かみけんさんの映画レビュー・感想・評価

かみけん

かみけん

映画は飲み物。

映画(1009)
ドラマ(0)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

5.0

タイトルの意味を、今まで真剣に考えたことなかったからこそ、今回の結末は胸に突き刺さった。
そうだよ。これは「おもちゃたちの物語」だったよ。

シリーズを長く愛してきた人には納得できないという意見もすん
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.6

何でスパイダーマンに登場してくるヴィランたちは、こんなにも人間くさいのか。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.9

これ本当に暇なときに友達とふらりと見に行った映画なんだけど、びっくりするくらい面白くなくて、逆に印象に残ってる。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.4

理不尽の塊。かと言って自分たちには何にも解決する力なんてないし、とてつもなく無力感を感じる。
理解しあうって、何でこんなに難しいんだ。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.4

これです。これ。
MCUの歴史にしっかりと組みこまれて、マーベルを再び背負っていくキャラクターとして定着したけれども、やっぱりみんなが見たいのは、「青春とヒーローとしての正義の狭間に揺れる等身大」のピ
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.5

X-MENシリーズの完結篇にして、1番の異色作。20年の歴史の幕を下ろす重要な映画で、過去に一度もないような展開と世界観をぶっ込んでいるので、ファンすらも置いてきぼりをくらいます。
音楽がハンス・ジマ
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

4.1

大人の壮絶鬼ごっこ。

「俺たちは普通の大人にならないために、子どものように遊び続けることにした」
そのような思想から、登場人物たちは鬼ごっこを、毎年5月になると始めだす。

一見、ピーターパンシンド
>>続きを読む

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

3.6

スティーブンキングらしい、ありそうで怖いSFホラー。

チェ 28歳の革命(2008年製作の映画)

3.1

公開当時は珍しい名前をみんなでいじっていたが、とんでもなく偉大な人物だったとは。
心の中で土下座した。

ターミナル(2004年製作の映画)

4.1

ミュージックビデオみたいな映画。
これがスピルバーグ作品とは。

インソムニア(2002年製作の映画)

3.8

ノーラン作品唯一のリメイク作。
あまり存在感がないけど、しっかりと秀作。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.2

スターウォーズシリーズの最高傑作。
エピソード4の価値を爆上げさせた最優秀救援投手。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.9

スターウォーズは2作目に全力を注ぐ傾向にあるのかな。
フォースの覚醒より3倍も楽しめた。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.3

公開時は本当に祭りみたいだった。
内容はちょっと残念だけど。

>|