Eriさんの映画レビュー・感想・評価

Eri

Eri

食事シーンが良い映画と、
車の走行音が良い映画が特に好き。

キャロル(2015年製作の映画)

4.2

エモい。ケイト・ブランシェットがスーパーすごい...美しいとはこのこのこと...ルーニーたんも相変わらず魅力的です。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

とりあえずサピア・ウォーフの仮説について知ることができてよかった。

コン・エアー(1997年製作の映画)

4.2

7年ぶりに娑婆の空気を吸って気持ちよさそうにしているニコラスの表情が最高な映画。どのシーンのニコラスも最高。スカッとしたいときにまた観たい。

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

4.2

坂本龍一をはっきりと意識するようになったのは、彼が病気をしてからだ。

それまで中学のころ、学校に演奏しに来たり(結局みれなかったが)、映画のサントラで聴いたり、監修を手がけた展示にいったり、comm
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.8

どのくらい追いかけてたのか。
家族や友人の協力がなければ作れなかった映画だ。密度が濃い。

しかしまぁ主人公が繊細すぎて、これからも苦悩して行くんだろうなぁと切ない気持ちが残るドキュメンタリーだった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

久々に映画観ながら声出して笑った。
バッコンバッコンくる音楽とドリフトとアクションを楽しめる映画。まるで花火大会。相変わらずのテンポの良さと笑えるカメラワークにもテンションがあがる☝︎

アタマスッカ
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.8

やっぱり名作。
レクター博士の歯と顎の強さに感動♪

バベル(2006年製作の映画)

4.5

うわ、ないた...なぜもっとはやく見なかったのか。

床に落ちてしまったフラフープが静かに着地していく様を眺めているような感覚になった。

映像も音も音楽も最高。サントラ欲しい。日曜日の夕方に観たい映
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

うん。夏に、ポンキッキーズってあたりがわかってる。

この年頃の女子は、原宿に行ったら堂本剛と偶然の出会いを妄想するんだろうけど、
男子は奥菜恵みたいな同級生に駆け落ちしよって言われたら...っていう
>>続きを読む

オラファー・エリアソン 視覚と知覚(2009年製作の映画)

3.8

インスタレーション作品を作り続ける現代美術作家のドキュメンタリーはそうそうない。しかも作品にハズレなしのオラファー・エリアソンの、ときたら見るしかない。

彼の作品や鑑賞者に対する考え方は、私の中でも
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

本人の可能性を伸ばせるのは親や教師だけじゃなくて、友達なんだなぁ...としんみり。

少年時代の友達は、アルバイトのように入れ替わり立ち替わり。これは特別なことじゃない。成長するから友達が変わる。
>>続きを読む

美しい湖の底(2017年製作の映画)

3.0

サクッと観れるサスペンス。

確かに、時間が逆行していく中で真相が語られていくのも面白いし、随所に散りばめられるギャグもそれなりに笑えるし、アホが結構多い。

だからアホじゃない感じの人が浮き過ぎて犯
>>続きを読む

疑惑(1982年製作の映画)

4.0

夫殺しの疑惑をもつ被告人桃井かおりと弁護人岩下志麻の美女コンビミステリー。笑いどころは満載でありながら、裁判の様子も丁寧に描かれており、最後の最後まで桃井かおりの演技に翻弄される。

カッとなりやすい
>>続きを読む

RAMPO(奥山バージョン)(1994年製作の映画)

3.8

私が観たのはどちらのバージョンだったか定かではないが...

高校生の頃レンタルビデオ屋に入り浸り、見つけた一本。ビデオのパッケージには香りつきとの文字と、妖しげな雰囲気のもっくん。
レンタル版はサブ
>>続きを読む

STACY ステーシー(2001年製作の映画)

3.8

ホラー漫画雑誌を毎日のように立ち読みしていた中学生時代、大好きで何度もみた映画。

原作の小説もそうだし、漫画化も長田ノオトさんによるもので、どれをとっても最高だと思う。舞台は見ていない。

これを見
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.2

サントラを先に聴いてから映画を見たわけだけれども、街の音が入った音楽ってやっぱり聴いていて楽しい。
だから映画を見ながらそのアイディアいいね〜いいよ〜ってプロデューサー気分で観つつ...

