mochikunさんの映画レビュー・感想・評価

mochikun

mochikun

iTunes storeの100円映画は見てないのに限り必ず借りて感想書きます。

ツイッター主流の世間に抗うべく、ウザくない程度に長い文章を書こうと試みていますが、うまい文章というのは長くてもウザくないんですよね、と自虐的な一面も見せつつ、あわせて読書好きという印象を与えようとしているところがまたウザい、という回文的なこの自己紹文が140文字になっている矛盾。

映画(295)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.0

クリステンスチュワートがフリフリの服が似合わな過ぎ!

それはそれとして、近ごろ私的なニュースで不憫にも感じなくもないウディアレンですけども、こじれた人間模様を描かせたらこの人の右に出る者はないですよ
>>続きを読む

アンダーカバー(2016年製作の映画)

3.3

どうでもいいですけど、この映画の500番目のレビュアーのようです。

結論から言えば、予想以上でも以下でもなく面白かったです。
僕が面白いと思ったのはウルフです。
彼のカジュアルな白人至上主義者として
>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

3.9

僕が邦題つけていたら、絶対に感情を出してはいけない近未来24時、にしていたと思います。

冗談はさておき、始まって30分くらいは長いな〜と感じましたが、その峠を越えてから面白くなりました。ですから、結
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.1

ストーリーは前作見てるので分かった上で見ましたけども、新しい撮影技術を用い、豪華キャスト陣を揃えただけあって、それなりに楽しめました。
クライマックスの画作り、トンネルの入り口にキャストが横並びになっ
>>続きを読む

あるスキャンダルの覚え書き(2006年製作の映画)

3.8

人間のイヤ〜な部分を描いた映画でしたね。
やっぱり主人公ですから、ジュディデンチ演じるバーバラ先生のねじ曲がった人格が本作の肝ですよね。
他人の人生を否定することによって、自分の人生を肯定するという、
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

もう完璧でした。
これでどうして「シェイプオブウォーター」が作品賞獲ったのか、ますます分からなくなりました。「スリービルボード」か本作でいいでしょう!おかしい!

恋愛映画って良いですよね。キュンキュ
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

スティーブンソダバーグはオーシャンズシリーズのように、この手のドロボー映画の方が向いてますね。「コンティジョン」「サイドエフェクト」「インフォーマント」は全く面白くなかったですから。

それにしても暇
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.2

映画のテーマは最近の時流に乗った女性の地位向上、極々わずかですが同性愛者のことも描かれていましたね。
ですが、男を失うことによって前進する主人公はあまりにもあんまりな話だなと。別にサムフランクリン死な
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.3

いや〜あらすじを全く読まずに、タイトルに惹かれて借りたんですけども、スゲー映画でしたよね。

僕はこの監督の作品は「ロブスター」しか見たことなくて、フィルマークスに感想書こうと思ったんですが、よく分か
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.1

結論から言うと退屈でした。
自慰をしてたり、グロいシーンは良かったですけど、本作を見て様々なことを考えよう、という気持ちになりませんでした。

僕は物を作っている人には1歩半くらい先を進んでいて欲しい
>>続きを読む

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)

3.9

他の方のレビュー見て劇場未公開だったと知ったんですけど、僕がこれを見る前にタイトルから物語を想像して「きっとこんな感じだろ?」と見ないでいる人って多い気がするんです。レビュー数が少ないからそう思ったん>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

いや〜デロリアンが出てきたり、キングコングが出てきたり、スピルバーグは夢見させてくれますよね〜まさにドリームワークス!って別の映画だった!

やっぱメリルストリープの演技スゴいですよね。
演じていたキ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.2

マークウェブ新境地を開拓するも失敗、と途中までそう感じていたんですが、クライマックスからは非常に良かったです。

マークウェブはMVの監督時代から大好きで、フェイバリットムービー100を作るとしたら「
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.1

一生、一緒にいたい女は浮気しないと分からないってスゲー身勝手ですけど良いこと言うな〜と思いました。この考え方って男だけじゃないですよね。

これ映画あるあるだと思うんですけど、この映画もっと良く出来る
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

大好きな食べ物がテーブルいっぱいにズラリ並べられてるような映画でしたよね。それ即ち、最高!って意味なんですけど。

ゼメキスキューブ使ったあたりでBTTFの劇伴流れたり、シャイニングや市民ケーンのあれ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.4

なんか感想が書きにくい映画だな〜と思っているんですけども、その理由はたぶん非常に大義のある物語のテーマなのに、映像作品としてのクオリティと俳優たちの演技が足を引っ張ってるように感じたからです。

女性
>>続きを読む

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.4

前から好きだった子の前で嘔吐した後に、取ってつけたような告白しても相手に届かず、あげく院内で気になる子にそれを見られて嫌われるシーンあったじゃないですか。
そのシーンを漫☆画太郎なら「万事休す!!」と
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

