mochikunさんの映画レビュー・感想・評価

mochikun

mochikun

映画っていいですよね。
iTunes storeの100円映画は見てないのに限り必ず借りて感想書きます。

ツイッター主流の世間に抗うべく、ウザくない程度に長い文章を書こうと試みていますが、うまい文章というのは長くてもウザくないんですよね、と自虐的な一面も見せつつ、あわせて読書好きという印象を与えようとしているところがまたウザい、という回文的なこの自己紹文が140文字になっている矛盾。

  • List view
  • Grid view

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.1

すべての痛々しいシーンが最高でしたよね。
この監督の別の映画見たことありますが、こっちの方が断然面白かったです。最後も満足いく締め方でした。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.6

感動しました。
あのとき話していた作り話が、いつか本当になるといいな〜というタランティーノの理想を語られたような、そんな気持ちになりました。
チンチン出てたのも良かった!素晴らしかった!

心のカルテ(2017年製作の映画)

4.1

この作品たくさん良いシーンがありましたよね。
リリーコリンズ出てる作品って結構良いものが多い気がします。といっても5作品くらいしか見たことありませんが。
それにしてもネトフリ恐るべし。素晴らしい作品で
>>続きを読む

ウォー・マシーン:戦争は話術だ!(2017年製作の映画)

2.8

ブラッドピットがポパイみたいな顔をしてました。
それこそアメリカの得意の自己批判的内容でしたけども、見どころと呼べるほど盛り上がる部分があるわけでもなく、その淡々と進んでいくさまに新しさを感じました。
>>続きを読む

45歳からの恋の幕アケ!!(2013年製作の映画)

3.2

可もなく不可もなく、何か新しい発見があるわけじゃない映画。しかし、井之頭五郎的に言えば「これがいいんだよ」って感じでしょうか。
ジュリアンムーアいいですよね。シリアスな映画の彼女よりも、ラブコメの彼女
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.2

映画レンタルあるあるですけども、見たことあるのに借りてしまいました。
それでもきっと前に見たときと同じシーンでウルウルしたんだと思うんですね。
僕は主人公が娘と初めて会った動物園のシーンが好きです。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

1.7

魔女の宅急便のキャッチコピー思い出しました。
あと、中年女性の裸を画面に出せない(出さない)ところが岩井俊二の弱いところだと思います。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.0

おそらく映画で描きたかったことは大きく分けて二つ。
ひとつはこの世界に生きている限り、金融市場に関係ない人などいないということ。もうひとつはSNSの登場により人々が向ける関心の持続性。
これをジョディ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.9

デルトロとジョシュブローリンがめちゃくちゃカッコイイ。男から見てもセクシーな二人ですよね。

それはともかくとして、メキシコのイメージとして淡々とした残忍な恐怖ってありますよね。数秒後に自分がどうなっ
>>続きを読む

草原の実験(2014年製作の映画)

3.5

繰り返し何度も見たくなるような映画ではありませんでした。ユージュアルサスペクツと同じで一度見れば十分。セリフはありませんが、ひとつひとつのシーンを注意深く見ていれば、わりと説明的なので本作のテーマや物>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

教義=システムの欠陥の話。
印象深かったのは無垢な目をした元?神父の「性的イタズラ」と「レイプ」の違いを説明しようとしていたシーンです。想定を超えた静かな狂気は、一般常識や倫理感を簡単に覆して、まった
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

なんだか黒澤映画みたいだな〜と思いました。
久しぶりに画のチカラがあるというか、画に感情がしっかり乗っかってる映画を見た気がします。
でも、終わり方がなんか薄気味悪い感じでした。もうちょっと爽やかに終
>>続きを読む

ヴァンパイア(2011年製作の映画)

2.0

個人的に久しぶりの岩井俊二作品でしたけども、キツいな、と思いながら見ました。
それはつまり、僕の感受性がこの作品に呼応するには年をとりすぎてしまったことを意味します。いつまでも思春期真っ只中のような自
>>続きを読む

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(2014年製作の映画)

2.9

ペットを飼っていない僕でも(そういうことは全く関係ないのかもしれませんが)精神的に辛くなるシーンが多々あり、なかには目を背けたくなるものもありました。ただそれはこの映画を犬側の立場に偏って見るか、それ>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

2.4

あらすじは面白いけど本編は劣化してしまったパターンの映画でした。ミシェルゴンドリーとウェスアンダーソンを足してポップな時のノアバームバックで割ったような青春物語って感じでしょうか。

タイトルに名前が
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

2.5

改めて映画に可愛い又はカッコいいキャストの重要性を認識させられるような作品でした。それすなわち、どんなに退屈な内容でもキャストの容姿が良ければ見れなくもない、ということです。

