てつへいさんの映画レビュー・感想・評価

てつへい

てつへい

皆さんみたいな高度なレビューはできない映画初心者マーク。
最近は糞映画ウォッチャーなるあだ名を頂きましたが、納得いってません。

基本的に字幕で見ます。
選定基準は自分でもよくわかりません。いまだに自分のツボもよくわかりません。脳汁出てます。

映画(1819)
ドラマ(5)

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

3.4

日本ではR20指定がかかった本作。さてはてどのくらいのレベルなのでしょうか。

妻子持ちの元ポルノ男優がお金に困り、多額の報酬目当てでピンク映画っぽい話に乗る。ところがどっこい、金持ちがトンデモスナッ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

25年?たってのリブートですが、昔のジュマンジっぽさは薄くなっています。

それぞれ問題を起こして居残りを食らった男女4名の高校生は、部屋の片づけを命じられたが、古いゲーム機を発見する。さぼりついでに
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

スピルバーグの80年代~90年代のおもちゃ箱、かすりでも映るネタまで知ってようと思えば、幅広い作品を見ていることが必要かな。

世界的に大ヒットしていたオアシスというVRによるMMO。創始者の死に際に
>>続きを読む

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969年製作の映画)

3.5

江戸川乱歩のネタが5-6本乱立しており「とりあえず考えるな。感じろ。」的なカルト作品。
記憶喪失ですが、精神病院に収容される意味すらわからない男が、収容所を抜け出して、自分の過去を探るために右往左往し
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.2

原作既読。

希少な新人類、どんな傷を負っても生き返り、再生し、通常の人には見えないIBMと呼ばれる人型の何かを出すことができる亜人。

各キャラクターの年齢設定なども変更されている。アクションがいい
>>続きを読む

ポルターガイスト(1982年製作の映画)

3.2

幸せな一家が引っ越してきた先は、先住民族の墓の上に立った家だった。
娘を連れ去られ、家族は救出を試みる。

キッズ向けだとトラウマシーンになりそうなものもあり。アメリカ的なよくある家にまつわるホラーで
>>続きを読む

君はゾンビに恋してる(2011年製作の映画)

3.3

ゾンビ映画大好きで、ゾンビが大好きで、男は黙って死ね!っていう女子高生が、クラスメイトのいじめられっ子を殺してゾンビにする。
しかし彼女は途中からスラッシャーへと心移りしてしまい…。

羽田あいが可愛
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

ソーのサイコクラッシャー。

もはやごちゃまぜで、マイティ・ソーのシリーズなのかアベンジャーズのシリーズなのかってなりますね。
結局は風呂敷広げて兄弟喧嘩なんですけど、ラストバトルまでが長い。ラストバ
>>続きを読む

妹の夏(2013年製作の映画)

1.9

売れない官能小説家の家へアポなしで義理の妹が来て、とりあえず妻には内緒にするため、妹を押し入れの中へ隠した生活をして、妻との生活を妹に覗かせる。

撮影時間短そうなピンク映画笑
そこはカット変えようよ
>>続きを読む

クリスチーナの館(1999年製作の映画)

2.8

90年代サスペンス。オカルト要素無し。

母親の入院場所となる田舎に引っ越してきた父姉弟。
充実した生活を送ろうとしていたが、主人公の家で不思議なことが起こり始める。

飽きないように構成されており、
>>続きを読む

グレートハンティング/地上最後の残酷(1975年製作の映画)

2.8

モンド映画というかモキュメンタリーのはしり。

日本では特にライオンによって人が喰い殺されるシーンを売り物にしたが、動物の狩りと人間の狩りを比較させ、人間のほうが残酷ではないかと後味を苦くする作品。
>>続きを読む

ランニング・オン・エンプティ(2009年製作の映画)

1.8

みひろが彼氏と喧嘩して心配させるために狂言誘拐を図る。
おわり。え?終わり?

ごくごく平凡な風景がごくごく平凡に過ぎていくだけです。
みひろ好きな人のためのPV(にもなってない)かな…。

死霊の罠(1988年製作の映画)

3.5

和製スプラッターホラー。

深夜キャスターをしている女性は、視聴者投稿(当時はVHS)を募集しているも、あんまりおもしろいものが来なかった。ある日、投稿されてきたVHSを再生してみると、女性の目玉を刃
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.6

非常にノスタルジックな青春ドラマ。

打ち上げ花火を横から見ると丸いのか、平べったいのか。
男子小学生たちの悩みと青春。

他の子が大根っぽかったりしますが、奥菜恵が評価の8割を持って行ったといっても
>>続きを読む

新・幽幻道士(キョンシーズ) 立体奇兵(1989年製作の映画)

2.6

一応リブート作品のつもりだったのかな…?ストーリーにはつながりがなく、設定も少し変わり、キャストが結構入れ替わった5作目にあたります。3D用に作成されるもお蔵入りされていた作品。
メインともいえるテン
>>続きを読む

2048:ノーウェア・トゥー・ラン(2017年製作の映画)

3.3

前作ブレードランナーから、ブレードランナー2049までを描く短編3作のうちの1作。
2049までのプロローグ。

2036:ネクサス・ドーン(2017年製作の映画)

3.3

前作ブレードランナーから、ブレードランナー2049までを描く短編3作のうちの1作。
大停電事件よりレプリカントが再生産されたいきさつを描く。

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

3.5

前作ブレードランナーから、ブレードランナー2049までを描く短編3作のうちの1作。
ナベシンが起用されたアニメーション(短編3作中、当作のみアニメ)で、前作から大停電までを描く。

