nainaiさんの映画レビュー・感想・評価

nainai

nainai

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.5

役所広司の演技が良すぎ
昔読んだ湯浅誠の本を思い出した

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.2

柔らかい色合いに淡々とした話し方、ユーモア交えつつシビアな現状があり、ふたつの物語が交わるのがよかった 上手い
ニュース場面の皮肉えぐい 結局直接力になるのは個々人の助力が大きいのかな
犬がかわいい

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.8

最近栄養ばっか気にして日々のご飯を楽しむこと忘れてたな ってボロネーゼ作ってパルミジャーノ削ってかけた
旅行行きたい
最後の方ちょっと駆け足ぎみ

PASSION(2008年製作の映画)

4.1

ラストの行動が最高
他人と本音で話すには、まず自分と向き合う作業が必要なのに結構忘れられがちで
この人の作品はそれを大事にしてて好みだあと思いました
パッションは受動らしい 自分の中の他人

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ラスト怖すぎ
重荷であること認めるシーンがすごく良い
画面が綺麗

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

堺雅人の皺って特有感ある
醤油ラーメン食べたい
食べ物で思い出す人って特別でいいな わたしはきりたんぽ食べると亡くなったおばあちゃんを思い出す 彼女の得意料理

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

「人生は他者である」というワードだけ見て、どんな映画なんだろうと気になってた
エゴサーチのシーンで、え!?ってなってそこからずっとどう転ぶか不安すぎてバクバクした
他人が何考えてるかなんて分からないか
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.8

雨が降ってたから見てみた 想像してたのと違ってめちゃくちゃ楽しかったーミュージカル苦手だったけど好きになった
早口言葉のシーン、友達とふざけてる時思い出されてすごく好き
メインキャスト多芸すぎる
サン
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.6

夜お酒飲みながらプロジェクターでこれを見て最高だった
ロスが好き ハモっちゃうところとかスカウトされるなーってとことか映画的な盛り上がりがあるのに、特に変わらず終わってく
ロスとパリはかっこいい ニュ
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.5

さまざまな二項対立の配置が美しかった
乗り物、家、店、写真、身につけているもの 細部までこだわっていていろんなところに目が行くのが楽しい
こういうのってモノローグに頼りたくなりそうなのに、使わずにそれ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

トムクルーズひたすらかっこいい
キアヌとかもそうだけど、なんでもできそうな顔面力ある。。無茶振りに耐えれる目してる
高所怖すぎたから映画館で見てたらやばそう
ピタゴラスイッチ見てる時みたいな爽快感ある

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

3.0

主人公はじめみんなマジでうるさい(から吹替のほうが良かったかも)
イライラエンターテイメントって言われてたけどほんとそう…わたしはハマらなかったけど、もうダメだ〜って泣いちゃうあたり ラストのあたりは
>>続きを読む

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

4.2

ウェス・アンダーソンは本当子ども好きね〜って思った めんどくさい大人たち
最近どう?って聞かれて「やたらと寂しい」みたいに答えられるのいいな
他の監督は作品によって合う合わないあるけど、ウェス・アンダ
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.0

おすすめされたやつ
怖かった
変なルールの中で生きる人たちの話 その変さをすごく強調することで、わたしたちに現実と何が違うの?って思わせてくる
人との共通点って何だろね 共通点はとっかかりに過ぎない
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

4.5

このごろの自国のあれこれを見て、あれが基本姿勢の人達ばかりだった時代で生き抜いてきたの改めてすごすぎる 『RGB』も見たい

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

「マイフェアレディ」と思いきや乱歩の「芋虫」だった
ウッドコックの神経質そうな手つきやアルマの見てて不安になる真顔
どんどんおかしな方向に進んでいくのに、音楽や映像は美しく、オートクチュールは毅然と
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.6

原作読み終わってそのまますぐ鑑賞
橋本愛演じる暁子が想像していたままのビジュアル表情でハマり役だった 竹宮がバンドマンなのもそれっぽくて笑った
3人のキャラクターが1人に統合されてるけど負けてなくて
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.0