ストーリーのテンポはま
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

2.2

全然ストーリーに入り込めないまま見終わりました。オリジナルスコアも映画のトーンと合っていないような曲調のもあったりと、ただただ退屈な2時間でした。というか、これ2時間超える必要あったんでしょうか。>>続きを読む

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

3.6

基本的に実話を元にした、ましてそれがひとつの時代の様相を描いた出来事であれば、映画として正当に評価をするのは率直に言って難しい。なぜなら、ノンフィクションの物語を突き詰めて考えていくと、行き着く先にい>>続きを読む

リトル・バード 164マイルの恋(2011年製作の映画)

3.2

ブルーバレンタインの製作陣がうんたらかんたら〜とパッケージに書かれていたので借りてみました。

ここの感想をざっと見て、評価が低いことに一定の理解は出来ますが、そこまで悪くない映画だと思うんです。別に
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.6

ファーストオモシロイ(映画が始まって初めて面白い!と思えるところ)まで時間が掛かりすぎでした。およそ二十分ちょっと。ジェームズキャメロンならその1/10の時間でそこまで持っていくことでしょう。

そし
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.4

トラックの上で四角く区切られていない空を見たときに、僕も初めて空を見たような気持ちになりました。それほど感情移入への導線が緻密に、そして丁寧に引かれた作品でした。ただし、あるところまでは。

見ている
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

2.4

ほんっとデヴィッドOラッセルってギリギリ面白い映画作る監督だな〜と思いました。その日の気分次第で面白くなく感じるような映画っつうかなんつうか。

ジェニファーローレンスの演技にも少し飽きてきてる今日こ
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

2.7

キャストは申し分ないんです。なにしろマッドマックスな二人が出演しているうえに、クロエちゃんも出てるんですから。というか、シャリーズセロンってだけで星5つなんです。
にもかかわらず、星が2.7ってことは
>>続きを読む

白い帽子の女(2015年製作の映画)

3.6

思ったより面白かったです。
アンジェリーナジョリーの監督としての手腕は、この作品に限っていえば別に大したことないと思います。ただ、ブラッドピットも含めて中年夫婦の不和の演技は非常に良かったです。

>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

4.0

お利口ちゃんジジイことスピルバーグ監督作ブリッジオブスパイを見ましたが、実にスピルバーグらしい作品でした。

僕は四十路手前なんですが、スピルバーグの作品を見ると子供の頃に戻ったような気分になるんです
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.3

まるでアーチェリーのようにしっかりターゲットを絞った作品でした。つまり、ハマる人はハマり、そうでない人はそれなりに楽しめる内容。ただ、コマンドーや沈黙シリーズなどしか見ないような人にとっては、一体この>>続きを読む

インタープラネット(2016年製作の映画)

1.0

どうしたって低予算映画は、とりわけそれがSFであれば、ツッコミどころ満載になってしまうんですよね。

まずSF映画で大切な要素はデザインだと思うんですが、劇中に出てくる物のほとんどが全くもって魅力的じ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.2

乱闘シーンは最高ですね。アントマンが円谷プロ化したところなんて「おおお!」って声出ちゃいました。んで、やっぱりルッソ兄弟は格闘シーンのテンポが絶妙。

それにしても、トニーとキャップ切ないなぁ。なんか
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

2.9

顔から人の良さが伝わってくるマン。
以上です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

クリスプラットとジャックブラックってちょっと似てますよね。

それにしても最高の映画でしたね。久々に分かりやすい(少年ジャンプ的な)友情映画を見た気がします。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

明らかにファーストアベンジャーより面白くなってましたよね。こんな露骨に面白くされたらルッソ兄弟に連投してもらうのも当然です。
それにしてもアクションシーンの見せ方うま過ぎですよね。無駄なカットがひとつ
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

2.0

マイティソーの世界観はどうも好みじゃない。
ナタリーポートマンやステランスカルスガルドといった大好きな俳優たちを活かしきれてないのは映画のジャンルからして仕方ないとして、異星人でも英語を話してて許せる
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.8

僕も3が一番好きですね。
派手な爆発シーンあり、人間ドラマあり、わくわくするガジェットあり、アメリカ的政治視点あり、エンターテイメント映画の見本のような作品でしたよね。宮崎駿のドキュメンタリー番組で、
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.0

家に帰ったら食卓に寿司、ステーキ、ラーメン、ピザ、ビビンバ、山盛りの生野菜のサラダが並んでいるような映画でしたね。若干、影が薄いキャラもいるにはいましたし、お前ちょっと熱苦しいわってキャラもいましたが>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

2.5

キャップの愛国精神みたいのって人によっては強く共感したり拒絶したりでしょうけれど、僕みたいに理解は出来るけど身を捧げるほどじゃねーなーって思う人もいると思うんです。学生の頃の課外活動は個人競技をやって>>続きを読む