だれにも必
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.2

CMで刷り込まれていたせいか、劇場で観ながら主題歌のサビのところで思わず歌い出しそうになって焦りました。

脚本もちゃんと作り込まれていて面白かったなと思います。ただ、コクがないんです。秒速を観た時の
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.2

主人公が自分でも人をイライラさせちゃうと言っていましたが、本当に長いことイライラさせられました。
それでもカバンの中の世界には劇中のノーマジの人と同じくとってもわくわくできて、これはオブリビエイトされ
>>続きを読む

父は家元(2013年製作の映画)

3.0

映画館で鑑賞。

遠州流の茶道の家元を、娘の視点から追ったドキュメンタリー。
茶人・書家・建築家・作庭家と、あらゆる分野で才覚を発揮した小堀遠州の庭園に感銘を受け、茶道においてはどのように受け継がれて
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.5

外国のブラックコメディのノリっていまいちよくわからない。
話はこれといった面白さは無いけど、ピンクとパープルのパステルカラーでドリーミーに彩られた奇形の人たちを目で追わずにはいられない。本当に奇妙な映
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.2

こういう映画ばかりを見ていたら素直で健康的な子が育つのだろうか。
うさちゃんかわいいです。

ハッシュ!(2001年製作の映画)

3.5

中学か高校生くらいの時に観て、ああ、私も自分らしく幸せに生きようって思えた映画。
ほっこりした優しい映画で、その時の感覚をいまでもたまに思い出す。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

気分と違ったので今回は途中で観るのを諦めてしまったものの、本腰入れてまた観たい映画。

幼体のゴジラがブルンブルン、ビチャアーと体液を吐き出しながら奇妙に動くところが、なんだかすごく独特な気持ちになっ
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.2

南国旅行に行く前に見るのがオススメ。マッドマックスみたいなシーンがあったり色々遊びが入っていて、気軽に楽しめる。
CMで刷り込まれていたこともあってか、テーマが流れたとき一緒に歌い出しそうになって危な
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

次に希望のバトンを繋げるために頑張るぞーい!、というシンプルな話の筋の中に、うまくドラマとアクションが盛り込まれていた。ラストにうわーい!って感覚になるのも久々で、エピソード1と4しかまともに見たこと>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

エマ・ストーンのめくるめく変顔に酔ってしまって、1時間で観るのを諦めてしまった。

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.0

この映画の最大の不思議...それはジェリーとその誘拐された妻から美少年の息子が生まれた事...

それはさておき、妊婦の警察署長マージのキャラが最高だった。

旦那とのほのぼのとした生活や、的確な捜査
>>続きを読む

ネオ・ファンタジア(1976年製作の映画)

4.0

バレエのボレロも見ていて面白いけれど、この映画のボレロも見ていて最高。

10代の頃、フルオーケストラによるボレロを聞いた時だって、あのボレロのリズムに筋肉や、血液までもが一緒になる感覚がした。フレー
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3

カンバーバッチとティルダとグネグネ動く世界とバトルの映像を楽しむ映画。

スティーヴ・アオキ: I'll sleep when I'm dead(2016年製作の映画)

3.8

積極的に世界を飛び回り、さらに高みを目指し努力の積み重ねをする姿、そのエネルギーを生み出す原動力の1つであっただろう偉大な父や家族との関係性を追ううちに、不思議と勇気をもらえた映画だった。

立ち止ま
>>続きを読む

ヴィヴィアン・マイヤーを探して(2013年製作の映画)

4.0

故人の作品を掘り返して発表して、さらに関わった人達にインタビューをしまくるという、故人から見れば最悪の仕打ちかもしれない映画だが、大変面白かった。

写真自体が素晴らしければ、作者の過去など関係ないだ
>>続きを読む

二郎は鮨の夢を見る(2011年製作の映画)

3.8

競りのシーンの音が最高にのれた。
身を引き締めるにちょうど良い映画。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

ヒメアノ〜ルを観た後に鑑賞。
良い感じに脱力できた。

樫村さんの気持ちわかるなぁ〜と思いつつ、
予備校終わってから毎日のように階段に座っては、「ローソンにパインパンうってたよ」という話だけで30分ゲ
>>続きを読む

>|