mochikunさんの映画レビュー・感想・評価

mochikun

mochikun

iTunes storeの100円映画は見てないのに限り必ず借りて感想書きます。

ツイッター主流の世間に抗うべく、ウザくない程度に長い文章を書こうと試みていますが、うまい文章というのは長くてもウザくないんですよね、と自虐的な一面も見せつつ、あわせて読書好きという印象を与えようとしているところがまたウザい、という回文的なこの自己紹文が140文字になっている矛盾。

映画(263)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

ビッグバジェットの映画でなく、こじんまりとした映画の方がマークウェブは向いているんでしょうね。もっとも、マークウェブ版スパイダーマンがそこまで失敗だと思っていませんが。

子供の親権をめぐるストーリー
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

大傑作でした。
常に暴力の雰囲気が張り詰めていて、それがどういう切っ掛けで姿を現わすのかとドキドキしながら観れました。

映画そのものを色々な見方できますけど、大きな野立て看板に書かれたメッセージは世
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.8

話が通じる相手なら「パンパン撃ってたのオモチャの銃だから」と打ち明ければいいんでしょうけれど、残念ながらそうじゃないんですよね。
話が通じないどころか、射殺した事実を捻じ曲げようとするような相手なわけ
>>続きを読む

さよなら、アドルフ(2012年製作の映画)

3.4

どうでしたでしょうか。
ところどころググっと人間の本能に訴えかけてくるようなシーンがあったりしたので、面白くないとは断定しにくいですが・・・って感じでした。
タイトルは原題で良かったんじゃないかなと思
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

ただの感動映画でないところが良かったと思うんです。
作り手から必要以上の感動させてやるぞ〜というイヤらしさを感じませんでした。
ずっと主人公が心のどこかで感じていた本当の家族に対しての申し訳ないという
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.2

途中で2時間くらいに感じるシーンがいくつかあって、そのシーンがレフンらしいと言われればその通りんですけどもっていう。

なんかレフンの作品って知性とか感性とか試されているようでゲンナリしちゃうんです。
>>続きを読む

復讐捜査線(2010年製作の映画)

3.2

おわー!!と思わず声を上げてしまうシーンが2つばかりありました。
最後、めでたしめでたし感を出してましたけど、全編通して内容えげつないなと。そもそも思ってた復讐劇とちょっと違うと感じたのは、娘を殺され
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

出だし10分のあいだに気になってしょうがないことがあって、少年時代にお兄ちゃんと崖に登る前と、青年時代に車の下敷きになった人を助けていた時に、ハエが飛んできて前者は顔、後者は側頭部に止まるんですが、ハ>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

ピーターパーカーが洗練されて僕はとっても気に入りました。というか、スパイダーマン像のアップデートに大成功してるんじゃないでしょうか。

これまでのシリーズで最もギャグが多かったんじゃないでしょうか。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.3

はじめ車で撥ねたのトラかな?と思ったんですけど、シカでした。

しかしながら前フリが長い映画でしたね。正直言って期待外れでした。
ただただロッドが最高っていう感想しか出てこないです。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.3

前作よりも仲本工事っぽさが増していたエグジーですけども、映画そのものの面白さは半減しているように感じました。無駄に長いし。
いくつかのアクションシーンは良かったですけど、それも別に新しいことしてるわけ
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.3

最っ高に面白かったです。
数多のアクションコメディ映画のなかで上位クラスに入ると思います。

カーゴ(2017年製作の映画)

3.2

本作を見終わってから直ぐに短編を見ましたけど、長編は長編の短編は短編の良さがありました。どっちが良いとか悪いとか言うことでもないと思います。というのも、心に残るものがまるで違うからです。

長編はスト
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.1

前半の暗い過去のパートはagraphの劇伴ばっちりだったと思うんですけど、中盤あたりから明るいトーンになったあたりから、ピアノ主体のエレクトロニカとアンビエント一辺倒の曲調が、映画の雰囲気と合わなくな>>続きを読む

ハート・ボール/プリティ・フープ(2009年製作の映画)

3.1

エンディングにNGシーンを差し込んだ映画を久々に見た気がします。
とりたてて褒めるところも無ければ、貶すところも無かったですけども、ほっこりするストーリーでした。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.8

僕はこういう問題が解決しないまま、同じことを繰り返す生き方に戻ってしまうだろう的な物語が大好きです。だって大半の人の人生ってそんなもんだと思いますから。

この映画のラストがたまらなく好きな理由は、先
>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.9

これなんで良いんですかね。説明のつかない良さがあります。

主人公のメイジーは間違いなく幸運だと思うんです。なにしろ、両親が親らしいことをしていなくても、我が子のように接してくれる若い男女がいるし、経
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.6