パンケーキ食べん?の精神は全世界共通なんだって楽しくなった
何も変わってないんだけど、心持ちは変わったんだよっていうこの感じ 青春ぽくていいですね

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.5

想像以上に良くてびっくりした
とにかくウディ・アレンなシャラメが最強すぎる
2人の行動が平行して描かれてるのも面白いし、母との関係もサラッと変化して飽きさせない
お蔵入りもったいない
ウディ作品はミッ
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

3.9

悲哀さがすごすぎて、「深夜の告白」のほうが好み
でもこれに出演したスワンソンはじめ俳優陣のメンタル…って圧倒された 自分のウィークポイントをさらけだす、笑いものにできる精神力よ

天井棧敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男(1945年製作の映画)

4.2

何がどうとか具体的なことは何も浮かばない ただものすごいエネルギーがあった
戦時下の混沌とした時代、映画が数少ない娯楽であったころの情熱とカオスを感じた
すごく面白い!!ってわけではないけど、多分忘れ
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

-

何ヶ月か前に見てその時の感想忘れた
ウディアレンな映画

海街diary(2015年製作の映画)

4.3

airbnbで江ノ島の家を借りてごろごろしながら見たから最高だった
長女とか末っ子とか、そういう立ち位置によって成りがちな性格?特徴?をうまく捉えていてよかった みんな完璧じゃないんだけどそれが嫌味な
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.2

こういう感じなんだーって思ってたら全然違う方向に切り出して全く先が読めないの、パラサイト見た時の衝撃と似ていた
主演陣が昔の邦画の人っぽい話し方をしていてすごい ナチュラル 服飾も可愛い
東出のふとし
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

-

途中までは良かったんだけど、後半から北九州監禁の事件を思い出してしまって見れなかった

雨月物語(1953年製作の映画)

4.0

姫の妖しさが最高 日本の映画や小説に出てくるこの世のものでないみたいな女性好き
湖?を渡るシーンもうつくしくて…
男のこういうところ今もありがち

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

評判見て期待値高めすぎた から評価はなしで
子役2人良

山猫(1963年製作の映画)

3.9

史実分からなくてちょっと調べて見て…をした 世界史の資料集久しぶりに引っ張りだした
長いしちょっと退屈さもあるけど映像美で起きられたかな
冒頭から貴族の屋敷や衣装がまあすごい 豪華絢爛 惜しみない ア
>>続きを読む

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

4.7

フォローしてる人がきっかけで興味を持った 見てよかった! 
開始早々、ルノワールの絵画のような美少女がドビュッシー弾いてて好きになった 水色が愛らしい
イタリア映画ってこれと「甘い生活」くらいしか見て
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

ドルビー鑑賞
ノーラン作品 ややこしくしてド派手だけどベースにライトノベルやジュブナイルもののような純真さと厨二病があるので、そのへん親しんできた人だったらなんとなく大枠は掴みやすいのでは
最初に「考
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.7

これを見てる時にワインをバソコンにこぼし電源がつかなくなりました 逆行したいです
おもしろかった シャッターアイランドの方が好みではある

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.5

恩師の老い、敗戦で良かったと語る若者、亡き妻の影、そして去る娘。これらから主人公の老いつまりは死が近づいているのを感じてねーあまりの寂寥感に最後のほう泣いてしまった 全てがあっけない それを滲み出す演>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

冒頭の主人公がまんま自分で冷や汗かいたし
いい歳してハリポタ永遠に見てるのも私でつらーーーい笑笑と思いました
さすがに一気に全作は見ないけど、アズカバンまでなら見ちゃうかも………
PS5から出るゲーム
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.8

爽快謎解きを期待してたからちょっと違った
ミステリじゃなくてティーン向けヒューマン
田舎育ちだけどなんか親がすごくて鍛えられてきたため戦闘能力高い、ってのがジャンプの主人公みたいでおもしろかった
これ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.0

悪くはない、悪くはないんだけど〜
そりゃノーリスクでやり直しまくった結果、可愛い妻子に恵まれて妹もなんとかなって父と時間過ごせたらもうやりませんって言えるよ
現実はそうなれなくてもやり直せないから行動
>>続きを読む

>|