それにしてもぷにぷ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

35年ぶりの続編。当作品を楽しむには、ファイナルカット版と短編3本を復習したほうがいいですね。

至極真っ当な続編であり、前作の謎などを紐解いたりします。
映像美と世界観に酔いしれるもよし、演出にやら
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

一応、リメイクになるのだろうか。
純粋な子供が見たら道化恐怖症になるかもしれない。
スタンドバイミー、ホラー仕立て。

児童行方不明多発事件が起こり、そこには大量の血痕が残っていたりする。神出鬼没で怪
>>続きを読む

幽幻道士(キョンシーズ)4(1988年製作の映画)

2.4

シリーズ4作目にあたるが、ストーリーがリセットされ、キャストも一部変更。一番大きいのは、テンテンが大人?になってることだ。逆に言うと、チビクロの陳子強くんは配役復活。
そしてまた吹き替えしかないという
>>続きを読む

幽幻道士(キョンシーズ)3(1988年製作の映画)

2.8

シリーズ3作目。
1作目~2作目は吹き替えと字幕が選べましたが、3作目は吹き替えのみとなっていました。字幕派の私にとっては死活問題です。
そして内容はもうなんでもあり、最初のほうこそ大人より子供のほう
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

原作未読。有村架純可愛いなぁ。

邦画でゾンビパニックもの。
漫画家アシスタントの主人公、いつまでたっても夢を実現できないため、彼女に捨てられてしまう。一度捨てられた彼女の元へ戻ると、彼女がゾンビ(Z
>>続きを読む

ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン(2005年製作の映画)

3.0

シリーズ7作目になります。長いな。

自殺ビデオカルト風味を見た記者の主人公は、発送元に赴いてみると、そこには別の自殺死体がありました。ピクピクする死体を無視し、臭いのを我慢して、遺留品を漁ってパクる
>>続きを読む

幽幻道士(キョンシーズ)2(1987年製作の映画)

3.0

スイカ頭の実妹のテンテン、ちなみに現在スイカ頭は超イケメンで、テンテン役の劉致妤さんは日本で活動を続けていらっしゃいますね。
今回も子役が雑技団のように動きます。ただキャスト変わってますが。テンテンの
>>続きを読む

幽幻道士(キョンシーズ)(1985年製作の映画)

3.2

テンテンの可愛さ、ヤバない!?

当時流行ったキョンシーズ1作目。
霊幻道士シリーズも勿論おもしろいですが、幽幻道士シリーズも面白いです。本家よりさらに対象年齢を落とし、ストーリーを最高にグデグデにし
>>続きを読む

キャリー(2013年製作の映画)

3.4

リメイク作。

基本的には、家でキ印な母親に悩まされ、学校ではいじめられっ子の娘が、超能力を発芽させ、お前らぶっとばしますわよ☆みたいな。
ジュリアンムーアとクロエグレースモレッツの豪華共演はいいんで
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

孤島で暮らすアマゾネス集団、神々の話より人間と別に作られた設定。
そこで育てられたお姫様が主人公でしたが、不時着した人間を助けたことから、始まります。時代背景は第一次世界大戦。

最前線一騎当千のシー
>>続きを読む

ヘルレイザー/リターン・オブ・ナイトメア(2002年製作の映画)

3.0

シリーズ6作目。

もはや、ヘルレイザーである必要性を問われると唸るを通り越して、即答で「ない」と答えられるかもしれませんが、5作目をさらにミステリーちっくにしました。恋するピンヘッド、秒殺。
オチが
>>続きを読む

ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ(2000年製作の映画)

3.2

シリーズ5作目。

麻薬したり女買ったり証拠品パクったりするクズ刑事は、バラバラ殺人現場で綺麗な箱を見つけ、いじってしまう。
夢か現実かよくわからないほど精神的に追い詰められつつ、身の回りで起こる連続
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

DCヒーロー集めたぜ!イエェア!

スーパーマン亡き後、終結せしはバットマン・ワンダーウーマン・フラシュ・アクアマン・サイボーグである。

予算は内臓飛び出そうなほどありそうなのに、CGがなんかちょっ
>>続きを読む

ヘルレイザー4(1996年製作の映画)

2.5

時は2127年、舞台は宇宙。おいおい。
ピンヘッド様が欲深い人間を快楽とかいいつつ皮剥いだり爆散させたりするのが見たいのに、思いっきり後付けですみたいな箱の起源なんかどうでもいいんですよね。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.8

とある男の子と女の子が、家で見つけた双六をすると男の子が吸い込まれてしまい…そして26年後、長い間空き家だったところに、男の子と女の子がやってきました。
同じようにジュマンジと書かれた双六をやってしま
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

2.5

原作未読。

古典部というよくわからない部活に入部した数名の学生たちが、学校の謎を紐解く。

原作未読のまま見れば、いくらか楽しめるのではないかと思いましたが、まぁどんまいです。
広瀬アリスは嫌いじゃ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

超大手SNSを展開する大企業に就職が決まった主人公、慣れない仕事をバタバタこなしていたら、新しいソリューションとして超小型のワイヤレスカメラが発表された。
すったもんだで、ワイヤレスカメラ使用による2
>>続きを読む

>|