urukaliさんの映画レビュー・感想・評価

urukali

urukali

新作鑑賞は年に数本、最近もっぱらNETFLIXです。
今年は100本くらい見れたらいいなと思っている。数でどうこうというものではないけれど。
印象に残った台詞とか。
可能な限り吹き替え派。

映画(138)
ドラマ(3)

オーディション(2000年製作の映画)

2.0

「表現せざるをえない女は不幸なほどいいんだ」

わかる〜というか。
自分が生きている世界線の中では性善説でやってるつもりなんだけど、その実ストーリーに求めるキャラクター像は不幸なほどいいという自分がい
>>続きを読む

完全なる飼育(1999年製作の映画)

1.5

なんで見ようと思ってたか忘れてたんだけど、見たら思い出した。
小島聖がどタイプ過ぎたんだった。
そして小島聖を見るためだけの映画だった。
口元のホクロえっちいなぁと思ってたけどそんなもんじゃなかった。
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.5

ダメな子ほど応援したくなるアレだった。安藤さんはキモかわいい。
森田くんは怖いねーあれ。
サイコパスってやつでした。
ゆかちゃんの乙女心は都合よすぎなんだけど、話をこの尺でやろうと思えばしょうがないの
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

3.5

死後脱落する21g、それが魂の重さ

これもまた、命と意識と、誰かの物語の話だった。
一度途切れた意識を、また紡ぐことができるのか。
フライデーとワトソンの関係に、作者二人を重ねてるところでぐっときて
>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

2.5

添え物かと思っていた百合風味が過剰。

死はどこからやってくるのか。
肉体的な死は言わずもがな、個人、その"意識"が自由に選べない、コントロールされた時はどうか。
"生きている"とはどういうことか。
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.5

@吹替、dvd
脳内嫁がリアルに出てきたらってすごーくオタクっぽいなあと思う。
ジャケットデザインが最高で見たんだったと思うけど本編映像の色彩も良かった。ルビーの服がかわいくてかわいくて。目で見て幸せ
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.5

序盤の逆ギレたま子の返答が好きすぎる。そうだよね〜もらとりあむだもんね〜というあれ。
たま子がびっくり何もしなくてホントにびびる。
でも、働いてたとはいえたま子よりももっと長く実家に居たのでたま子を断
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

4.0

言語、文法が行動に影響を与えるとかの話面白かった。
文法を生まれながらにして構築する機能があるってのは事実なのかな。遺伝子というか、人が生きる上で話すってことが必要であるって選んできたというのが面白い
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.0

@吹替

みんな大好きCIA&スペツナズって感じ。
前半の普通の生活パートが好きです。
後半物騒な世界観になってからはストーリーまでいつものアクションて感じになってしまった気がする。
物語は添えるだけ
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.5

@吹き替え

ドレスの中の仕込みナイフ〜とかすごくフェチを感じる序盤だったけど、そういうのは思ってたより少なかった。
というか、タイトルから感じるネタ感よりも割としっかりめに作られてる感じ。
ゾンビの
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

@吹き替え+字幕
切り出しを観る話。始まりも終わりも。

その時が来たら何になるかは自分で決めろっていうけど。
そこで決めるための選択肢っていうのは、今までに自分が一片でも触れられたものとか世界なのか
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

4.0

@字幕
社会問題はコミュニケーション不足が原因だと思います。
この映画のように。

思い込みと勘違いで事態がここまで悪くなる。
すっごいコメディで面白いんだけど、それで起こる最悪の事態ってのが人死にな
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.5

@吹替
午後ローでずっと録画してあったやつをやっと消化。
教養としての鑑賞だったけど、いやードキドキした。
トラックが執拗に追いかけてくる話ってのは知ってたんだけど、マジでその通りだった。
トラックの
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

日本じゃこんなアクションは撮れないんじゃないかなーってところでこういうの撮れていいなーっていうことと、ゾンビと家族愛は相性悪いなーっていう感想。

黒い家(1999年製作の映画)

3.0

ちょっと遅いけど夏のホラー祭りの締めに見たいと思ってたので。
昔小説で読んだことがあったせいで楽しめるポイントが落ちてしまっていたけど、なんというか、映画自体の作り方とか見せ方とか時代的なものが良かっ
>>続きを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

2.5

昔は推理漫画ってとこで大人っぽい感じがするってのも一つの味として読んでたコナンだけど最近全然読んでないしアニメもあまり見てない。
割と評価が高い方と聞いて見てみたんだけど正直イマイチというか、当たり前
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

@字幕

導入の飛行機の件とかスピーチのとことか、それはやったらアカンやろというような、言いたい事はゼロではない。
一つのテーマとなってる「やりたいことをやる、なりたいものになる」ってのは、カースト制
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