全体的にテンポが良くて、いや良すぎて、例えば主人公が男の子に「来週食事に行かない?」と誘われたシーンの次のシーンがその約束した食事のシーンだったんですけど、ワンクッション日常生活挟んだ方が良かったんじ>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

4.4

困っているという条件さえ満たしていれば助けてあげる、そんな立派な精神に触れられる作品。とてもアキらしいです。

もしこの超予定調和なエンディングにケチつけるような人がいたら、僕はその人と絶対に友達にな
>>続きを読む

セデック・バレ 第二部 虹の橋(2011年製作の映画)

4.7

とにかく凄い作品。名作でしょこれは。

たまに2時間半も必要かな?と思う作品がありますけれど、本作は間違いなく4時間以上が必要だと感じました。
見終わった後にやりきれない気持ちになる映画って久しぶりか
>>続きを読む

セデック・バレ 第一部 太陽旗(2011年製作の映画)

4.3

間違いなく大傑作です。
色々とショッキングで唖然しました。その色々という言葉の中には当然のことですが自分の日本人としての意識に、罪悪感を抱かせられるようなものも含まれています。

とはいえ、どなたかの
>>続きを読む

ブロークン(2008年製作の映画)

1.5

体感では3時間くらいの映画でした。
デヴィッドリンチって考えたくなる映画なんですけど、本作は解釈に頭を使いたくない。こっちが一生懸命ひねり出した解釈に対して、作品からの反応が弱い気がするんですよね。
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

期待した映画が期待通りでした。それってすごく気分がいいです。

僕は小説は好んで読むんですが、とんと詩は読まないんですね。その理由は単純に読んでもよく分からないからなんですけど、本作にもいくつかの詩が
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

デヴィッドボウイとプリンスに並んでスーパーマンの写真も掲載されている新聞を見て妙にグッときてしました。画面の向こうの世界でもボウイとプリンスはスーパーヒーローなんだなと。

それはともかく、面白かった
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.2

完全に続編への橋渡し的な作品でしたね。
もちろん、アクションシーンは1作目よりパワーアップしていましたけれど。

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

2.8

途中までサスペンスっぽかったり、ジャングルを彷徨っているときもホラーっぽくなったり、ところどころ音楽が合っていないように感じたり、なんだかステーキとラーメンと寿司をまとめて頬張っているような、何味なん>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.2

かなり期待して見始めたんですけれど、予想していた内容と全く違ったので、もう違い過ぎて逆に面白かったです。迷作という言葉が相応しい。

本作は生きることについて凄くシリアスに語っていて、それは目新しい視
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

開始からだいぶ進んだ時点でも、これどうなんだろうな〜と自分でも面白いのか退屈なのか分からない状態だったんですけど、後半からめちゃくちゃ面白くなりました。結局はデッカードのストーリーだったっていうのが良>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.3

いつかイーサンがいなくなった世界でベイリーは永遠に悲しむことになるんでしょうか。それとも、しっかりイーサンの死を受け止めて永遠に生まれ変わっていくんでしょうか。

性別や年齢はもちろん、国家観や宗教観
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

監督はこれがやりたかったんだろうな、というのがはっきり分かる映画でしたね。あのシーンだけ、あのシーンさえ上手く出来たら他はどうでもいいと。そしてその監督の思惑は完璧に成し遂げられています。素晴らしかっ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.2

こういう映画らしい、ていうかエドガーライトらしいラストで良いんじゃないでしょうか。
中身はないけれどテンポが気持ちが良い映画でした。

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

3.0

映画ではセカンドまでのことを振り返っていた理由として、サード以降は笑い話にもならないくらいバンドが悲惨な状態だったんでしょうね。
僕はサードアルバムわりと好きなんですけれど、世界の定説としてセカンドま
>>続きを読む

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック(2015年製作の映画)

3.1

みんなよく見ようとして目を大きく開けるのだけれど、その真っ白な光はあまりにも強烈で、とてもじゃないけど開けたままでいらんないから、誰も彼もぎゅっとつむってしまう。
だけど、次に目を開けたときにはもうそ
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.1

レンタルする前にレビューを読まない程度にザっと見て、よーし分かったと。そんなに面白くないのかと。じゃあ借りるしかないじゃないかと。そう思ったわけです。どうせ100円ですし。1時間半ですし。

結論から
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

続編作るべきですよね。ジジイのリベンジ見たいです。

見てる側はラストを予想しているわけじゃないですか。だからラスト10分くらいがバタバタしてて、作り手としてはそこで翻弄してやろうという意図があったん
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

作品賞はスポットライトで良かったんでしょうね。僕はそう思いました。

現在、既婚であれ未婚であれ、忘れられない元カレなり元カノがいる人たちにとっては響くものがあると思います。

夕暮れや夜空の色調がイ
>>続きを読む

>|