ガーディアンズのメンバー好きなのに、完全にクイルが戦犯!悲しい!!
あと、ハルクことブルースへの扱いってこんな感じでしたっけ? ギャグ要員になっちゃってて少しだけ悲しい!!
ワカンダでの合戦が激アツ!
>>続きを読む

バッドガイ 反抗期の中年男(2013年製作の映画)

3.3

思うんですけど、ド下ネタを交えて悪態つけるようになってこそ、加えて性を少し意識し始めた小さな子供に大人の世界を見せてあげられるようになってこそ、立派な中年男性と呼べるのではないでしょうか。

いや〜も
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.3

どうせジェニファーローレンスが弓持ってたやつみたいなティーン向けの映画だろ? と思ってスルーしていたんですが、映画好きの叔母(御歳67)に勧められて見てみました。

もうめちゃくちゃだったんで、これと
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.8

マザー! 映画 で検索して解説を読んで本作の意図を理解しました。
以上!

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.9

これ凄い映画というかストーリーというか。
見終わったあとに「うわうわうわ!!」と声が出ました。

結局、小説って例え話じゃないですか。
何を例えているかといえば、作者の想いなんですけども、それが風景や
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

ジョーダンめっちゃカッコイイですよね。超好きな俳優です。
あと、フォレストウィテカーちょっと太りましたかね? 一時期めっちゃ痩せてましたけど、ちょうどいい感じになってますね。

アクションシーンを物足
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

これまでのソーと全然違ってて草って感じでしたよね。
かなりギャグ要素が盛り込まれていたのではないでしょうか。
前作、前々作のテンションとどっちが良かったんだろう・・・

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.5

wifiのパスワードでフフフってなりました。
東洋の神秘がふんだんに盛り込まれていて、世界観はマーベル作品のなかで一番好きかもしれません。面白かった!

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.2

フィンランド全ての駅ではないでしょうけれど、シャワー施設があるというのに驚きました。

それはともかく、もうスゲー良い映画。
みんな苦難をくぐり抜けてここまで生きてきたんだ、ということを知っているから
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

僕は1979年に生まれです。

それはどうでもいいんですけど、本作はタイトルとジャケットのキャストの並びからも分かるように女の話ですよね。隅々まで女の話。
あまり単純化するのは良くないとは思いますが、
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.7

例えば、父親(あるいは父性)が不在であった為にゲイになったのだろうか?とか、少年時代にピントがあまい映像だったり、話し声がくぐもっていたのは、他の子たちと比べて自分の輪郭(どういう人間なのか)がよく分>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.5

なんだかよく分からないけど良いっていう意見を書かれている人たちがいますけど、僕はそれで良いと思うんです。
だって混乱状態にある人の内面なんて、当人にだって分からないんですから、見てるこっちが分からなく
>>続きを読む

バーニー みんなが愛した殺人者(2011年製作の映画)

2.9

やっぱりドキュメンタリータッチで描くなら、正当にドキュメンタリー映画として作るか、完璧な創作でなければならないと思うんですよ。
もっとも、本作ではドキュメンタリータッチがあまり有効でなかったというだけ
>>続きを読む

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

1.6

久々に酷いの見たって感じです。ラストとか良いこと言っているんですけど、取ってつけたようなセリフだったので、まったく心に響いてこないっていう。

笑ったのはクロエグレースベッカムがサッカーやってるところ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

多くの映画監督が実在の人物を起用して作品を撮りたいと思うんでしょうけれど、当然ながら演技が下手だから使わないんだと思うんですね。
ですがもし監督の演出力がズバ抜けていれば、そんなの全く関係ないことを本
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

ビッグバジェットの映画でなく、こじんまりとした映画の方がマークウェブは向いているんでしょうね。もっとも、マークウェブ版スパイダーマンがそこまで失敗だと思っていませんが。

子供の親権をめぐるストーリー
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

大傑作でした。
常に暴力の雰囲気が張り詰めていて、それがどういう切っ掛けで姿を現わすのかとドキドキしながら観れました。

映画そのものを色々な見方できますけど、大きな野立て看板に書かれたメッセージは世
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.8

話が通じる相手なら「パンパン撃ってたのオモチャの銃だから」と打ち明ければいいんでしょうけれど、残念ながらそうじゃないんですよね。
話が通じないどころか、射殺した事実を捻じ曲げようとするような相手なわけ
>>続きを読む

さよなら、アドルフ(2012年製作の映画)

3.4

どうでしたでしょうか。
ところどころググっと人間の本能に訴えかけてくるようなシーンがあったりしたので、面白くないとは断定しにくいですが・・・って感じでした。
タイトルは原題で良かったんじゃないかなと思
>>続きを読む

>|