3.0

一部内容には触れているけどネタバレにはなっていないはず。
気分が夏のホラー祭り感高まったので見てみた。
幽霊ってなんなんだろうね。
一般的に言われる「生き物が死にその後肉体から解き放たれた魂、またその
>>続きを読む

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.0

刀以外の方法で戦った武士の話。今回はそろばんと。
正直に真面目に誇りをもって生きているものが報われる世の中であってほしいなあと思ってしまうね。
記録、というか、現状把握するのはほんとに大事よね。問題点
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

3.5

毎回見る度に電話の音でびっくりしている気がする。
映画見てから小説読むと、映像の雛形があるので情景描写が容易になってしまって怖さが増した記憶がある。
松嶋菜々子は美人だし真田広之もイケメンだしで絵的に
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

@字幕

序盤、事件とかあるし主人公警官だしでサスペンスものなのかなって思ってたけど、なかなかジャンルというか何映画?といわれると‥?な内容だった。
サイコスリラーかな?
あとキリスト教なぞらえてある
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

@ 字幕
面白かった。
そんなバカなのオンパレードであった。
ビックリドッキリメカもたくさんでる。
正直である事は大事なことだけど真実はときに人を傷付けるのだよなぁ…
言ってお前はすっきりするかもしれ
>>続きを読む

鬼談百景(2015年製作の映画)

2.0

残穢が思いの外面白かったので、小野不由美繋がりで見てみた。
結果はあんまり良くない。
そもそも6人の監督で10話の作品てとこで何割かは外れそうだなって思ってたけど、良かったのは「一緒に遊ぼう」くらいだ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.5

@吹き替え

国家機密を利用して内職する話。

土地も金額も桁外れだねー。
私にも札束2,3束ください。

偽りなき者(2012年製作の映画)

3.0

@字幕
マッツが見たくて。

今回は冴えないマッツ。
いや、別に冴えてなくはない、のか?
子供の嘘がこんなに恐ろしいものだとは。
やり方がまずすぎやしないかねと思ったけど。
なんでカウンセリングにくる
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

@BD吹き替え

こそドロが盲目の退役軍人の家に侵入して強盗しようぜって話。
面白いんだけど、こそドロだし悪いヤツが返り討ちにあいそうになってやべーやべーってしている訳で、ちょっと同情しきれないんじゃ
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.0

@吹き替え

アホエロゾンビコメディ。
どこからどういう原因でなぜゾンビが発生したかはとりあえず置いといてゾンビと戦う系ゾンビ映画だった。
オープニングからアホみたいで面白い。
志村うしろのオンパレー
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

@字幕
「いい知らせと悪い知らせ、どちらから聞きますか?」
「いいか悪いかは私が決める」

最高。満足感が半端じゃなかい。
バーフバリのカリスマ性がすごく良くて魅了されっぱなし。このキャラは良すぎる。
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

5.0

@吹き替え

最高に面白かった。
エンターテイメントっぷりがすごい。
見る前はちょっと長いかなーって思ってたんだけど、久しぶりに呑み込まれたゆえのあっという間感を味わった。
映像がひたすら綺麗で見てて
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

@吹替

冬に出会い、春に芽生え、夏に燃え、秋にすれ違い、そして冬ーー。

お話は好き。
主演の2人も好き。
でもやっぱり、ミュージカル仕立てはちょっと見慣れてない人間には独特で面白過ぎちゃってそっち
>>続きを読む

アーティスト(2011年製作の映画)

4.0

@字幕

字幕といってもそもそもほぼサイレントな映画だけども。
映画がサイレントからトーキーへ移り変わる時代のスターの話。
主人公の自分の地位とか芸とかへの過信とかが滑稽というか愚かというか、それによ
>>続きを読む

ヴァルハラ・ライジング(2009年製作の映画)

2.0

@字幕
マッツが見たくて。
睡眠導入映画として観てた感がつよくて見終わるのに3日かかった。
今回はワイルドに殺してくれそうなマッツ。
多くは語らないどころかセリフもない。
お話はあんまりよく分からなか
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

4.5

すっごい怖くてよかった。怖い。
大画面でみたの後悔した。怖い。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

2.5

@BD吹き替

あんまり今までのスパイダーマンもアベンジャーズも見てこなかったので、そこらへん世界観がわかってないと訳わかめなとこがある。
この世界では、もうヒーローも世界の脅威もいて、スパイダーマン
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

@BD吹き替え

「人生に意味があるのは、残された日々が限られ、短いと知ればこそ」

めっっっっちゃ面白かった。
キャスト目当てだったし正直マーベル?ヒーローものねハイハイとか思ってたんだけど、やって
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

@BD吹き替え
ニュースで報道されていた時はあまりその内容の重要性を理解してなかった。
ノンフィクションというかドキュメンタリーちっくな話かなーと思って身構えてたけど、内容は分かりやすいし身近な内容な
>>続きを読む

>|