うろもとうとかさんの映画レビュー・感想・評価

うろもとうとか

うろもとうとか

映画(46)
ドラマ(0)

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)

4.5

C-3POとR2-D2は
太平と又七だからと
父から初めて聞いてから
どれぐらいの月日が経っただろうか
十年以上前から
スターウォーズが世の中や
家で盛り上がる度に
何処かでその話に触れていた気がする
>>続きを読む

2048:ノーウェア・トゥー・ラン(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2049だけ観てても
個人的にサッパーがいちばん好きだったけど
滲み出ていた
サッパーに芽生えた人造人間性を
しっかり見せつける一編
人の形として生み出されながら
人間に近くなることは望まれていない
>>続きを読む

ブレードランナー ブラックアウト 2022(2017年製作の映画)

3.5

小島ノエ風ヒロインの声鳥肌たって
誰だろうと思ってたら
市子さんで納得でしかなかった

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

ドゥニ・ヴィルヌーヴでいうと
父が勧めてきた
ボーダーラインが好ましかったけど
(いやでも脚本のテイラー・シェリダンの作品を追ってったらテイラー・シェリダンの持ち味だったのかなと思いはじめてもいるけど
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.0

予告の時点で岩井俊二を通した
森七菜と庵野秀明が
最高の予感で数ヶ月うずうずしていた
なんとなく他のキャストは
このぐらいの感じというのが想像できたけど
予告の時点で二人はこえてくるものがあった
本編
>>続きを読む

ハンナ(2011年製作の映画)

4.0

大分前にレンタルしたときは
シアーシャローナンが画の中で
映え過ぎてて
全然話が入ってこなかったけれど
見直して
やっと映画として情報が揃ったような
ちゃんともう一度観たくなる
魅力ある作品でした
>>続きを読む

宵闇真珠(2017年製作の映画)

4.0

途中からあれ?これ話を追うことが
目的の映画じゃないのかもなと思った
誰かがいつか観た
たまに思い出してしまう夢のような
曖昧で完成度が低いのに忘れられない断片
それを感じさせられた
平日にいつもより
>>続きを読む

貞子(2019年製作の映画)

2.0

力を感じない
この映画を心から望んで作っていないような
フリー素材かのような扱いの山村貞子
フリー素材かのような扱いの呪い
山村貞子を連想させる形
動きをしてそう呼ばれたからといって
山村貞子が完成す
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

5.0

2012
水本夏絵のソロ・プロジェクト
転校生の転校生というアルバム
TSUTAYAさんの新作のレンタル棚から
迷わず抜き取って試聴機で聴いた
"このジャケットこのタイトルで
中身がよかったらとんでも
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.0

原作に忠実な画、グロさを表現しようとした
きもちはすごく伝わってくるのだけれど
映像化失敗感が少しばかり
リアルにしようとすることが
リアルに感じられるとは限らないんだなと
B級スプラッターのスピード
>>続きを読む

Returner リターナー(2002年製作の映画)

5.0

ジュブナイルとリターナーこそが
山崎監督だった世代
全編通して心揺さぶる要素が
つまりまくってる
ミヤモトがつくるアルデンテ
巻かずに涙目でがっつくミリ
まあまあ序盤だけど
初めて観たとき小学生ながら
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

4.5

台湾のジョークのセンスが
なんだかちょっとこの世界観に
ハマってないというか
そのテイストいる?とはなったものの
バスの下りでのMy Wayはシビれたし
終わり方もシビれた
ここまでこの世界観を徹底出
>>続きを読む

映画 としまえん(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

この面子でこの題材
それなりに期待したけど
面子と題材をもれなく持ち腐ってた
とりあえずもう観ることはなさそうだ
ラストの
お前も恨まれることしてたんかーい
の下りでいうと
(比べるところ合ってない気
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

5.0

ここ数年観てきたこういうジャンルのものの中で圧倒的によかった
沢山の要素の使い方、塩梅が
どストライクであった
近年よくある予告編作るのが上手いだけのパターンもあるなとハードルを下げていたけれど振り切
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

突っ込みどころは満載なのですが
キム・ダミを起用してくれてありがとうのきもちで一気に高スコア
彼女の表情、感情の変化を観ているのが
なんとも心地よかった
しかしあまりにも強過ぎる
同じく実験から生まれ
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 81(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久々にこのシリーズで
一本でしっかり勝負しようとしていると感じるものだった
正直もうこれだけ人気となれば
とりあえず新作が出れば
ファンは必ず観る
色んな意味で安定したものと化していたように感じていた
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

