moさんの映画レビュー・感想・評価

mo

mo

ドクターペッパー片手に夜な夜な映画鑑賞
まずは家にある大量のDVDを📀

映画(683)
ドラマ(0)

マンダレイ(2005年製作の映画)

2.7

主人公がパッとしない…ドッグヴィルのほうが集中して観れたな〜〜

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

4.3

ウシジマくん、柄崎のこと柄崎焼豆腐って登録してるの可愛すぎるな。
終わってから気になって調べたけど鰐戸三蔵役、間宮祥太朗なのか〜

夏至(2000年製作の映画)

2.8

トラン・アン・ユン監督ってこんなに若いのか〜ボウズかっこいい。
メイキングの控えめな『…アクション』が耳に残った。
個人的には青いパパイヤの香りの方が好み、ノルウェイの森も好き

真白の恋(2015年製作の映画)

3.6

なにって真白の家族が1番真白の知的障害を気にして周りの目を意識して生活してるんだよね。そんな中でも、真白はちゃんと成長していて強いなと思った。

幻の光(1995年製作の映画)

1.5

江角マキコ女優やと思ってた、母曰くマキコはバレーボール選手やったらしい。台詞棒読みもバレーボール選手なら許せる…

ヘヴンズ ストーリー(2010年製作の映画)

3.5

さとちゃんの眉毛にうっとり。
村上淳好きなのに、このキスシーンはやたら生々しくて思わず嫌な顔してしまった。虹郎の気持ち。
バンドしてる女の子が泣いてTシャツ引きちぎるシーン、みんなに観てほしい。

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.0

誰が殺したか、なんで殺したかが最初からわかってるものをサスペンスって言っていいんだろうか〜〜

ロブスター(2015年製作の映画)

3.1

共通点がある人と付き合うっていうのはあながち間違いじゃないと思うけど、この世界観は気持ちいいものじゃないね…

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.9

レイトショーで観てて、自分の母ぐらいの人たちがぽつぽつ周りに座っていてときたまスンスン泣いてるのが聞こえてきてなんとも言えん気持ちになった〜〜
私は素直に言葉で伝えるのが得意な方じゃないから光子に感情
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.4

斉藤由貴、本当に嫌悪感抱いちゃうぐらい、っぽい演技だったな、女優って凄い〜

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.1

静雄がチェックシャツを褒めるシーン、何気ない会話だったけどやけにキュンとした。宇宙柄のTシャツも良いな。
静雄のお母さんと佐知子は雰囲気も顔も似てる気がして静雄はそこから惹かれたのかな〜

ワカラナイ(2009年製作の映画)

4.0

撮影中、主人公の男の子は役作りのために1日1食のみ、宿泊は誰もいないユースホステルに1人、お風呂も禁止されていたらしい。
映画で観た食べ物はだいたい食べたくなるけど、しばらくメロンパンとチキンラーメン
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.0

徳江さんが手を振る姿が可愛くて、、観終わって、いろんな気持ちが溢れてきて胸がいっぱいになった。伽羅は食べてる時の口が良い。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.0

いろいろ考えさせられる映画だな〜
観終わってからタイトルの意味を考えるのも楽しい。

最愛の子(2014年製作の映画)

4.2

同じアジアでも、日本の当たり前がそこでは当たり前じゃないことにびっくりする。一人っ子政策の、1人目の死亡届がないと次の子を妊娠していても産めない制度、中国はIT系は進んでるけど国民性が途上してるよな〜>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

3.2

白塗りでハットを被って杖持って…ってイメージだったチャップリンだけど、初めてすっぴんを見れて良かった

2つ目の窓(2014年製作の映画)

3.4

まだ粗削りな若い俳優・女優が主演だったけど、最後まで退屈せず観ることができたのは親役が良い役者さんたちばかりだったからかな。
ヤギを殺すシーンはアニミズムを感じたけど、2度も見たくなかったな〜

ロスト・リバー(2014年製作の映画)

2.0

シェルのシーンもライアン・ゴズリングが考えたの?

ビッグ・ウェンズデー(1978年製作の映画)

3.7

この作品で架空のサーフブランドとして描かれていた『BEAR』、80年代に実際のブランドとして蘇る。かっこいいな〜〜
サーフィンはしたことないけど、3人が波に乗ってる姿を見てるとわくわくした。
映画に出
>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

実話って言ってたから主人公たちは助かるものだと思って観てたけど…実話のくくりってどこからなんだろう…
サメに食べられるシーンを敢えて映さないのはリアルさが出て怖さがあった。ただ、登場人物が少なすぎてB
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.8

この頃よく聞くようになったLGBT。海外は同性愛に寛大なイメージだったけど 中には差別視する人もいるわけで、人のことをやたらと気にする人って万国共通なんだな〜と思った。
観終わってからサントラ調べて聴
>>続きを読む

希望のちから(2008年製作の映画)

3.5

おすすめしてもらった作品。
女の人は強い、ターバン巻いてタツノオトシゴ渡してきた人良かったな。

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.3

こういう、観終わってゆっくり考えたくなる映画が好きなんだな〜〜わたし

理由(2004年製作の映画)

2.2

ちょい役に大物が出てるから全員を疑ってしまう、、
登場人物が多くて誰が誰だかわからなくなる現象

[Focus](1996年製作の映画)

2.6

インタビューのとき、鼻から下だけ映されてたけど浅野忠信は鼻口がかっこいいな〜

>|