07さんの映画レビュー・感想・評価

07

07

  • List view
  • Grid view

荒野にて(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最近は親のせいで苦労する子供の話を単純な気持ちで見られず、ひたすら辛かった

それにしても馬を撮るときは自然と一緒にうつしたくなるものか、綺麗な映像が多い気がする

優しい嘘(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いじめによる自死のラストを感動的に終わらせるのはなぁ…と複雑だった

いじめを見て見ぬ振りをするのはいじめに加担してるのと同じだとは思うんだけど、学生の頃は学校が世界の全てだからいじめを止めようとした
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

傍から見ればトラブルだらけの人間も、本人のせいだと言うこともあるけどそれ以上に周りの人間がそういう状況を作りあげてることもあるのよね。。。


彼氏の友達役のポール・ウォルター・ハウザー、クセ強いなぁ
>>続きを読む

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

スレブレニツァの虐殺を題材にした作品。この作品を見るまでたった25年前にそんなことが起きてたなんて全く知らず恥ずかしいばかり。。。
上映時間は長くないものの、見ているだけでもストレスフルで疲労感が強く
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なにこのクソ映画www
色々面白かったんだけど、一番笑ってしまったのは女の人がサングラスを落としたのに撮り直しもせずそのまま喋ってたとこ😂普通に事故

友達とボロクソに言いながら見るのも楽しいかもしれ
>>続きを読む

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

つ、つらかった…
植民地支配や先住民の迫害等に関して無知すぎるので感想を残すには難しいけど、家族や民族を誇りに思って行動するのは素晴らしいし自分には到底出来ないことではあるものの、母親の呪いが強すぎて
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

まさかまさかの亡くなる人が出てくるとは…あのワンちゃんは誰に引き取られたんだろうということばかりが気になる…
身近にアルコール依存症の人がいた場合はあまり他人事として見られないねこれは…

噂どおりマ
>>続きを読む

ティングラー/背すじに潜む恐怖(1959年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ティングラーを取り出した瞬間が一番ウケた 恐怖の強さで大きさが変わるとなってたけどあんなのが寄生してると思うと気持ち悪い(笑)

結局死んだ人間にティングラーを寄生させると生き返るってことなのかな…?

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

人の性格を黒か白のどちらかで必ず分けることは出来ないが、人を殺しはしたけどリズへの愛は本当だったから最後自白したんだ…✨❤️と受け取る人がいないことを祈る終わり方だった

調べてみるともっと強烈な事実
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ラスボスに位置するであろうブラックマスクが秒で死んだことに一番笑った

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

完成度はそんなに高くなかったけど気持ちは伝わりましたって感じだった(笑)

成長の過程で自分が一般に言われる"普通"じゃないと気付いた時や今いる場所に居心地の悪さを感じた時、そういう時に素でいられて心
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

移民や差別とか社会的な問題が内容ではあるけど、軽いタッチで描かれてて重すぎず見やすかった

当たり前が当たり前じゃないこともあるということを知るためにも異文化交流って大事だなぁと思う

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

長いけど面白かったし音楽も良い。
久しぶりにジャズを聴きたくなった。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

学生の頃からの友達ってやっぱいいよね。いつまでも大切にしたいね。
というしみじみした気持ちと同時に、チョン・ウヒの演技の凄まじさにビビった。目つきと震えが怖すぎた(笑)

トータル・リコール(1990年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

色々ツッコミどころはありつつもそれも含めて面白かった
何度も睾丸を攻撃されるシュワちゃんは可哀想でした

怒り(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

日本の湿度の高い夏と話の不快さが相まって良い効果を出してた

宮崎あおいの演じる愛子が特によくて、心配をしてるつもりだったお父さんに愛子だから幸せになれないって思ってる?って言われてたシーンが印象的だ
>>続きを読む

ミスター・ロジャースのご近所さんになろう(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

以前幸せへのまわり道を観てから気になっていた作品。配信停止前に鑑賞。

すごく穏やかな表情をしているけど、周りの人たちが口を揃えて言っていた意志の強さを目が物語っていた

元の番組も是非見てみたいけど
>>続きを読む

海にかかる霧(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

軽い気持ちで見始めたけど地獄でしたね…
船への愛情が行き過ぎて取り憑かれたようなユンソクの演技が恐ろしかった…

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

クリスの子の使い方がなんだかあんまり好きじゃなかったな…
ちょっとした感動のためにボコボコにされてそれで終わらせられるゲイの立場…

マシニスト(2004年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

かなり昔に一度見てよかった記憶が。
改めて見ると驚きはないものの、やっぱりクリスチャン・ベイルが素晴らしいの一言に尽きる。

JSA(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

北と南の線を超えた熱い友情の感動的な物語でもあるのかもしれないけれど、そもそも分裂の原因を作り出してしまった国の人間から見ると申し訳無さばかりで最後まで辛かった

最後の4人がたまたま入った写真で終わ
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

軽い気持ちでチケット買ったけど、これは観て良かった 

3章それぞれの視点で時間が進んでいくんだけど、それぞれの記憶が微妙に違ってて、特に襲われるシーンなんかはル・グリとマルグリットでは全然違ってた部
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

グロテスクさがどんどん増していくこのシリーズ

この作品は初見だったみたいで、頭を使うのも面倒になるくらい結局誰が味方なのかがわからないし、今の時代に観るからこそ余計に恐ろしさを感じる
コロナも人類淘
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

どう考えてもユアン・マクレガーから怪しいにおいがプンプンしてましたが、病院で治療を受けてる姿は可愛かったです 

それにしても彫刻の配置から向きまで全てに意味があると思うとすごく面白いしそれを考えた人
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

天使と悪魔配信停止前に1作目のこちらを鑑賞

観るのは二度目なので初見の時よりかは楽しめた(初見では情報を追うのに精一杯だった)
宗教絡みの作品は難しいぶん面白いけど、人を救うために出来たであろう宗教
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

結構淡々と進む内容

案の定腹が立つ出来事ばかりで、異人種間の結婚を認めないとか言ってる警察官にはおめーが決めることじゃねーだろって思うし、神が白人や黒人、その他の人種を作ってうんたらかんたらって法の
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

辛かった〜…
一生死んだように生きてるだけだったならまだしも、一瞬だけ自由になったと思ったら奪われて、それを身を以て感じるのってすごくつらいだろうな、と
当時治験みたいな制度のようなものはなく、現場で
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

公平な見方をしなければいけない人たちが大した証拠も無く偏見で仕事してるのが恐ろしすぎでしょう
政府機関もメディアもなんの為に存在しているのやら🤷‍♀️

少年の君(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

よかった〜
涙ちょろりでした

大人は子供を守る守ると言いながら、大事な時にはいないし守ってくれないから信用されなくなってしまうんだよね
親は無条件に自分の子供を愛するとはよく言われるけど、実際は逆な
>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

綺麗にまとめられた三部作だった!
最初はここまで壮大な話になるとは思ってなかったけど、お小遣い稼ぎに始めたドラッグ製造から、脱獄してテロ行為を阻止する話にまで広がるとは…!

みんなキャラが濃くて我が
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

面白かった
薬局強盗のドタバタコント感に声出して笑った

バイス(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最後のインタビューのシーンを見て、戦争に巻き込まれた遺族の方たちが観たらどう思うのかが気になった
悪いやつらを野放しにしないためとは言っても実際は多くの人が亡くなってるわけてすからね… 難しいけど
>>続きを読む

>|