うさこさんの映画レビュー・感想・評価

うさこ

うさこ

基本は映画館で見たいけど、地方であまり多くの作品を上映しないのでDVDで鑑賞。
特にヨーロッパの作品が好きみたい。でも面白そうであればどこの国も関係なく見ます。
一部を除いてFilmarks登録後に見た作品だけ載せてます。

映画(292)
ドラマ(2)

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!カッコよかった!
真面目なとこと笑わすポイントが上手く入ってて楽しかった。
戦闘シーンは「あぁこんなんやったなぁ」と懐かしく見れました。

ブロリー含め脇のキャラも魅力的で良かった!
ブル
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.8

マ・ドンソクの悪には容赦なく住民には温かく、そんな人間味が滲み出てて、悪党をぶん殴っていく姿は爽快だった。
悪党の残虐さはあるものの全体的に派手さはないけど、とっても面白い作品でした。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.8

良くも悪くも特に感想ないです。
ネズミ可愛いかった。
集団なると集合体が気持ち悪い。くらいですかね。

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.3

かなりこじらせてる男と女の恋一歩手前のお話。
二人のやり取りが「ふっ(笑)」って笑える軽く見れる作品でした。
キアヌは小汚なくてもカッコいい。
ウィノナライダーはものすご久しぶりに見たけど、知らずに見
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

ハリポタファンの私は
「あぁこの人があの人か!」とか
「こいつがあれになるのか」とかとか。
色んな聞き覚えのある名前が出てくるし、内容も前回よりダーク色が強くなってて見応えがありました。
NHKのあさ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

うん。期待しすぎたのか のめり込むこともなく普通に面白かった。
映像的にはスパイダーマン3のヴェノムのほうが好きかな。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

これはヤバい。
私が存在をちゃんと認識したときはフレディは亡くなってたけど、兄ちゃんに子供の頃から聞かされてたQueen。特に何も思わず聞いてたQueenにこんなドラマがあったなんて!
彼らの発想力や
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.8

ヴェノムを見るために、「ヴェノムってどんなやったかなぁ」って何年かぶりに見返した。
やっぱり黒トビーのダンスの破壊力たまんない。何度見てもトビーのダンスが1番印象的(笑)

先日亡くなったスタン・リー
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

冒頭と最後のバタバタと殺していくあたり「無敵かよ」ってくらい強い。どちらも怒りが強さに変わっていったのかな。

内容も好きな類いであったけども、はぁシンハギュンにキュンキュンしました。やっぱりこの人好
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.3

このファンタジーの世界観は大好き。展開はシンプルだけど面白かった。
ただ、吹替えだったからケイト・ブランシェットの宮沢りえが違和感しかなくて話にあまりのめり込めなくて....声ばかり気になって集中出来
>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

4.0

安定の夏目友人帳。心配せずに見れました。
いつ見ても妖との関係性にジーンとさせられて、ほっこりさせられて、哀しくも優しくもなれる作品でした。
三分裂したニャンコ先生可愛いかった。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

前半は涙がポロポロ。
後半はプーさん達、100エーカーの森のみんなのおバカさんっぷりがほっこり。ずっと癒されっぱなし。
日々のイヤなこと忘れさせてくれる中で、大人になるって何か寂しいなぁと思ってしまう
>>続きを読む

ホームメイト!(2017年製作の映画)

3.5

最初から最後までほんわかほのぼの。

ドーナル・グリーソンのダメ男だけどグズグズしてる姿、何とか頑張ろうとする姿が可愛く見えてきて応援したくなる。
ダメ男だけど結婚や恋人との過ごし方の理想が共感出来ち
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

3.0

ロドリゲス~!ロドリゲスを久しぶりに見れたのでそれだけで満足です。
内容は気づいたら復讐のために性転換されちゃったよ!って自分に置き換えるとなかなかショッキングな事だなと。
特にわぁと盛り上がりもない
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.8

バックパッカーでいろんな国に行きたい!ジャングル行ってみたい!昔からの憧れとともに羨ましく始まったのに。
ジャングルで1人遭難とかマジでイヤだ。
そんな中、生き抜いた生命力の凄さに驚き。

ラドクリフ
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

命懸けですごいことをした人達なんだけど何か特に印象に残らないのは作り方のせいか。良い映画なのになんか勿体ない。
動物園の檻が破壊されて猛獣逃げてんのに誰も恐がってないし。

ダニエル・ブリュール最近こ
>>続きを読む

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

3.5

愛・生・死
悲しくも綺麗な生と死。繰り返しながら今の私たちがあるんだなって。単純だけど深い内容だった。
映像も絵画のようにとても綺麗だった。

フォロイング(2017年製作の映画)

