らった男女4名の高校生は、部屋の片づけを命じられたが、古いゲーム機を発見する。さぼりついでに
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

スピルバーグの80年代~90年代のおもちゃ箱、かすりでも映るネタまで知ってようと思えば、幅広い作品を見ていることが必要かな。

世界的に大ヒットしていたオアシスというVRによるMMO。創始者の死に際に
>>続きを読む

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969年製作の映画)

3.5

江戸川乱歩のネタが5-6本乱立しており「とりあえず考えるな。感じろ。」的なカルト作品。
記憶喪失ですが、精神病院に収容される意味すらわからない男が、収容所を抜け出して、自分の過去を探るために右往左往し
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.2

原作既読。

希少な新人類、どんな傷を負っても生き返り、再生し、通常の人には見えないIBMと呼ばれる人型の何かを出すことができる亜人。

各キャラクターの年齢設定なども変更されている。アクションがいい
>>続きを読む

ポルターガイスト(1982年製作の映画)

3.2

幸せな一家が引っ越してきた先は、先住民族の墓の上に立った家だった。
娘を連れ去られ、家族は救出を試みる。

キッズ向けだとトラウマシーンになりそうなものもあり。アメリカ的なよくある家にまつわるホラーで
>>続きを読む

君はゾンビに恋してる(2011年製作の映画)

3.3

ゾンビ映画大好きで、ゾンビが大好きで、男は黙って死ね!っていう女子高生が、クラスメイトのいじめられっ子を殺してゾンビにする。
しかし彼女は途中からスラッシャーへと心移りしてしまい…。

羽田あいが可愛
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

ソーのサイコクラッシャー。

もはやごちゃまぜで、マイティ・ソーのシリーズなのかアベンジャーズのシリーズなのかってなりますね。
結局は風呂敷広げて兄弟喧嘩なんですけど、ラストバトルまでが長い。ラストバ
>>続きを読む

妹の夏(2013年製作の映画)

1.9

売れない官能小説家の家へアポなしで義理の妹が来て、とりあえず妻には内緒にするため、妹を押し入れの中へ隠した生活をして、妻との生活を妹に覗かせる。

撮影時間短そうなピンク映画笑
そこはカット変えようよ
>>続きを読む

クリスチーナの館(1999年製作の映画)

2.8

90年代サスペンス。オカルト要素無し。

母親の入院場所となる田舎に引っ越してきた父姉弟。
充実した生活を送ろうとしていたが、主人公の家で不思議なことが起こり始める。

飽きないように構成されており、
>>続きを読む

グレートハンティング/地上最後の残酷(1975年製作の映画)

2.8

モンド映画というかモキュメンタリーのはしり。

日本では特にライオンによって人が喰い殺されるシーンを売り物にしたが、動物の狩りと人間の狩りを比較させ、人間のほうが残酷ではないかと後味を苦くする作品。
>>続きを読む

ランニング・オン・エンプティ(2009年製作の映画)

1.8

みひろが彼氏と喧嘩して心配させるために狂言誘拐を図る。
おわり。え?終わり?

ごくごく平凡な風景がごくごく平凡に過ぎていくだけです。
みひろ好きな人のためのPV(にもなってない)かな…。

死霊の罠(1988年製作の映画)

3.5

和製スプラッターホラー。

深夜キャスターをしている女性は、視聴者投稿(当時はVHS)を募集しているも、あんまりおもしろいものが来なかった。ある日、投稿されてきたVHSを再生してみると、女性の目玉を刃
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.6

非常にノスタルジックな青春ドラマ。

打ち上げ花火を横から見ると丸いのか、平べったいのか。
男子小学生たちの悩みと青春。

他の子が大根っぽかったりしますが、奥菜恵が評価の8割を持って行ったといっても
>>続きを読む

新・幽幻道士(キョンシーズ) 立体奇兵(1989年製作の映画)

2.6

一応リブート作品のつもりだったのかな…?ストーリーにはつながりがなく、設定も少し変わり、キャストが結構入れ替わった5作目にあたります。3D用に作成されるもお蔵入りされていた作品。
メインともいえるテン
>>続きを読む

2048:ノーウェア・トゥー・ラン(2017年製作の映画)

3.3

前作ブレードランナーから、ブレードランナー2049までを描く短編3作のうちの1作。
2049までのプロローグ。

2036:ネクサス・ドーン(2017年製作の映画)

3.3

前作ブレードランナーから、ブレードランナー2049までを描く短編3作のうちの1作。
大停電事件よりレプリカントが再生産されたいきさつを描く。

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

3.5

前作ブレードランナーから、ブレードランナー2049までを描く短編3作のうちの1作。
ナベシンが起用されたアニメーション(短編3作中、当作のみアニメ)で、前作から大停電までを描く。

それにしてもぷにぷ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

35年ぶりの続編。当作品を楽しむには、ファイナルカット版と短編3本を復習したほうがいいですね。

至極真っ当な続編であり、前作の謎などを紐解いたりします。
映像美と世界観に酔いしれるもよし、演出にやら
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

一応、リメイクになるのだろうか。
純粋な子供が見たら道化恐怖症になるかもしれない。
スタンドバイミー、ホラー仕立て。

児童行方不明多発事件が起こり、そこには大量の血痕が残っていたりする。神出鬼没で怪
>>続きを読む

>|