B級感に対して贅沢な俳優陣
潔い展開、ラストのフラグの立て方
昔ながらから徐々に次世代なアプローチへとはいえ一昔前のアプローチかも?
いくつか連想した作品たちがある
それらを越えることはなくて
消耗作
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

たとえば関連作品:寄生獣
決して悪くない
もう一度観たいという気持ちを
掻き立てられるほどではないけど
観たいけどどう?
でいうと観た方がいいのでは
ウォーターランプのような要領で
動くシンビオートの
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

絶対引き摺る案件になると思って
少しの間避けていたけれど
ついに観てしまった
松岡茉優の表情や声の振り幅
過去のも現在のも
江藤さんがハマり役なのかなんなのか
今までここまでいい女優だと
気付かなかっ
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ78(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

10代の頃は
早くそれではご覧頂かせてくれと
思っていたけれど
最近は完全にスタッフや
投稿者のキャラクターやなんかを
楽しみ始めている
あの人いなくなっちゃったなとか
この人まだ続けるんだとか
菊池
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

福田雄一にしてはまあ
それなりだったかもしれない
まあこの1作によって
福田雄一を知った人が居るなら
それはそれでよかったかもしれないが
銀魂を取り扱うのは難しいよな
福田雄一にはもっと自由自在の案件
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく評価するべきはラスト
ラストがこうでなければ
全く駄目だったかもしれない
そして個人的にはむしろ
これでいきなりシリーズが
終わったとしたら
かっこよすぎるなと
捻くれたことを考えていたけれど
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

あれやこれやチョイスしてる
要素が好みのものだから
観ちゃうよね

でも結局映画として
よかったかと言われると
個人的にはそれなりなエンタメ
きっと今の時代だと
すぐ忘れられちゃうだろう

スピルバー
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

リュック・ベッソンのSF
大人になってやっとそう捉えた
小さい頃はディーバのヴィジュアルに
凄く嫌悪感があってそこに関してはただただトラウマホラーだった
でも今となっては
あの曲めちゃくちゃ名曲

>>続きを読む

アンジェラ(2005年製作の映画)

5.0

リュック・ベッソンと言えば
不屈の名作レオン
それを個人的に覆された1作
もうなんだかずっとこの世界に
浸っていたい
ジャメル・ドゥブーズと
リー・ラスムッセンが
一気に愛おしくてたまらなくなった

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

予告編の
宇多田ヒカルのあなたとの
絡め方がズルかって
思わず観たけれど
やはりジュブナイル、リターナー辺りを
個人的には超えてはいかない山崎監督
監督の名前みると
未だに期待して観ちゃうけどね

>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

掴みが良かったが故に
映画が終わってみると
何か全体としては
めちゃくちゃ良いとは言えなかった

わざとなのかもしれないし
それが味と言われたらそこまでだけど
実写とCGの混ぜ方に違和感があった
いっ
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

500日の中を行ったり来たりする作り
つまり先は明るくないことが
割と序盤で明かされる
なのにどんどん引き込まれる
まるで答えよりもそこに行き着く
計算式が大事かのように

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ビルとベバリーの
恋愛模様もいいのだけれど
個人的には
ベンとベバリーを応援しちゃう📣

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

全編好き過ぎてたまらないのですが
文化祭のリハで本番の妄想してる感じ
めちゃくちゃ自分もしてたなって🙈
言うまでもないですがサントラは
サントラ史上一番聴いてますわな🎧

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

沢山名場面はあるんですけど
個人的にはコーラを沢山飲む場面の
コーラがドクペだった衝撃ったら🤯

ビンのドクペ憧れです。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.0

1回目の鑑賞が大事な映画でありながら
何度も観たくなる不思議

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.5

別に比べるもんでもないとは
思うのだけれど
ただただアナ雪より好き

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

初めて観たときは一桁の年齢の頃だったし何でレオンは死なないといけなかったの?それでいっぱいだった
スティングのイントロを聴くと
マチルダはどんな人生を過ごしたろうと
考えてしまう
あまり飲まなくなった
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

屋根の上でビールを飲むシーン
たまらない

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まんまと騙された
それに尽きる

>|