3.0

ジャケットに書いてあるうたいもんく。ダメでしょ(笑) 笑わせに入ってんじゃん!と思って見てみたら「ビクッ!」ってなるシーン多いし、ツッコミどころ多いし意外と面白い(笑)

タイに行ったときゴーストハウ
>>続きを読む

消された女(2016年製作の映画)

3.5

気持ち悪かった。
何が本当で何が偽りなのか最後まで「なに?なに?どうなんの?」ってドキドキしました。
最後に「!!!」って。韓国のこの手の話本当に好きだ。

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

3.8

兄弟愛。
泣けました。泣きました。
悲しいけど心暖まる映画だった。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.0

こんなのが旦那やったらイヤだなぁと思いながら見てたけど、家族の在り方って色々だなぁ。
ほけーっと見てました。

わが母の記(2011年製作の映画)

3.5

樹木希林さん亡くなったと知り希林さんが見たくなり鑑賞。

認知が進むなか真実が明るみになり昔の息子への愛が伝わってきてポロポロと涙が落ちました。進行が進むにつれ口が悪くなっていくけど可愛いらしさもあり
>>続きを読む

デュエリスト(2005年製作の映画)

2.6

登場人物とかは好きだったんだけど、物語の流や見せ方がどうも意味不明。カット割りとか「はぁ?」ってなってしまう。けど、映像は綺麗。
ただただカンドンウォンが綺麗で美しい!まぁカンドンウォン見たさに借りた
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.2

冒頭からショッキングな映像。久しぶりのホラーでこれは期待!
箱を手に入れてからの娘の悪魔的な変化が怖かった。たまに「うおっ」てさせられたし。
ただ最後は笑ってしまったけども。ゴラムっぽかったので。
>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.7

どんどん変貌していくママ。変貌ぶりが怖い。
ママ役の女優がすごい!ストーリーよりママの演技が怖かった。
最後の30分くらいから面白くなったけど、さらに残り10分がめっちゃツボ!
これホラーだよね?って
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

記録するの忘れてた、と思いだし記録。
うん。何か思ったより可もなく不可もなく的な感じだった。期待したのがいけなかったのかな。
とんだ検死体持ち込まれちゃったね、と。

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

3.0

いかにも回りの人物が全員怪しく見える描き方。
上手いなぁと。
気持ち悪い映画かと思ってたけど特にそんなこともなくサラッと見れました。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

最初から爆笑。
前半のコメディから中盤からのシリアス路線の持っていき方もまぁ良かったかなと。真選組かっこ良かった。
柳楽優弥の土方とトッシーの振り幅が上手かった。
勝地涼は流石です。将ちゃんを安心して
>>続きを読む

セブンデイズ(2007年製作の映画)

3.2

まさかあんな場所で連れ去られるなんて想像してなかった。
誘拐した犯人にではなく弁護してた被疑者が胸くそ悪く最後スカッとした。お母さんってどんな手を使ってでも悪になってでも子供のために動けるんだなぁと。
>>続きを読む

光州5・18(2007年製作の映画)

3.6

「タクシー運転手」を鑑賞後に再鑑賞。
数年ぶりに見たけど記憶がほとんどなく、お兄ちゃんタクシー運転手だったことにビックリ!
世界中に光州で何が起こっているか知られても止めることなく弾圧してたんですね。
>>続きを読む

善惡の刃(2016年製作の映画)

3.5

韓国の警察の相変わらずな無茶苦茶な取り調べとでっち上げ。どんなに謝罪しても判定を覆しても彼の10年は戻ってこないよ。
韓国はこのての話(実話)が本当に多いなぁ。
二人も良かったけど脇を固めてる役者も良
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

冒頭から笑えました。家のなかでの遊び道具のクオリティがハンパない(笑)
アベンジャーズ・インフィニティウォーに出てない間にこんなことしてたのね、って。
最後にインフィニティと繋がるし。どうなるのアント
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

普通に楽しめました。
末っ子なので兄やら姉やらの親を取られた気持ちはサッパリわからないけど(笑)あんな感じなのかなぁと。
ひいじぃじの件は良かったです。
星野源の頼りなさげなお父さん合ってました。

シチリアの恋(2016年製作の映画)

2.0

冒頭で話が読めて15分くらいで飽きて倍速で流し見。

追憶(2017年製作の映画)

2.7

特に感想もありません。
「ふーん」くらい。

戦場のメロディ(2016年製作の映画)

3.7

生きていくために必死の子供達。
この合唱団に入れたこの子達は運が良い子達。
どんなときも1番の被害者って子供だよね。
イム・シワン。「弁護人」のときと全然違った印象で素敵だったわ。

>|